英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」の料金は高い?評判&効果を徹底調査!

プログリット(PROGRIT)は、最短2ヶ月からという短期間で英語力の大幅アップを目指すことができる英語コーチングサービスです。受講生には専属のコンサルタントがつき、一人ひとりの課題に合わせた最適な学習プランを作成。チャットツールを用いた毎日のコーチングや、日々のスケジュール管理、毎週の面談などを通して、受講生が月90時間(1日3時間)の学習をやり抜くことを徹底サポートしてくれます。

一方、受講を検討している多くの人が気になるのが、費用面。プログリットでは、最短の2ヶ月プランでも、入会金を含めると35万円以上という料金になります。果たして、料金に見合った効果は本当に得られるのでしょうか。

この記事では、プログリットのサービス内容や期待できる効果に加え、評判や申し込みの際に気をつけたいポイントなどについても詳しくご紹介しています。プログリットをはじめとした短期集中型英語スクールの受講を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. プログリットとは

サービス名 プログリット(PROGRIT)
URL https://www.progrit.co.jp/
運営会社名 株式会社プログリット
本社所在地 東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル3階
スクール所在地 PROGRIT 有楽町校(東京都千代田区有楽町有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階)
PROGRIT 新橋校(東京都港区新橋2-12-17 新橋INビル3階)
PROGRIT 新宿校(東京都新宿区西新宿1丁目19番6号山手新宿ビル12階)
PROGRIT 渋谷校(東京都渋谷区渋谷1丁目10-1 八千代ビル6階)
PROGRIT 赤坂見附校(東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階)
PROGRIT 神田秋葉原校(東京都千代田区神田須田町1-14-1 MASU no SQUARE 6階)
PROGRIT 池袋校 (東京都豊島区西池袋3-27-12 池袋ウエストパークビル2階)
PROGRIT 六本木校(東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル5階)
PROGRIT 横浜校(神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室)
PROGRIT 名古屋校(愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階)
PROGRIT 阪急梅田校(大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー11階 1号室)
PROGRIT 西梅田校(大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階)
設立 2016年9月6日
資本金 9,891万円
入学金 50,000円
教材費用 レッスン料金に含まれる
期間 2ヶ月 or 3ヶ月
コースと料金 ●ビジネス英会話コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
●TOEIC®コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
●TOEFL iBT® / IELTS コース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)
オンラインコース
・ベーシックプラン・2ヶ月:328,000円(税別)
・スタンダードプラン・3ヶ月:468,000円(税別)

プログリットは、マッキンゼー出身の岡田氏とリクルート出身の山碕氏によって創業された、短期集中型の英語コーチングサービスです。

受講生には専属コンサルタントがつき、毎日のコーチングやスケジュール管理、週次面談によって、受講生の英語学習を徹底的にサポート。受講生は、「学習効率」と「学習時間」の2つを最大限に高めることによって、短期間での大幅な英語力向上を目指すことができます。

実際にプログリットでは、「受講開始1ヶ月でTOEICスコアが100点以上アップした」「苦手だったスピーキングを、8週間で克服できた」など、数々の成果が報告されています。

「自習が9割」というコンセプトに基づくプログリットでは、英語指導そのものは行われません。毎週の面談では、学習進捗を確認するためにヒアリングと複数のテストを実施。結果に基づき、学習方法・内容の提案やコーチングが行われます。

プログリットのコンサルタントは、効率的な時間の使い方や、現状と目標の差を埋めるための方法なども具体的に示してくれるため、受講生からは「英語力だけでなく、タイムマネジメント力も身についた」「問題解決スキルが身につき、仕事でも活かすことができた」などの声も挙がっています。

2. プログリットの内容・特徴は?

次に、プログリットのサービス内容・特徴についてみていきます。

2-1.「応用言語学第二言語習得論」をベースとした個別カリキュラム

プログリットでは、「応用言語学第二言語習得論」をベースに、一人ひとりの受講生に個別のカリキュラムが作成されます。人が母語以外の第二言語を習得する際に効果的と考えられているプロセスに沿って学習を進めることで、効率的に英語力を向上させていくことができます。

プログリットでは、最初にリスニング力やスピーキング力のチェックテストを行い、受講生の英語力における課題を分析。また、短期・長期目標も考慮に入れた上で、個々の受講生にとって最適なカリキュラムが作成されます。

2-2. 専属コンサルタントが「1日3時間」の学習を徹底サポート

英語を習得するためには、「学習効率」とともに「学習時間」を最大化することが重要であるとプログリットでは考えています。忙しい社会人にとって、学習時間を確保し続けることは決して簡単ではありませんが、プログリットには学習を継続するための仕組みが整えられています。

徹底したスケジュール管理

プログリットでは、アプリやパソコンなどを用いて、受講生の学習予定と実績を徹底管理。それぞれのトレーニングを、「いつ」「どこで」行うかといったように、具体的な学習予定を1日単位で立てていくため、計画を確実に実行していくことができます。

週次面談

プログリットでは毎週、校舎もしくはオンラインで面談を実施。ヒアリングや複数のテストによって、学習実施状況の確認が行われます。学習進捗や習得度合いを、専属コンサルタントから直接、定期的に確認されるという仕組みがあるため、学習意欲を保ち続けることができます。

チャットツールを用いた英語コーチング

受講生はチャットツールを用いて、毎日学習開始時と終了時にコンサルタントに報告します。担当者に勉強の報告を行う仕組みが、一人では挫折しがちな学習の継続を後押ししてくれます。また、シャドーイング音声の添削フィードバックや、質問に対する回答なども必ず24時間以内に受け取ることができるため、壁にぶつかることなく学習を進めていくことができます。

仕事が忙しかったり、勉強のモチベーションがどうしても上がらなかったりといった場合にも、担当コンサルタントにチャットで気軽に相談することが可能。英語学習が辛くなってしまっても、親身になってサポートしてくれます。

3. プログリットの効果は?

ここからは、プログリットを受講することで期待できる効果についてみていきます。

3-1. 短期間での大幅な英語力アップ

「学習効率」と「学習時間」の2つを最大限に高めるプログリットでは、2~3ヶ月という短期間で、英語力の大幅アップを目指すことができます。プログリットの受講生は、第二言語習得論に基づく無駄のない個別カリキュラムを、専属コンサルタントのサポートのもと1日3時間実践します。

一人ひとりに合わせてカリキュラムが作成されるため、初心者から上級者まで、どんなレベルでも対応してもらうことができます。実際に、プログリット受講者の約3割は英語初心者です。受講開始時のTOEIC®スコアの割合をみてみると、33%の方が450点以下からのスタートであることが分かります。

プログリット受講開始時点でのTOEIC®スコアの割合

プログリットのTOEIC®︎ L&R TEST コースでは、受講後のスコアは最高370点アップ(365点⇒735点)。また、平均でも142点アップと、3ヶ月という短期間で受講生はスコアを飛躍的に伸ばしています。

また、TOEIC以外のコースでも、「2ヶ月でVERSANT®が9点アップした」「リスニング力が劇的に向上した」「苦手だったスピーキングを、8週間で克服できた」といった数々の成果が報告されています。

3-2. 「勉強の仕方」を学べるから、卒業後にも自走できる

受講期間後に自走できる力が身につくのも、プログリットの魅力です。「英語力を伸ばすために必要なことは、良質な自習」と考えるプログリットでは、受講生が勉強の仕方を身につけることに重きが置かれています。たとえば英語の文法に関する質問に対しては、すぐに該当文法の解説がなされるのではなく、「文法の調べ方」がまずは伝えられます。そして、それでも分からない場合には、コンサルタントがサポートをしながら一緒に答えへと導いてくれます。

英語学習に必要な本質的な力が鍛えられることで、卒業後にも学習を継続し、英語力を伸ばし続けることができます。

3-3. タイムマネジメント力や問題解決スキルも身につく

英語力の向上に加えて、プログリットを受講した人の多くから聞かれるのが「時間を効率的に使えるようになった」「問題解決スキルが身につき、仕事に活かすことができた」などの声です。

プログリットの受講生の多くはビジネスパーソンなので、受講期間中は仕事と1日3時間の英語学習を両立させる必要があります。自分だけの力では簡単なことではありませんが、プログリットでは、採用率わずか1%という厳しい選考を突破した、高い英語力と問題解決能力を有したコンサルタントが、専属で受講生をサポート。学習時間を捻出するための24時間の使い方や、現状と目標の差を埋めるための解決策を具体的に示してくれます。

タイムマネジメント力や問題解決スキルといった汎用性の高いスキルが身につくので、英語習得以外の目標達成を目指す上でも役立ちます。受講生からは、「卒業後の人生が変わる」「英語面以外の仕事面・私生活にも変化があった」「違った世界が広がる」などの声が挙がっています。

4. プログリット受講前に確認しておきたいポイント

次に、プログリットの受講を検討している人が、事前に確認しておきたいポイントについてみていきます。

4-1. 2ヶ月・35万円以上、3ヶ月・50万円超の料金体系

プログリットの料金は、入学金の50,000円を含めると、2ヶ月で378,000円、3ヶ月では518,000円(税別)。月々数千円程度で受講できるオンライン英会話サービスなどと比較すると、割高に感じてしまうという人は少なくないでしょう。

ただ、プログリットの人気コース「ビジネス英会話コース(3ヶ月)」は、厚生労働省指定の一般教育訓練給付制度対象コースとなっています。そのため、厚生労働省の定める要件を満たした場合には、受講者本人が支払った受講費用(入会金を含む)の20%に相当する額(最大10万円)がハローワークから支給されます。

具体的な金額をみてみると、ビジネス英会話コース(3ヶ月)は通常、入会金50,000円と受講料468,000円で合計518,000円(税別)ですが、制度を利用すると 418,000円(税別)となります。さらに、TOEIC®︎L&R TEST(公開)を0円で受験することができます。紹介割引やキャンペーンなど、他の割引と併用することも可能なので、料金面がネックとなり受講を迷っている人にとっては、検討する価値のある制度といえます。(※一般教育訓練給付制度の詳細については、プログリット(PROGRIT)のウェブサイトをご確認ください。)

また、実際にサービスを受ける期間は2、3ヶ月が中心ですが、その効果はコース修了後も持続することが期待できます。プログリットを実際に受講した人からは、「学習が生活の一部になった」「週間予定を計画し、実行し、レビューするというサイクルを期間中常に回し続けたため、英語学習が習慣になった」などの声が多く聞かれます。また、「タイムマネジメント力や、モチベーションを維持する力など、英語学習以外でも役立つスキルが得られるので、卒業後の人生が変わると思う」という声も挙がっています。

料金そのものは決して小さなものとは言えませんが、コースを終えた後にも持続する学習効果や、英語学習以外の様々なことにも応用できるスキルが身につくことを考慮に入れると、金額以上の価値があるサービスとも考えられます。

4-2. 英語指導は行われない

プログリットでは、「学習者である受講生にとって、本当に役立つものを提供する」という考えに基づき、英語自体のティーチングは行われません。

週次面談では、英語指導ではなく、学習状況のヒアリングや英語診断を主に実施。結果に基づき、学習方法・内容の提案やコーチングがコンサルタントによって行われます。効果的な勉強方法を学べるため、卒業後にも自身で効果的に学習を継続できる力が身につきますが、従来の英会話スクールなどが提供するサービスとは大きく異なります。そのため、「毎回英会話レッスンを受けたい」という方や、「英文法を先生から直接教わりたい」という方が期待する内容とは差異があるでしょう。

プログリットでは、英語そのものの指導は基本的に行われていませんが、質問や相談に対するサポートは充実しています。毎週の面談時以外にも、チャットツールを用いて質問をすれば、必ず24時間以内に回答を受け取ることが可能。また、教材や学習量、取り組み方などについても、「なぜそれを行うのか」という理由とともに明示してもらえるため、初心者でも迷うことなく学習を進めることができます。

4-3. 校舎は全国に12校なので、地域によっては通学が難しい

プログリットの校舎は現在全国で12校(有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田)。住んでいる地域によっては、サービスに興味はあるものの、距離の関係で通学が難しいという人も少なくないでしょう。

ただ、プログリットには、各校舎で提供されるすべてのサービスが受けられる「オンラインコース」もあります。実際にプログリットでは、校舎から離れた場所にお住まいの方や、多忙で通学時間がをとるのが難しい方などがオンラインコースを選択されており、校舎に通う場合と同等の成果が上がっているといいます。

5. プログリットの評判・口コミ

プログリットを受講もしくは検討中の方からは、次のような評価がされています。

  • 英語コーチングのプログリットを初めて2週間。仕事しつつ毎日3時間英語勉強してるの、我ながらすごい。これ3ヶ月やれば、英語力伸びるのはもちろん「毎日3時間勉強する」って習慣が身につくのが、1番の財産かも。
  • 昨日は面談でリスニングテスト。まだ完璧ではないけれど、プログリット開始前と比べて恐ろしいほど英語が聞き取れるようになっていて感動。
  • 旅行来てる海外の方から突然英語で道やおすすめ聞かれたけど、普通に答えてる自分にびっくりした。
  • 体系的に要因を分解し学習を仕組み化するところはさすがコンサルタント。
  • まだ1週目だけど、これは良いサービスだなぁ。独学、英会話スクール、留学、全部やったけど1番良い。英語出てくるようになってるな~って思うし、ネイティブスピードにも慣れてきた気がする。
  • プログリットの無料カウンセリングに行ったら、担当コンサルタントがまさかの社長さんでした!英語コーチングスクールはたくさんあるけど、プログリットは特に学習の質と量にこだわってる感じ。社長自ら現場の最前線に繰り出すというのも、素晴らしい姿勢だと思う。

※個人の感想です。サービスの最新情報については、プログリットのウェブサイトをご確認ください。

5-1.「英語力の伸びを実感」「学習習慣が身についた」などの声

実際にプログリットを受講した人からは、受講前と比べて英語力が大幅に伸びたことを実感しているという声や、毎日の英語学習が習慣化したという声などが聞かれています。また、コンサルタントのスキルや姿勢を評価する声も挙がっています。

5-2.「課題の量が多い」「授業料が懸念」などの声も

一方で、課題の量が多くてつらいという声や、サービス自体に興味はあるものの、授業料がネックといった声なども聞かれます。

  • 英語は楽しんで学ぶものだと思ってる私からするとプログリットは本当に苦しかった。
  • 英語勉強したいと思ってプログリット調べたら、3ヶ月50万とか書いてて泣いちゃった。
  • みんなプログリット勧めてくるから今すぐやろうか迷ってる。カウンセリング予約してみた。でもやってる人みんな寝不足で超眠そう
  • 職場で英語の必要性を痛感したので10日前からプログリットを始めました!! お値段の関係もあって2ヶ月契約だけど頑張ります!!

6. プログリットで成果を上げるためのポイント

プログリットでは、コンサルタントが受講生のタイムマネジメントまでを含めて徹底的にサポートをしてくれます。しかし、実際に学習を行うのは受講者自身なので、本気で英語と向き合うという姿勢は不可欠です。プログリットで最大の学習効果を上げるためには、コンサルタントが作成する1日3時間という量の学習プログラムを、毎日着実にこなすことが求められます。

短期間でのTOEICスコア大幅アップなど、プログリットを受講して大きな成果を上げた人たちからは、「コンサルタントを信頼して、言われたことをやり続けた」「今までやってきた我流の方法を捨て、プロの意見を聞いた」「素直にコンサルタントについていくことがポイント」といった声が聞かれています。

7. プログリット 無料カウンセリングの申し込み方法

step1.「無料カウンセリング予約フォーム」から予約

プログリット(PROGRIT)のウェブサイトにある「無料カウンセリング予約フォーム」に、「氏名」「希望校舎」「希望日」などを記入します。

「無料カウンセリングのお申し込みに関する個人情報の取扱いについて」を確認・同意後、「無料カウンセリングに申し込む」をクリックします。

step2.メール・電話で担当者から連絡がくる

申し込みから24時間以内に、プログリット担当者から連絡があり、日時や場所の確認・調整を行います。

step3.無料カウンセリング当日に、校舎へ

無料カウンセリング当日に校舎へ。英語力診断の後、結果に基づき現状の課題を特定。1日に取り組むべき最適な学習内容や量を提案してもらえます。

8. まとめ

プログリットは、受講生の「学習効率」と「学習時間」を最大化するために、専属コンサルタントが毎週の面談や毎日のチャットツールによるコーチングなどで、徹底的にサポートしてくれるサービスです。3ヶ月前後という短期間で英語力の飛躍的な向上を目指すことができることに加え、タイムマネジメント力や問題解決スキルも養うことができると、ビジネスパーソンを中心に支持を集めています。一方で、決して小さくはない額の費用と、1日3時間の学習をこなすという覚悟も必要となります。

短期集中型の英語コーチングサービスを検討している人は、今回ご紹介した特徴や注意点を踏まえて、ぜひスクール選びの参考にしてみてください。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る