40代から英会話スクールに通学しても大丈夫でしょうか?

40代になってからはじめて英会話スクールを受講することに不安を感じる方もいるようです。

英会話スクールでは、幅広い年代の受講生が学んでいます。仕事の忙しさに加え、家庭や子育てなど様々な心配事を抱えている世代でも、バランスよく学び、無理なく英語力向上させられるプログラムが用意されています。

ここでは特に40代だからこそ得られる、英会話スクールへの通学のメリットをご紹介します。

豊富なトピック

英会話を始める年代は、学生から70〜80代のシニア層まで幅広く存在します。その中でも40代の受講生たちは、ちょうど真ん中に位置する層としてフレキシブルに会話を進められる人が多いのがポイントです。特に「釣り」や「スポーツ観戦」、「海外旅行」など、様々な趣味を持っている人が集中する年代であり、それらをレッスン中にトピックとして活用し、会話を楽しくリードする受講生が多く見られます。そのため「何を話すか」が豊富である点が、英会話を始める際の大きなアドバンテージとなります。

学業以外で英語使用経験がある

学校や大学を卒業してから現在までにある程度の期間を経ている年代では、仕事やボランティアなど何らかの英語業務に関わった経験のある人も多いようです。そのため、自分にとって必要な英語力がはっきりと見えてくる世代でもあります。実際に、「Eメール程度ならなんとかなるけれども、会議やプレゼンでのスピーキング力をつけたい」といった具体的な目的を持って入学する人が多く見られます。「自分は話せない」と感じるよりも、このように「自分に欠けているスキルを向上させる」と発想を変えることで、より心理的ハードルが低くなり、目標も明確になります。

キャリアアップ・転職に有利となる

働き盛りの年代にあたる40代では、さらなるキャリアアップを実現するために英会話スクールへ通い始める人も見られます。職務上カバーする領域が広がり、海外の取引先とのやり取り、さらには長期の海外転勤などを求められることもあるでしょう。また、さらなる飛躍を求めて、転職を考えている人も多いのではないでしょうか。職務経験が十分にある年代ですが、そこに英語スキルを追加することで、未来のチャンスを大幅に広げることができます。

英会話スクールに関するよくある質問の一覧を見る

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る