まずは文法から学び直したい人に!基礎英文法から教えてくれる英会話スクール5選

「英会話を始めたい!でも英語なんて学生時代以来だから不安…」という方は少なくないようです。

急に英語を話そうと思っても、まず基礎となる文法力がなければ、なかなか自分の言いたいことを正確に伝えることはできません。文法は独学で身につけることもできますが、「1人で勉強すると挫折しそう」「短期集中型で学びたい」と思っている方は、英会話スクールで講師から基礎をしっかり教えてもらうこと検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、文法に特化したプログラムがある英会話スクールを5つご紹介します。

まずは文法から始めたい人におすすめの英会話スクール5選!

  1. ENGLISH COMPANY「60日で中高6年分の英文法をマスターするコース」
  2. NOVA「NOVA Plus+短期集中レッスン」
  3. ワンナップ英会話「目からウロコの英文法講座」
  4. シェーン英会話「文法強化コース」
  5. ALPROS「ピックアップスキル単科講座」

1. ENGLISH COMPANY「60日で中高6年分の英文法をマスターするコース」

英語のパーソナルジム「ENGLISH COMPANY」の「60日で中高6年分の英文法をマスターするコース」は、英会話に必要な文法をイメージとして捉え、会話の中でスムーズに使えるようにする60日間の集中講座です。この講座では、従来のように、英語から日本語に訳す作業をするのではなく、文法をイメージ化し、ネイティブに近い感覚で正確に理解したところで、トレーニングを通して英語で発言する力を鍛えます。

60日で中高6年分の英文法をマスターするコース

対象レベル 初級
・中学生レベルの英文法から不安な人
・基礎から丁寧に教わりたい人
・TOEIC® Listening & Reading Test のスコアでまずは600点以上を目指したい人(目安として500点未満の人)
レッスン回数 週2回 × 2か月(全16回)
レッスン形式 グループトレーニング 75分
受講費 受講費:入会金:20,000円(税別)/1か月分:82,500円(税別)
(※IT教材利用費、教材費、学習進捗サポート2か月、TOEIC Bridge IPテスト受験料を含む)

2. NOVAの短期集中コース「NOVA Plus+」

NOVA Plus

NOVA 」の短期集中型レッスン「NOVA Plus+」では、旅行英会話・ビジネス英会話・基礎文法などが最短1日から学べます。普段はNOVAのレッスンを受講していないビジターでも申し込むことができるので、本格的にNOVAに通い始める前にNOVA Plus+を気軽に受講してスクールをのぞいてみるのもおすすめです。文法コースは、基礎文法を学ぶ初級から仮定法を学ぶ上級まであり、日本人がつまずきやすいとされる文法項目が厳選されたものになっています。

ここでは初級コースをご紹介します。

Course5 基礎英文法を学ぶ

まずは文法を復習したい人向け。可算・不可算名詞の違いや前置詞など基本的な文の構造を学び、会話で活用することを目指します。

対象レベル 初級
レッスン回数 2レッスン完結(1か月以内)
レッスン形式 マンツーマン
受講費 10,000円(税別)(在校生は9,000円)

NOVA講師が厳選 本当に使える英文法

日本人が苦手とする現在進行形、現在完了形・過去形、hopeとexpectの使い分け、関係詞、受動態などの文法項目を講師が細かくチェック。文法をしっかり理解したうえで使えるようになります。

対象レベル 初級
レッスン回数 6レッスン完結(2か月以内)
レッスン形式 マンツーマン
受講費 30,000円(税別)(在校生は27,000円)

3. ワンナップ英会話「目からウロコの英文法講座」

ワンナップ英会話 目からウロコの英文法講座 スクリーンショット
ワンナップ英会話 」では、誰でも参加できる公開英語講座として「目からウロコの英文法講座」を開催しています。講義は日本人アドバイザーによるもので、文法を会話の中で使いこなすための演習も含まれています。また、学習に関する相談も気軽にすることができます。英文法の講座は、「関係詞編」「分詞編」「5文型編」「前置詞編」「時制編」「助動詞編」の6種類。内容によって対象レベルや開催日、開催場所が異なるので注意しましょう。

目からウロコの英文法講座

対象レベル 初級~中級レベル(※講座によって異なる)
レッスン回数 各1回
レッスン形式 グループレッスン 120分
受講費 8,640円(税込)(在校生は受講中のコース1レッスン分)

4. シェーン英会話「文法強化コース」

シェーン英会話」の「文法強化コース」には、中学英語の文法テキストを使用する「初級文法」と高校英語の文法テキストを使する「中級文法」の2コースがあります。初級は、現在~過去時制、比較、不定詞、動名詞、受動態、現在完了、関係代名詞など、英語の基礎となる文法の規則を学びます。中級は、文型の理解を深め、分詞構文や仮定法、関係副詞など応用的な文法事項を、実際の場面で使える文例を取り入れつつ学びます。

基本は日本人講師とのマンツーマンレッスンで、自分のペースで授業を進めることができます。希望を出せば、自信のある項目をスキップすることも可能です。使用するテキストは、文法の細かい規則を扱わず、大事な枠組みを理解して確認の練習ができるような仕組みになっています。

文法強化コース

対象レベル 初級~中級
レッスン回数 週1回
レッスン形式 マンツーマン 40分
受講費 月額19,800円(税込)
※上記は日本人講師のレッスンのみ受講する場合。ネイティブ講師のレッスンとセットで受講する場合は月額16,500円(税込)。
※日本人講師のレッスンを単独受講する場合、入学金・スクール管理費が別途必要。
教材費 レベルによって異なる

5. ALPROS「中・高やり直し英文法」

アルプロス」の「ピックアップスキル単科講座」は、1か月単位で受講できる短期集中講座です。日本人講師が担当するので、初心者でも安心して受講することができます。文法の講座は、「中高やり直し英文法」で、初級と中級コースの2種類があります。初級コースは、中1レベルの基礎文法からしっかりと学ぶことができます。1か月目に初級コース、2か月目に中級コースなど、段階的に勉強を進めていくとより知識を深めることができるでしょう。

中・高やり直し英文法 初級

対象レベル 初級
レッスン回数 週1回(全4回)
レッスン形式 2~8名の少人数グループレッスン 170分
受講費 44,400円(税別)※教材費別途

中・高やり直し英文法 中級

対象レベル 中級
レッスン回数 週1回(全4回)
レッスン形式 2~8名の少人数グループレッスン 170分
受講費 44,400円(税別)※教材費別途

まとめ

今回ご紹介したような英会話スクールで文法の基礎をしっかり身につけて会話に活用すれば、自分の意見を正確に伝えることができ、会話力を高めることができるでしょう。英会話の学習をためらっている方は、まずは一歩踏み出して、基礎文法にしっかり取り組んでみませんか?

※各コースについての情報は、2019年9月現在のデータにもとづくものです。変更の可能性がありますので、お申込みの際は各スクールの公式サイト等で詳細をご確認ください。

【関連ページ】短期集中型プログラムで選ぶ英会話スクールの比較・ランキング

The following two tabs change content below.
Sae

Sae

短大の英文科卒業後、10年間会社員として勤務した後、単身オーストラリアへ1年間留学。通訳の国家資格を取得したが、翻訳の面白さに目覚め、帰国後から本格的な学習をスタート。スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチを経て、現在はフリーランスの翻訳者・ライターとして活動中。2児の母。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る