中学生におすすめの英語教室・英会話スクール・英語塾まとめ

2021年度より中学校に新学習指導要領が導入され、英語教育は新たな転換期を迎えました。グローバル化が進む中、習得した知識を活かして相手と英語でコミュニケーションを取るといった運用能力の向上がますます重要視されています。英語を話す練習を一人で行うのは難しいことから、プロの講師がいる英会話スクールに子どもを通わせたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中学生におすすめの英語教室・英会話スクール・英語塾をご紹介します。(オンライン英会話サービスをお探しの方は、「中学生におすすめのオンライン英会話まとめ」もご参照ください。)

目次

中学生におすすめの英語教室・英会話スクール・英語塾

留学のための英語力試験や英検対策に強い「日米英語学院」

日米英語学院

英語の4技能をバランスよく伸ばすことを重視する日米英語学院は、2021年度から施行された新しい中学校学習指導要領の内容にもマッチする学びを提供しています。「中学生コース」では、英会話に加え、リスニング・リーディング・ライティングのクラスをレベル別に開講。高校入試における加点・優遇資格としても活用されている(※)英検の対策や、海外留学を目指す受験生向けのサポートも充実しています。

日米英語学院のレッスン形態は、3~4人程度の少人数で行うグループレッスン(1回55分)とプライベートレッスン(1回40分)の2種類から選択可能です。自宅で受けられるオンラインレッスンと通学レッスンの併用もできるため、都合に合わせて受講スケジュールをアレンジしやすいでしょう。学習目的に合わせて日本人または外国人講師のクラスを選べるのも魅力です。

※参照:日本英語検定協会「英検活用校検索」より

<<「資格も英会話も!まずはスタート!応援キャンペーン」
入学金0円(通常22,000円)5月31日まで>>


日本人講師とネイティブ講師がペアでレッスンを実施!「ECC外語学院」

ECC外語学院の「中学生英会話コース」では、思考力と発信力を土台とするグローバルコミュニケーション能力の養成を重視。ペアティーチングと呼ばれるユニークな指導形式が特徴で、日本人講師の授業(60分)とネイティブ講師の授業(20分)を組み合わせた1回80分のクラスを開講しています。

4技能の向上だけでなく、生徒自身が英語で発信したい意見や考えを持つことを大切にしているECC外語学院。幅広い分野の英語記事を読み、自らの考えを原稿としてまとめてスピーチを行うことで、ライティングスキルやスピーキングスキルなどの発信力を育てます。


プレゼンやディベートを通じてアウトプット力を磨く「イーオンキッズ」

イーオンキッズ

イーオンキッズの「中学生クラス」では、2021年度導入の中学校新学習指導要領で設定された「発表」と「やり取り」の2領域を含む英語力の育成に力を入れています。1回50分のレッスンは、日本人教師または外国人教師が担当し、すべての流れを英語で進行。1つのテーマに対して6回のレッスンで理解を深める構成で、ユニットごとの締めくくりにはペアやチームでのプレゼンテーション、スキット(短い劇)、ディベートなどのアクティビティーを行います。

世界的に有名な『ナショナルジオグラフィック』誌のコンテンツをはじめとし、豊富なビジュアルや動画で中学生の知的好奇心を刺激する教材が揃っているのもポイントです。楽しみながら大量のインプットを得ることで、モチベーションを保ちながら英語学習に取り組めるでしょう。

<<学費30,000円割引(キッズは20,000円割引)! 5月31日まで>>


海外進学の実績が豊富!4技能型英語塾®の「Catal(キャタル)」

Catal

Catal(キャタル)は、小学校3年生~高校3年生を対象とし、東京と福岡で教室を展開する英語塾です。ネイティブレベルの英語力を持つバイリンガルの日本人講師が学習の習慣化までしっかりサポートしてくれるため、教室でのレッスンに加えて自宅でも自習に取り組む姿勢が身につきます。ビデオ録画したスピーキングの様子を確認し、生徒自身に「もっと良くするにはどうすべきか」を考えさせるなど、インプットだけでなくアウトプット力も鍛えるレッスンが特徴的です。

キャタルでの学びを経て海外進学・留学の夢を叶えた塾生も多く、アメリカの慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)については、合格者の約半数をキャタルの生徒が占めたという実績があります。将来を見据えた「使える英語」を身につけるためにぴったりのスクールです。


英語を通じて世界中の受講生と交流!「ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール」

ブリティッシュ・カウンシル

英国の公的機関によって設立されたブリティッシュ・カウンシル英会話スクールには、国際的な英語教授資格を有し、最低でも2年間の指導経験を積んだ講師だけが所属しています。中学生向けのコース「Secondary Plus」では、CLIL(Content and Language Integrated Learning:英語と他教科を組み合わせた学習法)など、ヨーロッパの教育現場でも取り入れられているメソッドで英語を学べます。

海外の子どもたちと交流できるオンラインセッション「Connecting Culture」や、英語と文化アクティビティーを掛け合わせたイベントなどは、世界中に受講生がいるブリティッシュ・カウンシルならではの取り組みです。受講を通じて、多様な英語に対する理解や異文化への適応力も育むことができるでしょう。

※「Secondary Plus」は、ターム途中からの入学も可能です。最新の開講スケジュールについては、ブリティッシュ・カウンシルのウェブサイトをご確認ください。


講師と1対1のレッスンで英語の発話量を確保!「Gabaマンツーマン英会話」

Gabaは、一人ひとりの英語レベルや学習目的に合わせたマンツーマンレッスンを提供している英会話スクールです。人目を気にせず学習に集中できる環境なので、わからないことを納得がいくまで講師に質問したり、英語の発音をとことん練習したりできます。外国人講師のマンツーマン指導によって自然と発話の機会も増え、積極的に英会話にチャレンジできるでしょう。

Gabaのレッスンは、パソコンやスマートフォンから1回ごとに予約・キャンセルが可能です。学校のスケジュールにも柔軟に合わせられるので、テスト前は一時的に受講を減らす、夏休みには集中的に通うといった調整もできます。

<<「U-30割&学割キャンペーン」レッスン料金最大55,000円OFF!5月31日まで>>
※Gaba Kidsは対象外


レッスン×家庭学習サポートで着実に英語力を鍛える「シェーン英会話」

シェーン英会話の中学生向けコースでは、英語を英語で理解する力を深めるネイティブ講師のレッスンと、日本人講師が担当する英検対策レッスンが開講されています。月額制の個人/少人数レッスンのほか、英検については一次試験対策(全12回)と二次面接対策(全4回)の集中講座も用意。受験前に短期での受講も可能です。

シェーン英会話では、英語力アップに欠かせない家庭学習のサポートも充実。レッスン内容に沿ったワークブック、絵で見ながら覚える単語教材、レベル別の多読教材などを通して、知識の定着やインプットの強化を図ります。

≪新年度体験キャンペーン 5月31日まで!≫
【特典1】入学金0円、【特典2】体験レッスン参加でオリジナルグッズプレゼント

まとめ

多くのスクールでは、中学校の新学習指導要領に基づいたレッスンや、家庭学習の習慣化サポートを行っています。子どもたちがこれからの時代を生き抜くために必要な英語力を身につける一助として、今回ご紹介した英語スクールを利用してみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】子どもの英語教室・英語塾を徹底比較!親たちに選ばれるスクールとその理由は?
【関連ページ】子ども向けオンライン英会話を徹底比較!

その他の英会話スクールの比較・ランキングを見る

英会話スクールの一覧を見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事、転職や海外就職に役立つ情報などをご紹介しています。
TwitterFacebook