PROGRIT(プログリット)の口コミ・評判

マッキンゼー出身コンサルタントが設立した短期集中プログラム「PROGRIT(プログリット)」

PROGRIT(プログリット)は、世界で活躍できるグローバルリーダーの育成を目的としてマッキンゼーとリクルート出身のコンサルタントが設立した短期集中型のコンサルティングプログラムです。一人一人の課題に合わせたオーダーメイドのカリキュラムと専属コンサルタントによる毎日のフォロー、修了後の継続サポートにより月80時間の英語学習時間を確保し、世界に通用するビジネス英語力を一気に身につけます。「ビジネス英会話」「TOEIC®」「TOEFL iBT® / IELTS コース」「オンライン」の4コースから選択可能で、目的に沿ったカリキュラムを受講可能です。2~3ヶ月間という短期集中で本気で英語と向き合い、ビジネス英語を一気に仕上げたいという方にとっておすすめのプログラムです。

PROGRIT(プログリット)に関する特集記事の一覧

サービス名 PROGRIT(プログリット)
URL https://www.progrit.co.jp/
運営会社名 株式会社プログリット
本社所在地 東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル3階
スクール所在地 PROGRIT 有楽町校(東京都千代田区有楽町有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階)
PROGRIT 新橋校(東京都港区新橋2-12-17 新橋INビル3階)
PROGRIT 新宿校(東京都新宿区西新宿1丁目19番6号山手新宿ビル12階)
PROGRIT 渋谷校(東京都渋谷区渋谷1丁目10-1 八千代ビル6階)
PROGRIT 赤坂見附校(東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階)
PROGRIT 神田秋葉原校(東京都千代田区神田須田町1-14-1 MASU no SQUARE 6階)
PROGRIT 池袋校 (東京都豊島区西池袋3-27-12 池袋ウエストパークビル2階)
PROGRIT 六本木校(東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル5階)
PROGRIT 横浜校(神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室)
PROGRIT 名古屋校(愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階)
PROGRIT 阪急梅田校(大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー11階 1号室)
PROGRIT 西梅田校(大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階)
設立 2016年9月6日
資本金 9,891万円
入学金 50,000円
教材費用 レッスン料金に含まれる
期間 2ヶ月/3ヶ月
コースと料金 ●ビジネス英会話コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
●TOEIC®コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
●TOEFL iBT® / IELTS コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
●オンラインコース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)

PROGRIT(プログリット)の最新情報

PROGRIT(プログリット)のコース紹介

ビジネス英会話コース

ビジネス英会話コースは、グローバルなビジネスシーンにおいて英語で堂々と議論や交渉ができるようになることを目指すコースです。ビジネス英会話コースでは、ネイティブ英語のリスニングもできるようにシャドーイングを中心とした徹底的なトレーニングを行うほか、自在な英作文能力の向上に向けて、単なる例文暗記にとどまらないアウトプット中心のトレーニングを行い、飛躍的なスピーキング力向上を目指します。TOEIC®のスコアアップなどよりも、ビジネスの現場で使える実践的な「英会話力」を身につけたいという方におすすめのコースです。

また、2019年10月14日よりビジネス英会話コース(12週)は、厚生労働大臣指定の一般教育訓練給付制度対象講座となっています。厚生労働省の定める要件を満たした場合に、受講者本人が支払った受講費用(入会金を含む)の20%に相当する額(最大10万円)が公共職業安定所(ハローワーク)から支給されます。

TOEIC®コース

TOEIC®コースは、短期間で目標となるTOEIC®スコアUPを目指すコースです。TOEIC®コースではスコアアップのためのベースとなる基礎文法の習得や語彙力の強化、リスニング力向上も意図した発音矯正・音声知覚の強化トレーニングなどを行い、短期間で英語力向上を目指します。TOEIC®コースではあるものの、スコアアップのための表面的なテクニックではなく、スコアに現れる本質的な英語力向上を目指す点が特徴です。異動や転勤、昇進などで一定のTOEIC®スコアを獲得したい方におすすめのコースです。

TOEFL iBT® / IELTS コース

TOEFL iBT® / IELTS コースは、海外の大学や大学院、MBA留学などに必要となるTOEFL iBT® / IELTSテストのスコアアップを目的とするコースです。スコアアップに長い時間を要するTOEFL iBT® / IELTS対策学習時間の確保と習慣づけを行い、苦手なスキルを重点的に伸ばすことでスコアアップを目指すコースとなっています。留学に向けて短期集中でスコアアップを目指したい方におすすめです。

オンラインコース

オンラインコースは、PROGRITの学習コンサルティングプログラムを完全にオンラインで受講することができるコースです。オンラインとは言っても、週2回のコンサルティングが通学ではなくオンラインとなること以外、プログラムの形は全く変わりません。PROGRITを受講したいけど近くに校舎がないという方、通学にかかる時間も節約し、できる限り効率よく学習に取り組みたいという方におすすめです。

PROGRIT(プログリット)のおすすめポイント

グローバルビジネスの現場で通用するビジネス英語を最短2ヶ月で身につける

プログリットは、世界最高峰の戦略コンサルティング会社として知られるマッキンゼー・アンド・カンパニーで様々な海外プロジェクトに携わり、グローバルのトップレベルビジネスマンと共に仕事をしてきたコンサルタントが設立した短期集中型のコンサルティングプログラムです。世界で通用する英語力の習得をゴールに、2ヶ月という短期間で高い成果を出せるよう、専属のコンサルタントが一人一人の学習を徹底サポートしてくれます。

一人一人の課題に合わせた完全オーダーメイドのカリキュラム

プログリットでは、2ヶ月間の成果を最大化するために、一人一人の課題に合わせた完全オーダーメイドのカリキュラムを組みます。最初にリスニング力、スピーキング力など現状の英語力を分析するための課題チェックテストを実施し、テスト結果および受講生へのヒアリングに基づいて、長期的・短期的に目指すべき姿を明確化し、2ヶ月間の学習カリキュラムを作成してもらえます。また、学習カリキュラムは進捗状況に応じてプログラム途中でも柔軟に調整されるため、常に最適な方法で学習に取り組むことができます。

ビジネス英会話・TOEIC®・TOEFL iBT®/IELTS・オンラインの4コースから選択可能

プログリットでは、目的に応じて「ビジネス英会話コース」「TOEIC®コース」「TOEFL iBT® / IELTS コース」「オンライン」の4コースから選択することが可能です。ビジネス英会話コースでは、ビジネスの現場において英語で議論や交渉をできるようなることを目指すコースで、ビジネスシーンにおける頻出表現を習得したうえでアウトプットのトレーニングを行い、飛躍的なスピーキング力向上を目指します。また、リスニング力向上に向けた徹底的なシャドーイングも行います。一方の「TOEIC®コース」は短期間でTOEIC®スコアの向上を目指すコースで、基礎文法の習得や語彙力の強化、発音矯正、音声知覚の強化などによりスコアアップを目指します。また、海外大学・大学院留学などを目指す方向けの「TOEFL iBT® / IELTS コース」も用意されています。さらに、通学は難しいという方向けの「オンラインコース」も用意されているため、遠隔にお住いの方でも通学と全く同様のサービスを受けることができます。

専属コンサルタントによる毎日のフォロー

プログリットの一番の魅力は、プログラム実施中は専属のコンサルタントが受講生一人一人を毎日しっかりと手厚くフォローし、学習のサポートをしてくれる点です。コンサルタントとの毎週の振り返りに加え、一週間の学習進捗を確認するためのテスト、受講生の状況に合わせたシャドーイングや発音矯正、音読などのマンツーマントレーニングを受けられます。また、チャットツールを用いたコーチングが毎日無制限で受けられ、日々の学習状況の共有や学習相談が自由にできるため、学習方針についても迷うことなく信じて学習を進められます。チャットツール上でボイスメッセージを活用した発音添削サービスもあり、コンサルタントに並走してもらいながら毎日高いモチベーションで学習に取り組むことができます。

受講修了後も継続的なサポートを受けられるから安心

プログリットでは、プログラム修了後の1年間、どのように英語学習を進めるべきかについて継続的にアドバイスを受けられます。また、修了後は3回まで無料専属コンサルタントによるコーチングを受けられるほか、チャットツールによる質問などにも対応してもらえるため、プログラム自体は2ヶ月で終了しますが、その後も継続的に英語学習に取り組み、英語力を向上していくための学習サイクルを身につけることが可能です。

PROGRITがおすすめする英語学習法

1. 1日3時間の学習時間を確保する

プログリットでは、1日3時間の学習が理想的だと考えられています。「1日に3時間」と聞くと、つい「忙しくてそんなに勉強できない」と感じてしまう人もいるでしょう。

プログリットを運営する株式会社プログリットの創業者である岡田祥吾氏は、著書「英語学習2.0」の中で、「やり方を工夫すると1日3時間は可能」と述べています。同書では、学習時間を捻出するために有効な策の1つとして「ゼロベースでスケジュールを考える」ということが挙げられています。

(前略)英語学習の3時間だけでなく、24時間のすべての使い方を見直すのです。
 そうすると、必ず優先順位の低い不必要な時間が出てくるはずです。
 中でも、仕事時間は1日の時間の中で占める割合が大きいので、可能なかぎり最適化できないか考えるべきです。

実際にプログリットでは、コンサルタントは受講生の24時間全体をコーディネート。さらに、例えば「残業が多いために勉強時間がとれない」という受講生の場合には、仕事における課題の解決策までコンサルティングを行うといいます。株式会社プログリットの共同創業者であり取締役副社長の山碕峻太郎氏は、同スクールの受講生へのサポートを「圧倒的にフォローする」という言葉で表現しています。

2.「多読」トレーニングで英語脳を鍛える

プログリットでは、英語脳を鍛えることを目的として、英語の「多読」を行います。岡田氏は「英語学習2.0」で多読トレーニングについて、「英語脳を作るのに、最も効果があるもの」と説明。多読は、リーディングだけでなくリスニングにも効果があるといいます。

多読トレーニングがリーディング・リスニング両方に効果がある理由について、同書では、両者の処理プロセスの類似性が挙げられています。

リーディングとリスニングには、どちらも「意味理解」というプロセスがあります。情報を取り込む際、リーディングの場合は「目」から、リスニングの場合は「耳」からという違いはあるものの、取り込んだ文章(情報)の意味を理解する「意味理解」と呼ばれるプロセスは共通しています。同書では、多読の効用について下記のように説明されています。

つまり、英語脳を作るというのは、「意味理解の力を高める」ということです。さらに言うと、「意味理解の精度とスピードを高める」ということです。したがって、多読をして意味理解の力を鍛えると、リーディングだけではなく、リスニング力の向上にもつながるのです。

3.スピーキング力向上の鍵となる「概念化」スキルを鍛える

プログリットでは、スピーキング力を向上させるために、「概念化」が重視されています。概念化とは、スピーキング時の「言いたい内容を思い浮かべる」プロセスのこと。語彙や文法の知識を用いて英語を組み立てる「文章化」は、この「概念化」に続くプロセスにあたります。

「英語学習2.0」では、日本人学習者によくある課題として、「日本語で概念化するときにむずかしい日本語で考えすぎて、英語の文章にすることができない」ということが挙げられています。

文章化の能力は、日本人がどれだけ努力しても、日本語の文章化力を超えることはむずかしいです。そうすると、概念化の時点でむずかしいことを考えていると、それに文章化の力が追いつかず、結局何も言えないということになってしまうのです。

同書では、思いついた複雑な日本語をそのまま英語に直そうとするのではなく、「シンプルな日本語に置き換えることで、文章化はかなりしやすく」なると述べられています。

概念化を鍛えるトレーニングとして、プログリットではオンライン英会話サービスを活用。受講生は英会話レッスンを「受けて終わり」ではなく、レッスン後に以下のことに取り組みます。

まずエクセル(Googleスプレッドシートでもよい)の列に、言いたかったが言えなかったことを記入します。次に1つ右の列に、それをシンプルな日本語に言い換えたものを記入します。最後にもう1つ右の列に、それを英訳したものを記入するのです。

英語スピーキング力向上のために、「文章化」だけでなく、その前段階にあたる「概念化」にも注力している点が、プログリットの学習法の特徴といえます。

PROGRITの口コミ募集中!

English Hub編集部では、PROGRITに通学された経験がある方からの口コミを募集しています。読者の皆様の参考となる貴重な情報の提供にぜひご協力よろしくおねがいいたします。

PROGRIT(プログリット)スクール担当者からのメッセージ

PROGRIT
PROGRITは、2ヶ月短期集中の英語学習コンサルティングプログラムです。徹底した分析によって作られるオーダーメイドの英語学習カリキュラムと専属コンサルタントによる日々のコンサルティングを特徴としています。2016年9月のサービス開始以降、多くの生徒様にご好評いただき、プログラム完遂率97.8%、プログラム満足度97.5%を誇っています。

従来型の英会話スクールではなく、短期間で確実に英語力を上げ、ビジネスで活躍いただけるような英語力も身につけていただきます。理論に裏付けられた、かつオーダーメードのカリキュラムで、効果的に英語学習を進めていただけます。また、問題解決能力を備えた専属コンサルタントの徹底的なサポートにより、生活習慣や時間の使い方の見直しまで行い、英語学習を継続させる習慣が身につきます。

プログリットでは、ビジネス英会話コース・TOEICコース・TOEFL iBT®/IELTS コース・オンラインコースからいずれかをお選びいただき受講いただきます。ビジネス英会話コースでは、ビジネスシーンにおいて英語で議論や交渉ができるようになる事を目指していただきます。リスニング力向上のため、シャドーイングを中心としたトレーニングを行っていただきます。また、自在に英語を作るためのアウトプットトレーニングも実施いただきます。

TOEICコースでは、TOEICスコアの向上を短期間で目指します。点数アップのテクニックではなく、本質な英語力の向上を目指していただきます。

ぜひ、プログリットで圧倒的に英語力を向上させ、ビジネスでの活躍の場をひろげてください。

English Hub編集部から見たPROGRIT(プログリット)の魅力とは?

English Hub編集部
マッキンゼー出身の岡田氏とリクルート出身の山碕氏のコンビで2016年に創業したPROGRITは、応用言語学に基づいて受講生の課題を論理的に分析し、必要なトレーニングを提示してくれるため、納得感を持って英語学習に取り組むことができます。また、PROGRITが他のコーチング系スクールよりも優れていると感じるのは、コンサルタントの踏み込み力と徹底したフォロー体制です。1日2~3時間の英語学習時間のマネジメントはもちろん、その時間を確実に確保するために仕事も含めた1日24時間全体のタイムマネジメントやタスクマネジメントにまで踏み込んでアドバイスをしてもらえるため、「時間がとれない」という言い訳ができない環境で英語学習にコミットすることができます。また、LINEチャットでやりとりするシャドーイングのフィードバックなども非常に細かく何をどうすべきか論理的にアドバイスしてもらえるため、迷うことがありません。受講生、卒業生のコミュニティも充実しており、プログラム終了後も他の受講生と関わる機会も得られます。創業者2名の想いがプログラムの細部にまで行き届いているスクールという印象を受けます。

PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリングの流れ

プログリットでは、受講を検討中の方向けに無料カウンセリングを開催しています。プログリットの無料カウンセリングは、応用言語学の観点から自身の課題を非常に論理的に分析し、効果的な学習方法を教えてもらえるため、参加するだけでも持ち帰るものが多いと評判です。(※無料説明会の詳細については「行くだけで価値がある!PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリングを体験取材!」を参考にしてください。)無料説明会は下記の流れで進みます。

  1. ヒアリング
  2. レベルチェックテスト
  3. 分析とアドバイス

1. ヒアリング

最初にこれまでの英語学習経験や目標、現状の課題などをカウンセラーがヒアリングし、英語学習の目的とゴールを明確にします。

2. レベルチェックテスト

その後に現状の英語レベルチェックテストを行い、英語力の強み・弱みを把握します。レベルチェックはペーパー・口頭の両方があり、総合的に現状のスキルをチェックします。

3. 分析とアドバイス

レベルチェックの結果をもとに、応用言語学の観点から課題を克服するためにどのような学習方法が効果的なのか、詳しくアドバイスをしてもらえます。なぜ自分の英語が上達しないのか、上達するために「何を」「なぜ」「どのように」取り組むべきなのかを明確にしてもらえるため、すぐに受講する・受講しないに関わらず今後の英語学習を考えるうえでの大きな指針をもらえます。

PROGRIT(プログリット)に関するよくある質問

Q:どんな教材を使用するのか?

プログリットでは、同スクールが厳選した市販教材を使用して学びます。これは、ゼロから教材を作成するよりも、すでにある優れた教材を利用し、その最も効果的な活用法を伝えたほうが成果につながるという考え方に基づいています。また、どこでも手に入る市販教材を利用することで、プログリットの卒業後も継続して同じ環境で学習が続けられるようにするという意図もあります。

Q:コンサルタントはどんな人がいるのか?

プログリットのコンサルタントは海外留学経験者や英語教育の専門家など様々ですが、コンサルタント採用の際には人間的に魅力があるかどうかが重要な採用基準となっています。コンサルティング力や英語学習に関する専門知識はもちろんですが、やはり毎週通ってもらう上ではまた会いたいと感じる魅力がその人にあるかどうかが大事とのことです。また、トレーナー同士が毎週ベストプラクティスを共有する会議を行っているなど、研修・トレーニングもしっかりと行われています。

Q:コンサルタントのスキルは?

プログリットでは、コンサルタントの質の高さにこだわりを持っています。たとえば、第二言語習得研究に関する研修は入社後すぐに行われるため、全てのコンサルタントが英語習得に関する専門知識を有しています。また、コンサルタントが受ける各種研修には、創業者の岡田氏がマッキンゼーで学んだメソッドや、同じく創業者の山碕氏がリクルートで学んだメソッドが取り入れられています。プログリットのコンサルタントは、受講生からの様々な質問に対してロジカルに返答することができるという強みを持っています。実際にプログリットを卒業された方からも、「LINEで相談や質問をした際には、毎回論理的な分かりやすい回答をしていただきました」などの声が上がっています。

Q:毎日のチャット対応はどの程度対応してもらえるか?

24時間以内には必ず返信してもらえるうえで、担当のコンサルタントが休みのときは別のコンサルタントが対応してくれるため、毎日やりとりが可能となっています。コンサルタントとのやりとりはLINEを活用しています。

Q:英会話のレッスンはあるか?

プログリットはコーチングスクールのため、レッスン自体はありません。英会話レッスンについてはオンライン英会話を活用したプログラムを提案してもらえます。オンライン英会話では指定のサービスがあり、そのサービスをどのように活用すればよいかも詳しく指示してもらえるので、学習プランに悩むことなく英会話のトレーニングを続けられます。

Q:受講生の属性は?

年齢層としては30代から40代前半の方がメインとなっており、50代、60代の方もいます。職業としては金融・商社・士業の方など様々で、TOEICスコアが800点以上ある方など、もとから英語力が高い受講生も数多くいるのも特徴です。TOEICスコアが900点以上ある人も多く来ています。

Q:英語初級者でもついていける?

プログリットでは、一人ひとりの生徒に合わせたオリジナルカリキュラムが作られるため、英語初級者でも安心して受講することができます。英語の基礎に課題がある場合は、中学校の英文法や基礎的な単語の学習からスタートするため、基礎力から着実に養っていくことができます。

Q:仕事が忙しくても大丈夫?

プログリットでは、忙しい人でも1日3-4時間の学習時間を確保できるよう、「24時間全体の使い方」や、「タスクの優先順位の付け方」というところまで踏み込んでアドバイスを行います。たとえば、残業が多くて学習時間がとれないという人の場合、コンサルタントは「そもそもなぜ残業が発生するのか」までを突き詰めるといいます。実際に受講生からは、「仕事をどのように早く終わらせるかをしっかり考えるようになった」「無駄な時間の見直しをした結果、必要な学習量を確保できた」などの声が上がっています。

Q:思うような成果が出なかった場合は?

プログリットでは、初回の面談日より30日以内であれば、30日間無条件で全額返金してもらえる保証サービスもついています。万が一、学習スタイルが合わなかった、想定していた学習時間が確保できなくなったという場合でも安心です。

PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリングに参加してみる

プログリットの詳細を知りたい方、無料カウンセリングを希望される方は下記よりどうぞ。

English Hub 編集部おすすめのパーソナルコーチ式英会話スクールPICK UP!

English Hub 編集部がおすすめのパーソナルコーチ式英会話を厳選してご紹介しています。

トライズ

学習継続率91%、受講生満足度95.7%!1年間で英語習得に必要とされる1,000時間学習をこなす。

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

PROGRIT

マッキンゼー出身コンサルタントが設立したオーダーメイドの短期集中プログラム!

英会話スクールの一覧を見る

その他の英会話スクールの比較・ランキングを見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。