医師・医療機器・医薬品業界の英語を学べる英会話サービスの比較・ランキング

医療・医療機器・医薬品業界では、かつてないほどに英語を使える人材に対するニーズが高まっています。医師や看護師など医療現場で患者の方と接する方の場合、最近では日本に長期滞在している外国人だけではなく旅行などの短期滞在でやってきた訪日観光客の対応をしなければいけないケースも増えており、英語対応が可能な医療機関であるかどうかが経営上の重要なポイントになってきています。

また、医療機器・医薬品業界では以前より外資系企業の勢いが増しており、社員の多国籍化も進んでいるため、ミーティングやカンファレンス出席、海外からのVIP対応、セールスやマーケティングなどあらゆる場面で日常的に英語を使用して仕事をする必要性が高まっています。また、最近では国内製薬最大手の武田薬品工業が2014年に元グラクソ・スミスクラインのクリストフ・ウェバー氏を社長に迎えるなど、国内企業も急速にグローバル化を進めています。

英語が使える人材に対するニーズは高まる一方ですが、医療・医薬品業界の英語は一般的なビジネス英会話ではカバーしきれない専門的な用語も多く登場するため、業界に特化した英語学習プログラムを利用するのがおすすめです。そこで、ここでは、医療・医療機器・医薬品に特化したおすすめの英語学習プログラムをご紹介します。

会計・経理の英語を学べるオンライン英会話

職業別レッスンプログラムがあるmytutor(マイチューター)」

オンライン英会話のmytutorでは、専門職の方の即戦力を養うために最適化され、各分野で必要とされる最新情報を盛り込んだ英語をシチュエーションで学ぶことができる、職業別のレッスンプログラムが用意されています。医療関係のプログラムとしては、医療テキストを読む語彙力と患者や同僚と英語でコミュニケーションを図る能力の養成を目的とした医師・看護師・医療関連職者向けの「Medicine 1&2 [医師、医療、医薬品](12ユニット 48レッスン/25分)」、製薬会社の様々なポジションで働く社員が英語で円滑にコミュニケーションをとれるようなることを目的とした「Pharmaceutical [製薬、医薬品業界](6ユニット 50レッスン/25分)」の2種類が用意されており、専門性の高い業務にマッチしたレッスンだけを受けることができます。

医療・薬学業界特化プログラムがある「EFイングリッシュライブ」

スウェーデンに本拠を置く世界最大級の私立語学教育機関のEF(エデュケーション・ファースト)グループが提供するオンライン英語学習サービスの「EFイングリッシュライブ」では、実用性の高い英語を最短で習得できるよう職業別英語コースが用意されています。LTA PLUSプランには全17業種の職業別英語コースがあり、医療・薬学業界に特化したプログラムがあります。医療業界のための英語としては、症状の分析や診断書の作成、患者を安心させアドバイスをする、医療業界でのキャリアについて話すなど、必要不可欠な英語スキルを学ぶことができます。また、薬学業界のための英語としては薬の効果を説明する、ワクチンに対するアドバイスをする、薬学業界の刊行物を正確に読んで要約するといった業務の土台となる英語をマスターすることができます。EFイングリッシュライブは24時間レッスン可能で受講生満足度も98%と非常に高く、大変おすすめのサービスです。7日間の無料体験が可能なので、興味がある方はまず試しに使ってみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?医療・医薬品関連の仕事をされており、英語が必要だという方は、むやみやたらに英語を勉強するのではなく、まずは自分の業務に直結する英語をしっかりと身につけることをおすすめします。ぜひ上記のサービスを活用して実践的な英語力を身につけ、仕事やキャリアアップに活かしましょう。

業界・職種別におすすめの英会話サービスを探す

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。