人気オンライン英会話3社のビジネス英語コースを徹底比較!

グローバル化によって、実際のビジネスシーンで通用する英語を身につけることがますます重視されるようになりました。限られた時間の中で効率的にビジネス英語を習得するために、いつでもどこでも気軽に受けられるオンラインレッスンの受講を考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、ビジネスパーソンにおすすめのオンライン英会話サービスを3つ厳選し、それぞれのビジネス英語コースの特徴や強みをご紹介します。

英語だけでなくビジネス素養まで学べる「Bizmates(ビズメイツ)」

Bizmatesは、受講者の90%が上達を実感しているというビジネス特化型オンライン英会話サービスです。厳しい採用条件をクリアし、継続的にトレーニングを受けているトレーナーからマンツーマンでレッスンが受けられます。トレーナーは全員がビジネス経験者で、MBAを持つ人もいます。各業界に精通したトレーナーから自分の職種に合ったスキルを学び、グローバルな環境でリーダーシップを発揮できるレベルの英語力獲得を目指すことができます。

4つのタイプから選べるレッスン&自習用コンテンツ

レッスンは、ビジネスにおける基本的なコミュニケーションを学ぶコアプログラム「Bizmates Program」、Eメールライティングなどの特定スキルにフォーカスした「Other Programs」、プレゼンの予行練習や英文メールの添削など、ビジネス経験豊富なトレーナーからのビジネスに関するサポートが受けられる「Assist Lesson」、様々な題材のエッセイを用いて異文化ディスカッションを行う「Discovery」の4つのタイプから選ぶことができます。また、Bizmatesプログラムの教材と完全連動したVideo Lesson(有料)や、役立つ英単語やフレーズなどを動画で学べるBizmates Channel(無料)といった自習用コンテンツも充実しています。

ビジネスに必要な「5つの素養」を高める

「ビジネス英会話」に加えて、グローバルビジネスで成果を上げるための「効果的なコミュニケーションスキル」、「信頼関係を築くための人間性」、「異なる文化や価値観を受け入れるマインド(ダイバーシティ)」、「周囲を巻き込んで進める力(リーダーシップ)」など、現代に必須である5つの素養が身につくようプログラムが設計されているのも大きな特徴です。英語力だけでなく、多文化的な環境で実力を発揮したい人にはぜひおすすめです。

「流暢性✕正確性」の強化でビジネスでの実践力を強化する「レアジョブ英会話」

レアジョブ英会話は、オンライン英会話業界で初の上場を果たし、累計会員数70万人を誇るサービスです。言語習得に効果的とされる「PCPPモデル」と呼ばれるメソッドに基づいた独自教材を用い、毎回のレッスンごとに設定されているゴールを目指すことで、学習を効果的に進めることができます。

ライティング練習を含む4技能のトレーニングが可能

基礎的英語力を身につけ、面接や会議のようなシチュエーション別の英語、自分の仕事に関連のあるトピックなどが練習できるレッスンがレベル別に用意されています。教材では、外国人の同僚との会話から、英語でのプレゼン、さらにM&Aなどといった様々なビジネスのトピックが扱われます。また、一定以上のレベルに達すると、スピーキング、リスニング、リーディングに加えてライティングも学ぶことができるため、総合的なビジネス英会話のスキルを身につけたいという方におすすめのオンライン英会話です。

全講師中トップ10%の厳選されたビジネス認定講師による指導

「ビジネス英会話コース」では、TESOL保持者によって訓練され、厳しい基準をクリアしたビジネス認定講師からレッスンを受講することができます。カリキュラムは「流暢性(fluency)」だけでなく「正確性(accuracy)」もアップできるようデザインされています。レッスンでは、講師からこまめに間違い修正が行われるため、ビジネスシーンで求められる正確な英語表現をしっかり定着させることができます。さらにレッスン後には講師から「語彙」、「文法」、「発音」について細かなフィードバックがもらえるので、常に現在の英語力や自分が苦手とする箇所をチェックでき、上達を効率化させる仕組みとなっています。

豊富なオプションでビジネス英語学習をサポート「産経オンライン英会話」

産経オンライン英会話は、英語力だけでなく、表情、発音、指導スキルなどを含めた5段階の厳しい選考プロセスをパスした講師陣からレッスンが受けられます。予約はレッスンの30分前まで受け付けており、週末にまとめて受講できるプランなど、平日は忙しいビジネスパーソンにとって嬉しいシステムも用意しています。

TOEICスコアを目安としたレベル分け

TOEICスコアでは350点までのレベルに該当する「初級」から、「初中級」(TOEIC 350〜500)、「中級」(TOEIC 500〜750)、「中上級」(TOEIC 750〜900)の4つのレベルごとに、無料でダウンロードできる豊富なオリジナルテキストが用意されています。ビジネスシーンにおける基礎的なコミュニケーションスキルから海外出張、さらに英語での会議まで、様々な場面での対応力や、自分の考えを発信する力を身につけることができます。

短期集中型のコーチング型プログラムなど豊富なオプション

英語を学習するにあたって「何から手を付けたらよいかわからない」「正しい勉強法を学びたい」という人は、短期集中コーチング型の「スピーキング初心者脱出プログラム」を追加すれば、専任日本人コンサルタントによるオリジナル学習プランの作成や進捗状況のチェックといった手厚いサポートを受けることができます(2ヶ月・全7回の「ライトプラン」と、3ヶ月・全11回の「スタンダード」)。日本語を交えたレッスンや学習アドバイスを求める人には、1コマ単位で追加できる日本人コンサルタントによるセッションも用意されています。さらに、24時間利用が可能なメールライティング講座など、ビジネス英語を強化したい人にこそおすすめのオプションが充実しています。

まとめ

最後に、3社のビジネスコースを比較し、受講を検討中の方のニーズ別に相性の良さそうなサービスとその特徴をまとめてみました。

  • 英語力のみならず、ビジネスで必要な総合的スキルを視野に入れつつ「グローバルなリーダーシップを発揮したい」と高い目標を持つ人にはビジネス特化型のオンライン英会話「Bizmates
  • 言語習得論に基づいたメソッドで、きめ細かな指導を受けつつビジネス英会話のスキルを着実に身につけたい人には「レアジョブ英会話
  • 豊富なテキストに触れたい人や様々なオプションで学習の幅を広げたい人には「産経オンライン英会話

オンライン英会話はリーズナブルな価格で頻繁にレッスンを受講できるため、忙しい人でも効率よく短期間でビジネス英語を習得することが可能です。グローバル化が加速するビジネスシーンで求められる英語をしっかりと身につけたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてトライしてみましょう!

※各サービスに関する情報は、2019年10月現在のデータに基づくものです。変更の可能性がありますので、お申込みの際は各社の公式サイト等で詳細をご確認ください。

【関連ページ】【2019年】本当におすすめできる人気のオンライン英会話20社を徹底比較!
【関連ページ】【東京】ビジネス英語を学びたい社会人におすすめの英会話スクールまとめ

The following two tabs change content below.
Bob

Bob

3ヶ月のロンドン滞在中に英会話にのめり込み、日本国内で自主学習×オンライン英会話にて英語を習得。英語対応コールセンター、外資系企業勤務などを経て、英会話スクールを運営。現在はフリーランスのオンライン英会話トレーナーとして活動中。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る