50代から英会話スクールに通学して大丈夫でしょうか?

英会話スクールというと「若い人が中心」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし実際のスクールでは、年齢層はバランス良く分布しているため、50代の人が中心となって受講しているレッスンも少なくありません。ここでは、50代だからこそ得られるメリットを解説したいと思います。

英会話に必要な「自信」がすでにある

50代に入ると、ビジネスなどで責任ある地位についている人も多くなります。そのような人には、英語を話す際に必要な「自信」がすでに身についているため、若い世代に時折見受けられる「物怖じして発話できない」心配が少ない世代だと言えるでしょう。また、海外出張などの経験が豊富なのも50代の受講生たちに見られる傾向です。海外についてのトピックがしばしば話題にあがる英会話スクールですが、多様な経験をもつこの年代層の人にとっては、発話するチャンスも自然と多くなります。

様々な動機の受講生

「ビジネスで必要」という動機で通学する人がいる一方で、普段は主婦という受講生には「趣味・教養」のひとつとして英会話を始めるという動機が見られます。趣味目的の受講生の中には、洋書を読んでいたり、洋画の大ファンだったりと、多様な学習スタイルが見られるようになります。このように「楽しみとしての英語」というスタンスでリラックスして始められるのも、時間やお金に余裕が増してくる50代生徒のポイントです。

心のゆとり

英会話レッスンがスムースに進むためには、英語力だけでなく「相手を深く理解する力」も大切になります。50代の生徒たちの間では、キャリアも安定して、子育ても一段落、といった「心に余裕のある」人たちが多く見受けられます。そのため、レッスン中にクラスメートにアドバイスしてあげたり、ジョークで雰囲気をなごませようと気遣いができる人が多く見られます。そのようなゆとりは、クラス全体にも受講者本人にもプラスに働き、ときには英語力向上を加速させます。

英会話スクールに関するよくある質問の一覧を見る

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る