TOEFL・IELTSスピーキング対策におすすめのスクール・オンライン英会話5選!

TOEFLとIELTSは、海外への留学の際、必要な英語力が備わっていることを証明する試験として多くの国や教育機関で採用されています。いずれのテストも、試験科目はリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4技能すべてです。

特にスピーキングテストは、自分一人だけでは対策が難しく、苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。スピーキングのスコアアップのためには、実際の試験に近い形式で話す練習を重ね、客観的なフィードバックを得ることが重要です。

そこで今回は、TOEFL・IELTSのスピーキング対策におすすめの英会話スクール、オンライン英会話を5つご紹介します。(ライティング対策については、「TOEFL・IELTSライティング対策におすすめの講座/添削サービス6選!」のページをご確認ください。)

目次

TOEFL・IELTS スピーキング問題の形式

まずは、TOEFL・IELTSそれぞれのスピーキング問題の形式を確認しましょう。

TOEFL iBTのスピーキング

TOEFL iBTのスピーキングは全4課題あり、制限時間は17分です。試験ではコンピューターとヘッドセットを使い、問題が表示されている画面を見ながら音声を吹き込みます。

問題構成