【ライザップイングリッシュ受講生インタビュー】4ヶ月でTOEIC250点アップを叶えた学習内容とは?

「短期間で劇的な英語力向上にコミットする」をコンセプトに掲げる、英語のパーソナルトレーニングサービス「ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)」。受講生には専属トレーナーがつき、レッスン以外の時間も含め、毎日の英語学習を徹底的にサポートしてくれるのが特徴です。

今回English Hub編集部は、2018年に「TOEICコース」を受講され、2021年現在も「継続コース」を受講中の大友宏子さんと、担当トレーナーの村上二南さん、カウンセラーの工藤唯さんの3名にお話を伺いました。

大友さんは、2018年1月に「TOEICコース」の受講を開始。受講前のTOEICスコアは535点でしたが、4ヶ月間の受講を経た同年6月に受けたTOEICでは、785点を取得されています。

短期間での大幅なスコアアップを叶えた学習内容に加え、受講生(ゲスト)、トレーナー、カウンセラーそれぞれの視点から見たライザップイングリッシュの強みを教えていただきました。

インタビュー目次

ライザップイングリッシュの受講を決めた理由

Q:「英語力を伸ばしたい」と思われた理由やきっかけは?

大友さん:直接的、間接的なものを含め、いくつかの理由があります。

まず、大きな理由として、会社から英語力アップを求められていたことがありました。

私はシステムエンジニアとして働いており、海外のお客様と英語でコミュニケーションをとる機会があります。また、昇格を目指すにあたり、TOEICの点数にコミットする必要がありました。

社会人になったときから、英語力を求められていることは理解していたのですが、毎日忙しく、なかなか積極的に勉強できていなかったんです。産休に入り、環境が変わったことを機に英語に力を入れてみようと思ったのがきっかけです。

あとは、中学校入学以来、英語に触れてきて「これだけ何年も勉強しているのに、全然喋れない」というのが、悔しかったということもありました。

私は、人とコミュニケーションをとることがすごく好きで、仕事においてもコミュニケーションを重視しています。でも、英語ができないことによって、関われる相手が、日本語を話せる人だけに限定されてしまうんですよね。そういった状況に以前からストレスを感じていたことに、ちょうどオリンピックでボランティアをやってみたいという気持ちも重なり、より一層「英語ができるようになりたい」と感じるようになりました。

また、今後は、日本に住んでいても、子どもが低年齢からどんどん英語を学ぶ社会になっていくと思います。子どもが英語学習で困ったときにも、サポートできる自分になりたいと思い、TOEICコースが修了した現在も、英会話を中心に、ライザップイングリッシュで受講を続けています。

Q:数あるスクールの中から、ライザップイングリッシュを選ばれた理由は?

大友さん:「結果を出したい」という想いがあったので、ストイックなスクールが良いなと思い、ライザップイングリッシュさんに最初にお声がけさせていただきました。

ストイックであること以外にもう1つ、スクール選びで重視していたのが、子連れで通えるという点でした。カウンセラーの工藤さんに相談したところ、大丈夫ですと言っていただいたので、受講を決めました。

工藤カウンセラー:ライザップイングリッシュでは、受講生の方が抵抗なく英語を話せるよう、校舎での対面レッスンは完全個室で行います(※)。それでも、お子さんと一緒に受講というのは前例がなかったのですが、店舗のマネージャーと担当トレーナーの村上に相談した結果、通っていただけることになりました。

※ライザップイングリッシュでは2020年1月より、オンラインでのレッスン提供も開始。通学コースと変わらない内容を、完全オンラインでも受講できます。また、通学とオンラインを組み合わせて受講することも可能です。

4ヶ月でTOEIC250点アップした、ライザップイングリッシュの内容とは

Q:受講開始前、英語力に関してどのような課題を感じていましたか?

大友さん:まず、英語を全然喋れませんでした。TOEICは、会社で昇進に必要な基準ということもあって年に1、2回受けていたのですが、そちらでも思うように結果が出ないという悩みがありました。

Q:村上トレーナーから見て、受講開始当初の大友さんの英語力の課題とは?

村上トレーナー:開始当初は、基礎文法や単語のインプットが少なかったことが課題としてありました。

ただ、大友さんはライザップメソッドをとても信頼してくださっていて、こちらからお伝えすることに対する吸収も早かったので、知識の土台さえ作ればどんどん伸びてくるだろうというのを、最初の頃にすぐに感じました。

大友さん:納得感のあるメソッドだったので、提案してくださる学習内容やアドバイスを、どれも素直に聞き入れることができました。私は理系タイプなので、勢いよりも、「どうして結果が出るのか」という理由や根拠の方をより大切にしています。受講開始当初の頃には、村上さんや工藤さんに、メソッドの根拠の部分についてよく質問していましたね。

Q:4ヶ月でTOEIC250点のスコアアップを達成されています。取り組んだ内容を教えてください

村上トレーナー:短期で結果を出すために必要となるのは、課題の分析と、それに対する効果的な学習方法の提案の繰り返しです。ライザップイングリッシュでは、一人ひとりの方の弱点を分析し、どのようなトレーニングが効果的なのかを考えた上で、個別の学習プランを立てます。

弱点分析に関しては、大友さんご自身も、TOEIC模試を受けるたびに「この問題が、こういう風に苦手だった」といった具合にセッション内で詳しくお話してくださっていたので、適切なトレーニングのご提案がしやすかったですね。

大友さんが最初に目標とされていたTOEIC650点を達成するには、「基礎単語」と「文法」の2つを、しっかりとおさえることが大切です。大友さんの場合、受講開始から2ヶ月後には、この2点を克服して690点を取得されたので、その後はさらなるスコアアップを目指してリスニングのトレーニングを集中的に行いました。

ライザップイングリッシュには、総合的な英語脳をつくりあげることに重きをおいたリスニングメソッド「6STEPS(ステップス)」があります。6STEPSは、ディクテーションやスラッシュリーディングをはじめとする6つのトレーニングで構成されています。トレーニングごとに異なる目的や効果があり、6つのステップを組み合わせることで、リスニングスキルを徹底的に鍛えることができます。

【ライザップイングリッシュの「6STEPS」】

  1. ディクテーション:聴こえた英語を書きおこして文字にするトレーニング
  2. スラッシュリーディング:単語やフレーズをスラッシュで区切りながら読んでいくトレーニング
  3. オーバーラッピング:音声と同じスピードで、音に被せながら発音するトレーニング
  4. 意味音読:意味を理解しながらの音読トレーニング
  5. シャドーイング:音声からワンテンポ遅れるようにして発音するトレーニング
  6. リピーティング:一文を最後まで聴いたあとで、聴き取った英語をリピートするトレーニング

6STEPSのトレーニングを経て、4ヶ月間のコース修了後に受けられたTOEICでは、785点を取得されました。「話し合って決めたことをやって、それで結果が出た」というのを繰り返し見られたのは、トレーナーとしてすごく嬉しかったですね。

自分一人では継続できなかった、1日3時間の英語学習

Q:1日あたりの勉強時間はどのくらいでしたか?

大友さん:TOEICコースを受講していた4ヶ月は、毎日3時間は学習時間を確保するようにしていました。村上さんから、「3時間やらないと、目標達成しないですよ」とはっきり伝えてもらったので、「あ、そうなのか」と納得して取り組んでいました。

Q:忙しい毎日の中で、どのように勉強時間を捻出されていましたか?

大友さん:子育てをしているので、自分が思うようにはなかなか時間をとれないのですが、例えば子供の面倒を見ている時間も「ながら勉強」をするようにしていました。「3時間をびしっと確保して、集中してやる」というよりは、ながらでできる内容の勉強は、ながらでやるように工夫していましたね。

村上トレーナー:印象に残っているのが、セッションにお子さんを連れてこられた日、抱っこ紐でお子さんを抱いてあやしながら、壁に紙を置いてディクテーション(英語の書き取り)のトレーニングを一緒に行ったことです。その時に、「ああ、きっとご自宅でもこうやって、頑張って勉強されているんだろうな」と、すごく感じました。

大友さん:あとは、先ほども述べたように、メソッドに対する納得感があったことが、勉強のモチベーションにも繋がっていたと感じています。

もし、「このやり方で本当にいいのかな?」という迷いがあると、たとえ時間を確保しても、集中して勉強できないですよね。勉強内容や方法に対して何の疑いもなかったことが、学習を継続できた大きな理由だと思います。

Q:勉強の過程で、大変だったことはありますか?

大友さん:社会人になってから1日3時間も勉強したことがなかったので、勉強の習慣をつけるという部分では、最初の頃は少し大変だったかもしれないですね。

自分でやろうと決めたことだったので、自分なりに工夫して勉強時間を確保していましたが、私一人の力ではできていなかったと思います。トレーナーの村上さんや、家族など、「周りの人たちの協力体制をつくる」ということが、学習を継続する上でも結果を出す上でも、すごく重要だと感じています。

例えば、ライザップイングリッシュではトレーナーとのセッションが週に2回あります。3日に1回ほどのペースなので、普通に考えると多いのですが、毎日必死に勉強している私としては、絶えず質問が出てくるんです。村上さんは、「セッション以外の時間でも、分からないことがあればいつでも連絡くださいね」と言ってくれていました。

質問をためてセッションの時にまとめて聞くのではなく、いつでも答えてもらえるという安心感が、毎日勉強を続ける支えになっていたと思います。文法に関することや分からない言い回しなど、かなり細かい質問も色々としていましたね。

村上トレーナー:TOEICコースを受講されていたころは、「この英単語がなかなか覚えられないので、いい覚え方を教えてください」といったご相談も、よくメールでいただいていましたね。ご相談いただいた英単語や熟語を使って、大友さんの生活に馴染みがあるような例文を作り、返信させていただいていました。

Q:目標設定はどのように行っていましたか?

村上トレーナー:ライザップイングリッシュにご入会されるゲストの多くは、トレーナーと一緒に目標設定を行います。「具体的にどのレベルの英語力を目指すのか」「英語が使えるようになったその先、どういう未来像を描きたいか」と掘り下げて、短期目標と長期目標の2つを設定します。

ただ、大友さんに関しては、目標設定の部分をご自身でほぼできていらっしゃったのが特徴でした。先日も、「最終的には、オンライン英会話で日本人講師をやりたいです」と仰っていて、向上心が素晴らしいなと改めて感じました。

大友さん:学習のモチベーションが下がりそうになった時にこそ、何かしら目標を設定することを意識していましたね。「将来的に、自分が英語を使って何をやりたいのか」ということは、都度考えていました。

ライザップイングリッシュでのトレーニングを振り返って

Q:「受講開始前」と「受講後」を比較したとき、どのような変化を感じられますか?

大友さん:まず、4ヶ月のTOEICコース修了時点の話でいうと、TOEICのスコアが250点伸び、試験問題に対する印象が大きく変わりました。受講前は、本当に全然単語を知らなかったので、テスト内容もさっぱり分からない状態でした。受講後は、テスト時間内に読める文章の量も増え、内容も概ね理解できるようになりました。

実際に、仕事で英文契約書を読んで内容のチェックする際などにも、抵抗なく英文を読めるようになりましたね。

あとは、大人になってから何かをしっかり勉強したのが初めてだったので、1つのことに打ち込んで結果を出せたことが、社会人としての自信につながりました。何をするにあたっても、受講前よりも自信をもって取り組めるようになった気がします。

また、最近ではイギリス人の友人もできて、よくLINEでやり取りしています。

村上トレーナー:大友さんのお住まいのエリアが、コロナ以前は外国人の方がよく訪れる場所だったので、道に迷っている人を見つけてはどんどん声をかけられていましたよね。英語に自信がないと、自分から積極的に行くことって難しいと思うので、そういうお話を聞けたときも嬉しかったです。

大友さん:以前だと、声をかけることはできても、英語で会話が続きませんでした。今は、ちゃんと助けてあげられるレベルになれたので、そこは進歩かなと思います。

Q:ライザップイングリッシュで結果が出せた1番の理由はどこにあると感じますか?

大友さん:担当トレーナーをはじめ、カウンセラーの方や店長を含めた全員が、「チームライザップ」として目標の実現を応援してくれたことが大きいと思います。期間と目標を決めて、目標の達成をチーム一丸でバックアップしてくれたので、自分も精一杯頑張ることができました。

あとは、信頼できるメソッドですね。「このメソッド通りにやれば、結果ってちゃんと出るんだ」と思えた、思わせてくれたところが、ライザップイングリッシュの良さだと感じています。

村上トレーナー:「絶対にやり切らせる」というところは、ライザップイングリッシュの大きな強みですね。「この期間で、この目標をクリアすると決めたのだから、最後まで一緒にやり切りましょう」ということを、ゲストの方にはいつもお伝えしています。

Q:大友さんから見て、村上トレーナーはどのような方ですか?

大友さん:何と言っても、村上さんは絶対的な英語力があるので、そこがとても信頼できます。色々と質問をする中でも、1番知りたいこと、迷っているものに対して的確なアドバイスをくれるので、その辺りが長くお世話になっているポイントなのかなと思っています。

また、良い意味で淡々としているというか、感覚的にも私と合うところがあるので、楽しく勉強できています。高いモチベーションを維持して学習を継続するためには、トレーナーの方との相性はとても大切だと感じます。

Q:村上トレーナーから見て、大友さんはどのような方ですか?

村上トレーナー:本当にすごくたくさんの刺激を受けていますし、学ばせていただいています。

大友さんをはじめ、ライザップイングリッシュにいらっしゃるお客様は、お仕事でも成功されている方が多いんですが、それでもなお、自分の人生をさらに高めようと英語を学習をされているのが本当にすごいと感じています。

大友さんは、最初にお越しいただいたときは産休のタイミングでしたが、今は3人の小さいお子さんを育てながら、お仕事もされ、英語も週2回受講されていて。子育てにお仕事、英語学習と、こんなにも全てを上手く回せる人がいるんだというのは、大友さんを見ていて感じました。

英語学習者へのメッセージ

Q:英語を勉強しようか迷われている方や、ライザップイングリッシュを検討されている方にメッセージをお願いします

村上トレーナー:私は、英語を学ぶことはゴールではなく、その先に何があるかということの方が大事だと考えています。

英語ができないと、どうしても入ってくる情報量や、関われる人がすごく限られてしまうんですね。例えば、自分が好きなことについて日本語でしか検索できないのと、英語でも検索できるのとでは、入ってくる情報量が圧倒的に違います。

英語は、人生を豊かにするためのツールだと思います。学習の過程では大変なこともありますが、最終的に待っているのはとても幸せな未来なので、そこに向かってしっかり勉強していただけたら嬉しいです!

大友さん:私はライザップイングリッシュに2、3年お世話になっているので、目標はその都度違っているんですが、やはり英語ができるようになると、多角的なメリットがあることを感じています。

選択肢を広げるとか、あとは、新しい世界を切り開くという意味で、英語は今後ますますやっていて損はないと思っています。

ライザップイングリッシュで学んで良かったと感じるのは、実例があり、結果が出ることが裏付けられたメソッドがあったことです。トレーナーのアドバイスに沿って学習すると、その学習成果を実感できたというところが、学習を続けられた理由だと思っています。

あとは、長く受講する中で、コースの内容が少しずつ進化しているのも感じています。最初に設定した学習内容や方法に固執せず、常に改善を図られているという点も、ライザップイングリッシュでお世話になりたいと感じる理由です。

工藤カウンセラー:私自身、英語を学ぶために、アメリカのシアトルに1年間留学をしていた経験があります。留学当初は、英語が全然聞き取れなかったですし、相手にも伝わりませんでした。たくさんの失敗を重ね、つらい経験もありましたが、振り返ると「あの時に頑張って英語を学んでおいてよかった」と思います。

先ほど村上も言った通り、英語力が身についたことによって、海外の友人とコミュニケーションをとれたり、気になることを英語で検索したりと、できることがたくさん増えました。そういったことを自由にできると、やはりとても楽しいです。「英語を使えることの素晴らしさを、一人でも多くの日本人の方に味わっていただきたい」という想いで、日々カウンセリングを行っています。

ライザップイングリッシュでは、「絶対に成果を上げる」ということに対して、カウンセラー・トレーナー・ゲストの方の全員がフォーカスし、全力で取り組んでいます。そこが、他社スクールと最も大きく異なる点だと考えています。トレーナーが本気でやるからこそ、ゲストの方もトレーナーを信頼し、最後まで頑張り抜こうと思ってくださるのだと思います。

ライザップイングリッシュのサービスの肝(きも)となっているのは、結果でしっかりお返しできるところです。自分を変えたいと思う方、英語を通して変わりたいと思う気持ちがある方は、ぜひお待ちしております。


4ヶ月の「TOEICコース」受講を通して、250点ものスコアアップを実現された大友さん。短期間で結果を出せた理由として、大友さんが挙げられたのは、根拠のある学習メソッドと、目標達成に向けたチームライザップでの全力サポートでした。一人では挫折しがちな英語学習だからこそ、「結果にコミットする」という意識を、全員が共有している環境に身を置くことが大切なのだと感じました。

ライザップイングリッシュでは、カウンセラーによる英語力診断と目標カウンセリングが無料で提供されています。英語力診断では、単語や文法、リスニングのテストなどを通して総合的に実力をチェックしてもらえるので、現状の英語力や課題を把握したい方にもおすすめです。

英語力診断及び目標カウンセリングは、ライザップイングリッシュの各店舗のほか、オンラインでも受けられます。「英語力を伸ばしたいが、効率的な学習方法が分からない」「一人ではどうしても勉強が続かない」と悩んでいる方は、ぜひ一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)に関する特集記事の一覧

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH) の概要

サービス名 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)
URL https://www.rizap-english.jp/
運営会社名 RIZAP ENGLISH株式会社
本社所在地 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F
スクール所在地 ライザップイングリッシュ 池袋店
(東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 MYTビル5F)
ライザップイングリッシュ 新宿店
(東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階)
ライザップイングリッシュ 銀座店
(東京都中央区銀座3丁目-3番地1 ZOE銀座7F)
ライザップイングリッシュ 新橋店
(東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル7F)
ライザップイングリッシュ 渋谷店
(東京都渋谷区渋谷3-2-3 帝都青山ビル 1F)
設立 2016年4月
資本金 5000万円(2016年4月現在)
入学金 55,000円
教材費用 別途
期間 2ヵ月~
コースと料金 【レッスン内容】
英会話コース
徹底的なアウトプット型トレーニング。英語でのコミュニケーション力を強化し、言いたいことをスムーズに英語で言えるスピーキング力や、ビジネスで実践的に使える英会話力の習得を短期間で目指します。
・英会話コース(全16回・約2ヵ月)
・英会話コース(全24回・約3ヵ月)
・英会話コース(全32回・約4ヵ月)

TOEIC® L&R TESTスコアアップコース
リスニング力・リーディング力の強化はもちろん、TOEIC® L&R TEST独特の解法テクニックもトレーニングし、短期間でのスコアアップを目指します。

【受講費】
英会話コース
全16回(約2ヵ月):437,800円
全24回(約3ヵ月):580,800円
全32回(約4ヵ月):723,800円

TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(受講費は目標スコア別コース共通)
全16 回(約2ヵ月):360,800円
全24 回(約3ヵ月):495,000円(教育訓練給付金制度対象)
全32 回(約4ヵ月):630,080円

WorkDay(ワークデイ)コース
平日12~17時のデイタイムにオンラインで受講する「WorkDay(ワークデイ)コース」。「英会話コース」「TOEIC® L&R TESTスコアアップコース」各24回を、お得な料金で受講できます。

英会話コース(全24回・約3ヵ月):396,000円 
TOEIC® L&Rスコアアップコース(全24回・約3ヵ月):396,000円

※ライザップイングリッシュの学習方法とレッスンを、1日5時間の集中学習でオンライン体験できる「RIZAP ENGLISH ONE」(9,900円・税込)もあります。

※表内に記載の金額はすべて税込です。
※サービス内容・料金については変更されている可能性があります。最新情報についてはホームページを参考にしてください。

【参照サイト】ライザップイングリッシュ公式サイト
【関連ページ】ライザップイングリッシュの口コミ・評判を見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る

TOEICに関する記事の一覧を見る

TOEICのパート別対策に関する記事の一覧を見る

TOEIC対策ランキングの一覧を見る

TOEIC対策におすすめの英語学習サービス

TOEIC対策に強い英会話スクール

TOEIC対策に強い英会話スクールの一覧をまとめています。

TOEIC対策に強いオンライン英会話

TOEIC対策に強いオンライン英会話の一覧をまとめています。