【ENGLISH COMPANY特集・第1回】30分でも英語力がアップ?無料体験トレーニングを徹底レポート

英語のパーソナルトレーナーをつけ、言語習得の科学である「第二言語習得研究」の知見をベースにしたトレーニングにより90日間で飛躍的に英語力を高めるプログラムを提供するENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

ENGLISH COMPANYは受講生が短期間で続々とTOEICスコアアップを果たすなど圧倒的な実績が話題を呼んでおり、現在は都内を中心に10か所あるスタジオに400名以上の受講生が通学中で、さらに400名以上が新規受講開始待ちの状態であるなど、業界屈指の英語コーチングスクールへと成長しています。

なぜENGLISH COMPANYはそこまで高い人気を誇り、実際に圧倒的な成果を上げることができるのか?その秘訣を探るべく、English Hub編集部では前回のインタビュー「英語教育から非効率をなくし、日本人と英語の関係を変えたい」に引き続き、同スクールの内部に潜入取材してきました!

今回は、なかなか外部からは分からないENGLISH COMPANYの内部に迫り、同スクールの魅力を全3回に分けてお伝えします。同スクールへの入会を検討中の方はもちろん、理論に基づくより効率的な英語学習法を探しているという方はぜひ参考にしてください。

第1回「30分でも英語力がアップ?無料体験トレーニングを徹底レポート」

今回、English Hub編集部ではENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングを実際に受講させていただきました。トレーニングを担当してくれたのは、同スクールでパーソナルトレーナーとして勤務した後、現在はデジタルマーケティング担当としてご活躍されている青木亜衣さんです。

ENGLISH COMPANY パーソナルトレーナー(現デジタルマーケティング担当)青木亜衣さん

無料体験トレーニングの流れ

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングは、大きく以下の流れで進んでいきます(体験トレーニングの内容は個別に変わることがありますので、あくまで一例とお考え下さい)。

  1. カウンセリング
  2. 体験トレーニング
  3. アドバイス

カウンセリング

まずはレッスンを始める前に簡単な自己紹介を行い、パーソナルトレーナーの青木さんがこれまでの英語学習歴や英語学習の目的、目標となる状態などをヒアリングしてくれました。この内容に基づいて体験トレーニングのレベルが調整されます。今回体験トレーニングを受講したEnglish Hub編集部スタッフはすでにTOEIC900点以上と一定の英語力があったため、難易度が高い教材を用意されました。

体験トレーニング

ヒアリングを終えたら、いよいよ体験トレーニングです。今回の体験トレーニングでは、30分程度の時間で下記のようなさまざまなトレーニングをみっちりと行いました。

  1. リスニング
  2. 単語チェック
  3. チャンク(単語のかたまり)ごとのリスニング
  4. チャンク(単語のかたまり)ごとのリーディング
  5. サイトラ(サイト・トランスレーション)
  6. 音読
  7. 穴埋め音読
  8. シャドーイング

体験トレーニングは、最初にTOEICテストで流れてくるような30秒ほどのスクリプトをリスニングするところから始まります。スクリプトを聴いた後にどんな内容だったかをパーソナルトレーナーの青木さんから尋ねられましたが、最初の時点で理解できたのは全体の6割程度。ところどころはっきりと聞こえる単語を手がかりに漠然としたシーンは分かりましたが、正確な内容までは掴めませんでした。

そして、その後はスクリプトに出てきた単語のチェック、チャンクごとのリスニング、リーディング、サイトラ、音読とトレーニングが続いていきます。いずれも脳に負荷がかかるかなりハードなものでした。

これらのさまざまなトレーニングを指示通りにテンポよく進めた結果、30分後には最初は6割程度しか理解できなかった内容がしっかりと聴き取れるようになり、最終的にはシャドーイング(流れてくる音声を即座に復唱すること)までできるようになりました。

たった30分のトレーニングでも、受ける前と受けた後では最初に聴いたリスニング音声に対する理解力が全く異なっているのには驚きましたが、これがENGLISH COMPANYの凄さなのだと実感しました。

なぜ短時間でそこまで変わるのか、こちらのページですべてをご紹介することは難しいので、興味がある方はぜひ実際にENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングを受けてみてください。

アドバイス

体験トレーニング後は、青木さんから現状の課題の指摘と今後の学習についてのアドバイスをいただきました。青木さんいわく、今回レッスンを受講したスタッフの課題は、第二言語習得の観点から言うと「意味処理の速度」にあるとのこと。

リスニングしたときの「音声知覚」については問題がないが、聴こえてきた単語の「意味処理」に時間がかかってしまっているため、結果としてワーキングメモリ(作業に必要な情報を一時的に記憶する能力)のリソースを多く消費してしまい、短期記憶に活用できるリソースが足りなくなっている。そのため、リスニングした内容を後から説明しようとしても思い出せなくなっている、と分析していただきました。

単語や熟語を見た瞬間にその意味が分かるようにしないとネイティブが話すスピードのリスニングのときにはすぐに置いて行かれてしまうため、まずは意味処理の速度を上げるためのトレーニングを行うと効果的とのこと。

確かに、最初のスクリプトを聴いたとき、音声が流れている最中はほとんど全ての意味を追えているつもりだったのですが、実際に後から説明を求められると、何を言っていたのかを忘れてしまい、うまく説明することができませんでした。「何を言っているのかを正確に聴き取ろう」と意識を集中してしまったぶん、内容までしっかり記憶できていなかったということであり、青木さんの指摘は非常に的確だと感じました。

青木さんによると、生徒によっても苦手なところは違うので、そもそも発音ができない、音読ができないという方の場合は音声変化の理論について学ぶこともあれば、スピーキングを鍛えたい場合はスクリプトの内容について尋ねてみて英語で回答するトレーニングをすることもあるとのこと。受講生一人一人の課題に合わせ、課題に合ったトレーニングを実施していくのがENGLISH COMPANYのスタイルだということです。

ENGLISH COMPANYのトレーニングが凄いと感じた3つのポイント

実際に無料体験トレーニングを受けてみて、ENGLISH COMPANYが凄いと感じたポイントを3つご紹介します。

  1. 全てのトレーニング内容と順番に意味がある
  2. パーソナルトレーナーが無料体験トレーニングのなかで課題を発見してくれる
  3. 脳に負荷がかかるトレーニング内容

1. 全てのトレーニング内容と順番に意味がある

無料体験トレーニング後に教えていただいたのですが、実はこのENGLISH COMPANYのトレーニングは、最初から最後まで何をどのような順番でやるのか、全てが第二言語習得の科学的知見をベースとして構成されています。

例えば、無料体験トレーニングでは最初にリスニング音声を聴き、次にそのスクリプトに出てくる単語リストを渡され、一つずつ意味をチェックしていきます。また、単語はただ覚えるだけではなく声に出し、その後は英語を見て即座に日本語を答えるトレーニングをし、その後にもう一度リスニング音声を聴きます。

そのうえでリーディングやサイトラ、シャドーイングといった次のトレーニングに移っていきます。このように、レッスンはあらかじめ決められた一連の流れに沿って進んでいくのですが、実はその内容や順番の一つ一つにしっかりとした意味があるのです。

なぜ音読の前に単語チェックをするのか、なぜ単語チェックでは声を出し、英語→日本語、日本語→英語の順番で意味を覚えたかをチェックするのか、など非常に細部にわたるまで第二言語習得の科学的知見に基づくエッセンスが詰め込まれています。

気になる方は、ぜひ無料体験トレーニングで直接パーソナルトレーナーの方に尋ねてみてください。体験トレーニングの内容が第二言語習得理論に基づき驚くほど論理的に構成されていることがよく分かります。

2. パーソナルトレーナーが無料体験トレーニングのなかで課題を発見してくれる

無料体験トレーニングは、受講生の立場からすると入会するかどうかを決めるためのお試しレッスンという感覚ですが、実はENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーは全く別の目的でこのレッスンを行っています。それは、「受講生が抱える課題を発見する」という目的です。

例えば、第二言語習得の世界では「リーディング(読む)」というシンプルな作業も「まずは英文に眼球停留をして単語認知をする」→「認知した単語を音韻符号化する」→「メンタルレキシコン(心的辞書)を参照し、照合する」→「意味処理する」といったより細かいプロセスに分けて考えられます。

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーは、指示したトレーニングをこなす受講生をすぐ横でじっくりと観察しながら、リーディングにおける上記プロセスのどこに課題があり、結果としてリーディングスピードが遅くなっているのかを正確に見抜き、それに対応したトレーニングを提示してくれます。

これは第二言語習得に関する専門的な知見を持っていないとなかなかできることではありません。今回の体験トレーニングでも青木さんの論理的な説明とアドバイスにとても納得させられました。

3. 脳に負荷がかかるトレーニング内容

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングは上記のように第二言語習得の科学的な知見に基づき構成されており、たった30分でもとても脳に負荷がかかっていると実感することができます。例えば、最初にリスニングしたスクリプトはレッスンの後半では穴埋め形式で音読するように求められるのですが、徐々に難易度は上がっていき、負荷が高まっていきます。

結果として、今回のレッスンでは最初は6割程度しか聴き取れなかったスクリプトを最終的にはほぼ暗唱できるようにまでなりました。第二言語習得の知見に基づいて順を追いながら課題を特定し、克服していくことで、30分という短時間でも上達を実感できたというのは驚きでした。

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングを受けるメリット

上記を踏まえたうえでENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングを受けるメリットを整理すると、下記のようになります。

  1. 第二言語習得研究に基づくトレーニングの効果を体感できる
  2. 第二言語取得研究に基づき自身の課題を把握できる
  3. なぜそのトレーニングをやるべきなのかを納得できる

1. 第二言語習得研究に基づくトレーニングの効果を体感できる

英語を学ばれている方の中には「第二言語習得」と言われてもピンと来ない方が多いかもしれません。しかし、すでに人間が言語を習得するプロセスは脳科学や言語学、心理学などの観点からある程度科学的に解明されているため、そのプロセスに沿ってトレーニングをしていけば効率的に英語力を高めていくことができます。

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングでは、この第二言語習得の「理論」が実際のプラクティスに落とし込まれており、科学的知見に基づくトレーニングの効果を体感することができます。少しでも効率的に英語力を高めたいという方は、ぜひ一度体験してみることをおすすめします。

2. 第二言語取得研究に基づき自身の課題を把握できる

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングでは、パーソナルソナルトレーナーが受講生の課題を第二言語習得の観点から的確に把握し、指摘してくれます。自分の英語力がなぜ伸びないのか、その理由を自分自身で正確に把握することは決して簡単ではありませんが、課題さえ特定することができれば、あとはその課題に対応したトレーニングを繰り返していけば短期間でも確実に英語を伸ばすことができます。ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングは、英語学習をはじめるうえで最も重要となる「課題特定」の場として活用することができます。

3. なぜそのトレーニングをやるべきなのかを納得できる

第二言語習得研究の分野では、リーディング速度を上げるためには「音読」が、リスニング力を高めるうえでは「シャドーイング」が、意味処理の速度を上げるためには「サイトラ(サイト・トランスレーション)」が有効であるなど、課題に応じてどのようなメソッドが効果的なのかが分かっています。

ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングでは第二言語習得の知見に基づいて「課題とそれに対応したトレーニング」をセットで提示してもらえるので、なぜ自分がそのトレーニングをやるべきなのか、頭でしっかりと納得したうえで取り組むことができます。

まとめ

いかがでしょうか?短期間で効率的に英語力を高めたいとお考えの方は、ぜひ一度ENGLISH COMPANYの無料体験トレーニングを受けてみることをおすすめします。特に「今までそれなりに英語学習に時間を費やしてきたけれども自分流のやり方に限界を感じている」という方は、これまでのモヤモヤがとてもすっきりと晴れるはずです。

ENGLISH COMPANY特集の他ページを見る

ENGLISH COMPANYの詳細

サービス名 ENGLISH COMPANY
URL http://englishcompany.jp/
運営会社名 恵学社
本社所在地 京都市下京区室町通仏光寺上ル白楽天町521-1
スクール所在地 四谷スタジオ(東京都新宿区本塩町7 新井ビル4F)
恵比寿スタジオ(東京都渋谷区恵比寿4-5-27 パティオクアトロ 4F)
有楽町スタジオ(東京都千代田区有楽町1-6-10 スクワール日比谷ビル 3F)
品川スタジオ(東京都港区高輪4-23-5 品川ステーションビル 9F)
神田スタジオ(東京都千代田区鍛冶町2-1-2 神田南口鋭光ビル 2F)
新宿スタジオ(東京都新宿区西新宿7-8-13 第2萬寿金ビル 8F)
池袋スタジオ(東京都豊島区南池袋1-19-4 幸伸ビル3F)
横浜スタジオ(神奈川県横浜市西区高島2丁目3-19 高島ビル7階)
四条烏丸スタジオ(京都府京都市下京区仏光寺通新町東入糸屋町225 京都仏光寺室町ビル 4F)
梅田スタジオ(大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル 6F)
設立 2010年2月
資本金 21,000,000円
入学金 50,000円(税込54,000円)
※お友達紹介割引:入会金から10,000円割引
※他スクールからの移籍:入会金から10,000円割引
教材費用 レッスン料金に含まれる
期間 3ヶ月
コースと料金 ●プログラム内容(3ヶ月集中):
・トレーニングセッション45分×48コマ
・トレーニングスペース3ヶ月利用
・進捗サポート3ヶ月
※英語上級の場合は2ヶ月のプログラムになる場合あり。
※1セッションは45分×2コマ(90分)、週2回のセッション受講

●料金:
1ヶ月分 165,000円(税込178,200円)
※IT教材利用費、教材費含む

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る

English Hub 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

シェーン英会話

日本初のISO認証も取得。35年以上の実績を誇る英国式レッスンで学ぶシェーン英会話

ロゼッタストーンLC

ネイティブのマンツーマンレッスンが1回4,000円台〜「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」

ECC外語学院

1回80分が基本!カリキュラム・講師・サポートの総合力で選ぶならECC外語学院