【完全版】おすすめ子ども向け英語教材を年齢別にセレクト

子どもが小さなうちから自宅で継続的に英語に触れる時間を演出してくれる英語教材は、英語育児の強い味方です。

でも、教材にお金をかけたものの子どもが学習を続けられず、無駄になってしまったという体験談を耳にして購入に慎重になる親が多いのも事実。継続的かつ効果的に教材を活用し、子どもの「わかるようになった」「話せるようになった」につなげるには、購入後の取り組みももちろん大切ですが、購入前の段階で十分に調べ、目的、学習環境や、それぞれの子どもの適性に合ったものを選択することがとても重要です。

「購入してよかった」と思える教材を選び、子どもをベストな学習体験に導くために、情報収集は欠かせません。一言で英語教材と言っても、カリキュラム、学習期間、学習内容など、それぞれに個性があり、家庭での取り組みも変わってきます。ここでは、実際のユーザーからも定評のある人気子ども向け英語教材を対象年齢別に厳選し、それぞれの特徴をポイントを絞ってご紹介します。

子ども向け英語教材セット

【胎児~6歳】Worldwide Kids

Worldwide Kids幼児教育についての研究を重ねてきたベネッセコーポレーションが「わが子にいちばん与えたい英語の環境」の実現を目指して開発したというWorldwide Kidsは、音楽CD・DVD・玩具・絵本を組み合わせて学ぶ、約6,000語で構成されたプログラムです。ベネッセが提供するもうひとつの子ども向け英語プログラム「こどもちゃれんじイングリッシュ」と比較されることが多いようですが、気軽に始められる点がポイントのこどもちゃれんじイングリッシュに対して、Worldwide Kidsは本格的に英語環境に浸ることを目的に選びたいAll Englishの英語教材です。Worldwide Kidsに「しまじろう」は登場しませんが、教材やイベントに登場する「Mimi」「Zizi」など4人の個性豊かなオリジナルキャラクターが人気です。

スタイルを変えて繰り返し学ぶ連動教材

DVDやCD、絵本など、Worldwide Kidsの各教材は扱うテーマや言葉が互いに連動しています。これは、メディアや遊びを変えて一度学んだことに繰り返し接することで英語を定着させるための工夫です。たとえば映像で見た動物や果物に手元の玩具や絵本の中で再び出会い、耳から聞いた音を自分の声に出して人に伝えるような体験は、実生活で言葉を吸収する過程に似ています。発達心理学的アプローチも取り入れ、自分の思いを伝えたくなるような身近なシチュエーションを盛り込んだカリキュラムは、子どもたちからの自然なアウトプットを促します。

おうち留学?英語が身近な生活が「話したい」気持ちを刺激!

Worldwide Kidsは、子どもに英語を「勉強」させるのではなく、子どもの「毎日の暮らし、習慣の中に楽しく、自然に」英語に触れる機会を演出します。家庭でのTV鑑賞タイムや車での移動時間にはDVDやCDを活用し、遊びの時間には玩具を使って英語でのコミュニケーションを楽しめば、毎日の生活に自然に英語を取り込めます。覚えさせるのではなく、子どもの好奇心をくすぐる仕掛けのつまったバリエーション豊かなプログラムで、「聞きたい!話したい!」気持ちを刺激し、「使っているうちに身につく」英語習得を目指します。

学習の流れ

①~⑤を繰り返し、遊びを通して英語力を養います

  1. CDの音楽を通して英語の発音やリズムを楽しみます
  2. DVDを視聴し、映像を通して英語や広い世界に親しみます
  3. 電子玩具での遊びを通して、ゲーム感覚で意味と発音を確認します
  4. 玩具での遊びを通して、自分で英語を使う体験をします
  5. 親しんだ英語やフレーズが絵本に登場し、朗読CDでは英語やフレーズのリズムを確認できます

教材概要

サービス名 Worldwide Kids
対象年齢 胎児~6歳頃
教材内容 【Stage0~6の場合】
●DVD 31枚
●絵本 28冊
●CD  16枚
●電子玩具 2セット
●玩具 8セット
●おうちのかた向けガイド 7冊
価格 Stage 1~6:総額231,000円(税込・送料込)
Stage 0~6:総額264,000円(税込・送料込)
※上記は一括お届け・1回払いの場合です
※マタニティー・0歳なら「Stage0」から、1歳以上なら「Stage1」から始めることが推奨されています

【0~8歳】Miraico English(ミライコイングリッシュ)

 
Miraico English(ミライコイングリッシュ)は、NHK基礎英語の講師の監修の下、世界各国の映像クリエータにより制作された250本以上の豊富な映像教材で、子どもの英語に対する「好き」と「習慣」を作ります。毎日の学習は子どもに30分映像教材を見せるだけとシンプル。音声はすべてネイティブスピーカーのプロの声優を起用しているので、英語のゴールデンエイジと呼ばれる幼児期に本物の発音を学ぶことができます。映像の他にも、シールを使った学習の習慣付けやアウトプットのためのオンライン教材など、子どもが毎日続けたくなる、楽しい仕掛けが満載です。

バラエティ豊かな映像教材で、フォニックスも学習できる

ミライコイングリッシュの教材には、各国の映像クリエータによって制作された多様なコンテンツの中から、100人以上のモニターテストの投票で基準を満たした映像が250本、厳選されて使われています。音声は全てアメリカ英語のネイティブスピーカーの一流声優やナレーターが担当しているので、音に敏感な幼児期の子どもが正しい発音を学ぶことが可能です。映像教材には、文字と音の関係を学ぶフォニックス学習もあるので、単語を読むルールも身に付けられます。また、教材にはインプットだけでなくアウトプット学習のための歌やクイズも収録されているので、学んだ英語を声に出して歌ったり、遊んだりすることで、子どもが自然と英語が身に付けることができます。

子どもの「好き」と「習慣」をつくる、シンプルな学習教材

ミライコイングリッシュの教材には、おもちゃは付いていません。映像は子どもが飽きずに繰り返して見たくなるように工夫されているので、おもちゃがなくても「見たい!」「学びたい!」と、子どもが自ら進んで教材に取り組む姿が見られます。また、日々の基本の学習はDVDを30分視聴するだけなので、とてもシンプル。保護者に負担がかからないため、親子で無理なく続けることができます。教材セットには、映像で学習した「ごほうび」として貼る「できたよシール」が450枚もついてくるので、親子で簡単に「映像学習」→「確認とふりかえり」の学習サイクルを習慣付けることができます。英語学習は毎日の継続が大切なので、親子で続けやすいというところも、ミライコイングリッシュの大きな魅力の一つです。

教材の目安の利用期間は2年間。毎日30分の学習を2年間続けると360時間英語を学ぶことができます。教材費を月の利用額で換算した場合、1カ月約2,440円とリーズナブルなので(2年間使用した場合)、塾や英会話スクールとの併用にもおすすめできる教材です。

学習の流れ

  • 毎日30分間DVDを視聴する(見る順番は自由)
  • 映像を見終わったら「できたよシール」を貼る
  • オンライン教材で遊びながらアウトプット学習

※教材の学習期間の目安は約2年間です。

教材概要

サービス名 Miraico English(ミライコイングリッシュ)
対象年齢 0~8歳
教材内容 ・DVD 15枚(1枚約30分)※映像は全250本
・CD 3枚(全47曲)
・できたよシール 15シート(DVDパッケージの内側がシールの台紙となっています。)
・BOX用アルファベットシール 2シート
・収納BOX
価格 58,600円(税込・送料込)一括払い
月々9,766円(税込・送料込)×6回 分割払い
※支払いはクレジットカード払いのみ

【0~12歳】ディズニー英語システム(DWE)

ディズニー英語システム トークアロング・カード
子ども向け英語教材の購入を考える誰もがおそらく一度は耳にしたことのある、知名度抜群のロングセラー人気教材が「ディズニー英語システム(DWE)」です。2019年4月には「アナと雪の女王」「トイ・ストーリー3」など、ディズニー映画を代表する大ヒット作品から人気キャラクターを新たに追加して大幅リニューアル。新商品では一部を除いてほとんどのビデオが改訂され、絵と音声を通して単語の意味とセンテンスを一緒に覚える「トークアロング・カード」もすべて刷新されました。

トークアロング・カード トークアロング・カード

日常会話のフレーズや基本的な文法を歌を通して学び、絵本を読みながらマジックペンを使って英語に親しむなど、様々な学習要素のつまった教材が用意され、購入にあたっては40通り以上の組み合わせが可能です。子ども自ら学ぶことが前提なので、両親が説明したり教えたりする必要がないという点も特徴のひとつ。DWEで学び、5歳で英検2級、8歳で英検準1級に合格するような「スーパーキッズ」を多く輩出しています。

ここからは、ディズニーキャラクター人気だけでは語れない、その注目度の高さとユーザーからの支持の理由を、実際の利用者の声をもとに分析します。

圧倒的なユーザー評価の高さ

「複数の子ども向け英語教材を比較した上で選択した」、「身近なユーザーの話を聞いて購入を決めた」という利用者が多いディズニー英語システム。公式サイトやSNSには、購入後の学習効果を語るレビューや教材を使った毎日の取り組みの様子を伝えるコメントが驚くほどたくさん掲載されています。なかでも目立つのは、イベント参加の楽しさを伝えるメッセージや、DWEでよい発音が身についたという報告です。たくさんのレビューから、利用者に愛される教材であることが伝わってきます。

アウトプットやユーザー同士の交流の機会が充実

家庭用教材による英語学習はインプットに偏りがちなイメージがあるかもしれませんが、ユーザーコミュニティであるワールド・ファミリー・クラブの会員になって「テレフォン・イングリッシュ」を利用すれば、毎週ネイティブ講師と英語で電話ができます。

さらに、日本各地で年間約2,500回(2018年実績)開催されるというワールド・ファミリー・クラブ会員のためのイベントでは、家庭での取り組みで身に付いた英語力を活かしてネイティブ講師や他のユーザーと交流できます。ワールド・ファミリー・クラブのウェブサイトの掲示板では、地域に住むユーザーと情報交換したり、いっしょにイベントに参加する仲間とつながったりと、他のDWEユーザーとの交流が楽しめます。家庭学習の枠を越え、英語をともに学ぶ友だちの輪を広げることができれば、継続学習の強い動機付けとなるでしょう。

教材概要

サービス名 ディズニー英語システム
対象年齢 0~12歳頃
教材内容 下記は人気のセットに含まれる教材の一例です。
教材の組み合わせは40通り以上あり、セットにより含まれる教材は異なります。

●DVD(歌やお話を収録)
●トークアロング・カード(1枚に複数の文が収録された音声カード)
●マジックペン(絵本やカードにタッチすると英語が飛び出すペン)

など

価格 セットにより、価格は異なります。
下記はセットの一例です。

【シング・アロング・セット】
ワールド・ファミリー・クラブ会員価格:148,000円(税別)
一般価格:168,000円(税別)

【1~6歳】こどもちゃれんじEnglish

こどもちゃれんじEnglish言わずと知れた「こどもちゃれんじ」発の人気キャラクター「しまじろう」をフィーチャーしたベネッセによる通信教材が「こどもちゃれんじEnglish」です。大好きなキャラクターが子どもを惹きつける力の絶大さは、子育て中の親なら誰もが知るところ。トイレトレもはみがきも、しまじろうの力を借りて乗り切ったなら、英語学習も「こどもちゃれんじEnglish」が効果的かもしれません!

顧客満足度調査で実証された保護者からの支持

「こどもちゃれんじEnglish」は、イード・アワード「子ども英語教材」未就学児の部で2014年から2018年まで5年連続で最優秀賞を受賞している人気教材です。2018年のイード・アワードでは、3ヵ月以上継続して英語教材で学習している未就学児の保護者612人から回答を得た顧客満足度調査から、「子どもが好きな英語教材」「継続しやすい英語教材」「効果がある英語教材」「コスパのよい英語教材」が選出され、全部門賞「こどもちゃれんじEnglish」が輝きました。多くの保護者が幼児向け教材に求める要素や条件をバランスよく兼ね備えたユーザー満足度の高い教材と言えそうです。

1回2,933円~の予算で、定期的に教材が届く

多くの家庭用英語教材では申し込み後、一括でまとまった量のセット内容が送付されるのに対し、こどもちゃれんじEnglishでは、2ヵ月に1回という無理のないペースで教材が届きます。定期的に届く教材がペースメーカーの役割を果たし、飽きやすい幼児でも2ヵ月たてば新しい教材が届いて新鮮な気持ちで取り組むことができます。

受講開始時の子どもの年齢にぴったりの教材から始められるのも、このシステムの大きなメリットです。教材は年齢別コースごとに設計されているので、毎回、子どもの成長段階に合った内容と取り組み量のDVDやおもちゃが届きます。また、幼児英語教育や語学など各分野の専門家の監修を受けて開発されたプログラムでありながら、こどもチャレンジ会員なら1回あたり2,933円~(こどもちゃれんじ会員ではない場合も1回あたり3,637円~)という継続しやすい価格設定も魅力の一つです。

学習の流れ

  • DVDで英語を聴いてインプット
  • 英語玩具で遊び、インプットした英語を使う体験
  • BOOKを読んで学んだことを確認

【学習時間】
「入園前は1日20分くらい(DVDが1本約20分)を目安に」、「入園後は様子を見ながら1日10分でも」いいので英語の時間を積み重ねることが推奨されています。

教材概要

サービス名 こどもちゃれんじEnglish
対象年齢 1~6歳
教材内容 ●DVD
●英語玩具
●BOOK
価格 「こどもちゃれんじ」会員特別価格:2,933円/回~※(税込)
「こどもちゃれんじ」会員ではない場合:3,637円/回~※(税込)

※一括払いの場合。
※受講費は、開始学年・月号によって異なる場合があります。
※1回のみの受講はできません。

【3~12歳】7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

7+BILINGUAL「7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)」は、「七田式教育」で知られる「しちだ・教育研究所」の監修による幼児・小学生向け英語教材です。幼児教育の分野で約60年の歴史を持ち、右脳の機能を使ってひらめき・想像力・記憶力・発想力を養うという「七田式教育」は、今や世界18ヵ国で教室を展開する(2018年4月現在)グローバルなメソッドです。

七田式教育の創始者、七田眞氏は、英語を話せるのが珍しかった戦後間もないころに、英語を教えたり通訳として働いたりしていたと言います。七田式英語学習法は、七田氏が学生時代に、大の苦手だった英語を独自の速習法で身に付けた経験がもととなって生まれました。

七田式英語学習法といえば、「高速右脳リスニング」を特徴とする大人用英語教材の「7+English(セブンプラスイングリッシュ)」をご存知かもしれません。7+BILINGUALは、7+Englishの幼児・小学生向け教材です。

高速の視・聴・読によって右脳を活性化

7+BILINGUALは、イラストを見て場面をイメージしながらダイアローグを聴き、フレーズを声に出してリピートする学習法です。音声CDをスタートすると、主人公の女の子が世界7ヵ国を旅するストーリーが始まります。まずはイラストを見ながら日本語で会話を聴き、お話の流れをつかみます。その後は会話文が「等倍速(普通に話す速さ)の英語→3倍速の英語」の順で再生されます。その後、さらに「等倍速の英語+音読ポーズ(数秒間の音がない部分)」を聞き、音読ポーズの部分では、フレーズを声に出して繰り返します。3倍速の音声には、最初は違和感を覚えるかもしれませんが、これは右脳を活性化するためのステップ。その後に流れる等倍速の音声がはじめよりもゆっくり聞こえるのは、「右脳がはたらいた証拠」だと言います。

膨大なフレーズが4回の復習で記憶に定着

学んだ内容を忘れないように、毎日の学習に直前3日間分の復習が組み込まれている点も7+BILINGUALの大きな特徴です。音読のステップでは、当日分に加えて復習のために直前の3日分の音声がポーズ付きで収録されています。高速で学ぶため、この復習を含めても1日分の学習量は家でのちょっとした空き時間に取り組める程度で負担にはなりません。この流れを毎日繰り返せば、小さな子どもでも35日間でたくさんの英語のフレーズを習得することができると言います。ストーリーは1日ごとに完結し、すべてが会話文で構成されているため、楽しんで聴きながら日常会話や海外旅行で使えるフレーズを学べます。

学習の流れ

日本語で会話を聞き、あらかじめストーリーや場面を把握

等倍速と3倍速の英語音声を聴く

過去3日分+当日分の等倍速の会話が「英語→音がない部分→英語→音がない部分」の順で流れるので、音がない部分でリピート発音

教材概要

サービス名 7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)
対象年齢 3~12歳
教材内容 7+BILINGUAL教材●英文テキスト集(B5判・モノクロ・73ページ)
●イラスト集(B5判・カラー・36ページ)
●使い方マニュアル(B5判・カラー・27ページ)
●CD14枚(各25~45分)
●ENGLISH CD(1枚・45分)
価格 29,800円(税別)

子ども向け英語学習用 タブレット教材

近年、子どもの家庭学習スタイルにもアナログからデジタルへと変化が見られます。家庭向けの子ども 用英語教材においても、小さな子どもが簡単に使用できる、安全で楽しいタブレット学習教材がリリースされています。オンライン教材、アプリ教材のメリットは、自宅で気軽に「視覚効果」と「音声効果」を体感しながら、英語を学習できるところ。通学の必要もないため、毎日気軽に英語を「見て」「聞いて」学ぶことができます。

【3~6歳】りすぴこ

 
アルクのサブスクリプション型こども英語学習サービス「りすぴこ」は、「タブレット」×「ぬいぐるみ」で学ぶ、デジタルとアナログの両方を取り入れた新しいタイプの未就学児向け英語教材です。アルクの長年の研究や実績を基にデザインされたカリキュラムで、音声に敏感な幼児期の子どもが効果的に英語を学ぶことができます。また、歌や物語、ARテクノロジーを駆使したキャラクターとの英会話など、豊富なコンテンツで、毎日飽きずに英語に触れることができるので、自然と英語の力が身に付きます。

「タブレット」×「ぬいぐるみ」で「話したい!」を引き出す!

「りすぴこ」には、アルファベット・歌・物語などのバラエティー豊かなコンテンツが用意されています。その中でも、AR技術を使いメインキャラクターであるワニの「すぴーお」のぬいぐるみがタブレットの画面上で英語を話す「おしゃべり機能」は、子ども達が何度も英語を聞いたり、声に出したりする練習として最適です。使い方も簡単で、スターターセットに入っている「ぬいぐるみ」と「AR対応カード」をタブレットのカメラで画面に映し出すだけ。覚えた英語を使って「すぴーお」と会話練習を繰り返すことで、自然と「使える」英語のコミュニケーション力が養われます。

おうちで英語を続けるための便利な機能や楽しい仕掛けが充実!

「りすぴこ」は、「りすぴこOrange」と、英語学習経験のある子ども向け「りすぴこBlue」の2つのコースから選択できます。各プログラムとも1年間12 Stages(ステージ)構成で、1 ヵ月に1 Stage (ステージ)ずつ学習を進めます。継続して学習に取り組めるように、各ステージの学習は、小さな子どもでも無理なく続けられる学習量になっています。また、ゲーミフィケーション理論を用いて、課題をクリアするごとにジグソーパズルのピースを1つずつ集めていくなど、子どもの興味関心を促すための仕掛けも用意されています。

付属のマグネットで子どもの学習習慣を親子で育んだり、アプリに付属のタイムキーパー機能で子どものタブレットの使い過ぎを管理したり、「学習の記録」で子どもの興味や学習内容を確認したりもできるので、親子で安心して英語学習を続けることができます。

学習の内容

「りすぴこ」は、毎日たくさん英語を聞く【リスニングの「りす」】、たくさん声に出す【スピーキングの「ぴ(こ)」】を目的に開発された、子どもが英語を自然に身に付けることができる教材です。

  • 1カ月1ステージのペースで、カリキュラムに沿ったタブレット学習を行う
  • ぬいぐるみとAR対応カードを使い、学んだ英語で「すぴーお」と会話練習を繰り返す
  • 3つのコンテンツをクリアし、アプリ内のジグソーパズルのピースを集める

教材概要

サービス名 りすぴこ
対象年齢 未就学児3~6歳
学習内容 【学習目標】
●英語特有の音やリズムになれる
●身近な単語を聞いて理解し、まねて言うことができる
●自分の身の回りのことについて言えるようになる
【ふれる語彙数】
約190語
英語レベル 英検Jr.®ブロンズ~英検Jr.®シルバー
教材内容 スターターセット
●魔法カード(AR対応カード)
●すぴーお(ワニのぬいぐるみ)
●習慣付けマグネット
●取扱説明書
価格 【りすぴこOrange】
月額1,980円(税別)※初月980円(税別)
スターターセット料金5,000円(税別)
【りすぴこBlue】
月額2,180円(税別)※ 初月980円(税別)
スターターセット料金5,000円(税別)
※それぞれ1ヵ月に1ステージずつ学習を進め、12ステージ(1年間)で修了のコースです。

【3~8歳児】Rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)

アメリカで人気のオンライン英語教材で楽しく遊びながら、子ども達の英語脳が育つと評判のRakuten ABCmouse。ゲーム・デジタル絵本・パズルなど、豊富なコンテンツが用意されているので、英語初心者の小さな子どもでも、毎日「遊び」感覚で英語に触れることができます。子どもに人気のキャラクターを使用したり、学習すればするほどアプリ内の新しいコンテンツにアクセスできるようになったりと、子どもが1人でも夢中になって英語で遊べる仕掛けが満載です。

音声はすべてネイティブスピーカーによるアメリカ英語。毎日遊びながら英語のシャワーを浴び続けることで、子どものリスニング力が鍛えられます。無料体験期間も2週間あるので、親子でじっくり教材を試すことができます。

ディズニーのコンテンツも多数収録、「デジタルえほん」が読み放題!

ABCmouseでは、ゲーム・パズル・音楽など、5,000以上のアクティビティが使い放題です。また、英語のデジタル絵本100冊以上が読み放題。『アナと雪の女王』や『リトルマーメイド』など、子どもに人気のディズニーのコンテンツも多数収録されています。他にも『スパイダーマン』や『STAR WARS』など、子ども達に人気のストーリーを親子で楽しむことができます。多くの絵本には読み聞かせ機能がついているので、子ども1人の聞き流し学習にも最適です。

その他にも、学習コンテンツのアクティビティをクリアすると貰えるチケットでアイテムを買い、アバターの着せ替えやマイルームの模様替えができたり、ペットを購入しマイルームで飼ったりと、わくわくする楽しい仕掛けが満載。子どもがアプリに夢中になり過ぎることが心配な場合でも、時間制限の設定や進捗状況の確認機能が付いているので、安心して子どもに使用させることができます。

アプリの中でインターナショナルスクールを疑似体験!

ABCmouseの学習プログラムの舞台はアメリカの小学校という設定です。教室には担任のジョーンズ先生と6人のクラスメイトがいるので、日々彼らのクラスルーム・イングリッシュを聞きながら、まるでインターナショナルスクールで学んでいるような感覚でレッスンに参加することができます。

学習は、英語教育の専門家が設計した「ステップ・バイ・ステップ学習コース」に沿ってレッスンを進める「がくしゅうコース」と、好みのゲームを選んで遊ぶ「クラスルーム」の2種類。「がくしゅうコース」では、子どもにとって効果的な学習順序で、アクティビティを一つひとつクリアし、少しずつレベルを上げていきます。「クラスルーム」では、子どもが興味のあるアクティビティを自分で選び、遊びながら学習します。

ABCmouseは1つのアカウントで3人まで登録が可能なので、家族も一緒に利用することが可能です。毎月の利用額も税込みで1,780円(楽天IDでの決済の場合)とリーズナブル。コンテンツ量の豊富さからしても、コストパフォーマンスに優れた教材です。楽天IDでの決済の場合、楽天ポイントが付与されたり、1年プランの申込で40%の割引が適用されたりと、お財布に優しいところも人気の理由です。

学習の流れ

英語アクティビティで遊びながら学べるRakuten ABCmouseでは「がくしゅうコース」と「クラスルーム」の、2つの選べるコースが用意されています。

  1. 「がくしゅうコース」か「クラスルーム」のどちらかを選択
  2. 学習レベルの設定
    ※難易度は子どものレベルに合わせて調整可能
  3. コース内のアクティビティをクリアしてチケットを手に入れる
  4. アプリ内でアイテムを購入し、着せ替えなどのゲームを楽しむ

教材概要

サービス名 Rakuten ABCmouse
対象年齢 3~8歳
教材内容 Rakuten ABCmouseアプリ
価格 1年プラン:12,800円(税込)/1年 (1カ月あたり約1,067円)
1カ月プラン:1,780円/1カ月(税込) 
※楽天ID決済の際の料金です。
※Appke ID決算の場合は、Apple社の規定により料金が異なります。

まとめ

人気の高い子ども向け英語教材を年齢別にピックアップし、それぞれの特長と、ユーザーに支持される理由を分析してご紹介しました。

家庭で英語教材を活用する一番のメリットは、生活時間に英語を取り入れることで子どもが英語に接する時間や機会を最大化できる点です。さらに教材を通して出会った英語の世界がきっかけとなって子どもの英語を「もっと知りたい」「話したい」という気持ちが生まれれば、その後の学びは教材の枠に留まらず、無限に広がります。

英会話スクールへの通学やオンライン英会話の受講を英語教材の利用と併用し、インプットとアウトプットのバランスを取りながら英語力を育むのもおすすめです。

※各教材に関する情報は、2020年9月現在のデータにもとづくものです。変更の可能性がありますので、お申し込みやご購入の際は各社のウェブサイト等でご確認ください。

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。