英語学習コーチング「STRAIL(ストレイル)」、自宅で利用可能なオンラインAIスピーキング評価ツールの提供を開始

英語学習コーチングサービス「STRAIL(ストレイル)」が10月12日、同サービスの受講生が自宅からでも利用できる、スピーキングスキル評価測定ツールをリリースしました。

今回の評価測定ツールには、EdTechベンチャーであるアイード株式会社の英語スピーキング評価AI技術「CHIVOXセンテンスカーネル」を搭載。英語発話時の正確性を、学習者自身で測定することが可能になりました。

英語学習コーチング「STRAIL(ストレイル)」について

「STRAIL」は、言語習得についての知見を有する専門家のコンサルティングにより、受講生の学習効果と生産性を最大化する、自習型の英語学習コーチングサービスです。

コンサルタントは、第⼆⾔語習得研究の知見に基づき、受講生の課題を発見。受講生は、自身の課題解決にフォーカスした個別カリキュラムに取り組めるため、短期間での英語力大幅アップを目指せるのが特徴です。実際にSTRAILでは、3ヶ月でTOEICスコア300点以上アップなど、数々の実績をあげています。

STRAILでは、2018年12月のサービス提供開始時より、対面とオンラインの両方でサービスを提供。2020年7月には在籍受講生数が過去最高を記録する中、オンラインでの受講割合が約80%を占めるまでに拡大するなど、新しい様式での学習体験が支持を集めています。

対面での受講と同様に、オンライン受講でも短期間で英語力を伸ばすため、STRAILではこれまでも「アプリを用いた学習進捗サポート」をはじめとする様々なサービスを提供。今回、「AIを用いたアセスメントツール」がサービスに追加されたことで、受講生の学習効率がさらに高まることが期待されます。

STRAILのスピーキングスキル評価測定ツールについて

今回リリースされた評価ツールは、第二言語習得において効果的とされる「パターンプラクティス」の発話内容を評価対象とします。

「パターンプラクティス」とは、基本文法を用いた文を繰り返し声に出して練習するトレーニングです。与えられた日本語を素早く英語に訳すトレーニングを繰り返すことで、基礎文法を定着させるとともに、瞬発的に英語を話す力を鍛えます。

本ツールでは、画面に表示された日本語を見て、学習者が発話した英語音声を録音。音声は、解答テキスト及びネイティブの標準的な発音音声モデルからなる独自アルゴリズムによって、分析・評価されます。

単元選択画面イメージ

評価画面イメージ

採用されている英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX」は、学習者のスピーキング能力を「発音」「流暢さ」「内容」「文法」等の項目で診断し、改善点のフィードバックを行うことが可能。世界では1,000社以上の製品に採用されており、毎月6億回以上のスピーキング能力評価が行われています。


自宅からでもアクセス可能なオンラインAIスピーキング評価ツールの導入により、より効率的かつ快適に英語を学べるようになったSTRAIL。

STRAILでは10月31日まで、受講料が最大45,500円OFFとなる「秋の英語コーチング割引キャンペーン」も開催されています。サービス内容が気になるという方は、独自の課題発見メソッドを60分で体験できる無料説明会もオンラインで実施されているので、ぜひ効果を体感してみてはいかがでしょうか。

【参照サイト】STRAIL公式サイト
【関連記事】STRAILの口コミ・評判を見る
【関連記事】英語コーチング「STRAIL(ストレイル)」のオンライン無料コンサルティングを体験レポート!

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る