オンライン英会話を始める勇気が出ない?初心者でも緊張しないコツ&役立つ英文法用語

「オンライン英会話をやってみたいけれど、緊張してしまう」「画面越しの講師と一対一で話す勇気が出ない」という方は、オンラインによる通信が普及した今でも意外と多いのではないでしょうか?

オンラインでマイクやスピーカーを通じて話すと、通信状況によっては音声が変化するため、ただでさえ聞き慣れない外国語が余計聞きとりにくくなることも。そのため、特に初心者の方にとっては、オンラインでのレッスンは、講師と直接向かい合うレッスン以上に緊張するものでしょう。

そこで今回は、英会話講師として働く筆者が、オンラインレッスンで緊張しないためのコツをご紹介します。

英会話初心者がオンライン英会話で緊張しないための3つのコツ

1. 「カメラ&オンライン」という環境に慣れる


筆者はオンラインでの英会話指導を行っていますが、実は初めてオンラインレッスンを行った時は、非常に緊張しました。教室で行う英会話レッスンとは異なり、顔あるいは上半身だけが映し出されるカメラに区切られた空間では、生徒さんに説明が伝わりづらいこともあるのではと考えていたためです。

しかし、実際にオンラインで授業を行ってみるとそのような不便を感じることはなく、1回目のレッスンを終えた後には、想像していたオンラインのネガティブな側面をすっかり忘れているほどでした。また、「講師と生徒が一対一で終始カメラに向かって話す」という形式だからこそ実現できる、集中度の高い授業など、オンラインならではのメリットにも着目するようにもなりました。

カメラに向かうことに抵抗があるという人は、SkypeやTeams、Zoomなどのアプリを利用して家族や友人とコミュニケーションをとるなど、「カメラに向かって話す」という行為に慣れることから始めてみましょう。

特に今は、コロナ感染予防のためテレワークが普及し、会議やミーティングをオンラインで行ったり、仕事でウェビナーに参加したりといった機会も増えています。このようなチャンスも、ぜひ積極的に利用してみて下さい。

通信アプリを頻繁に使い、相手と画面越しで会話することに慣れると、カメラに対する緊張感は無くなってきます。そうすれば、オンライン英会話レッスンへの抵抗も薄れてくるはずです。

2. 講師は学習者の味方であることを理解する

英会話初心者で、「カメラに向かって英語で話すことができるだろうか」「言葉に詰まった時どうしたらいいのか」などの心配がある人へ。講師の立場から言えば、そんな心配は無用です。

講師は受講者の英会話の上達を助けるためにそこにいるのです。言葉に詰まれば、フォローしてくれるのが講師です。

また、オンラインレッスンの多くは個人レッスンなので、生徒一人ひとりのレベルに応じた授業が可能です。例えば、筆者が担当するオンラインレッスンでは、英語でコミュニュケーションを取ることが難しい初心者に対しては、まずはテキストの会話シーンを暗記してもらうなど、英語表現やフレーズの「テンプレート」をインプットしてもらうことから始めます。その後、生徒さんの上達のスピードと能力に合わせながら、応用として自由会話(フリートーク)を入れていきます。言葉に詰まる生徒さんを一人で置き去りにするような状況はありません。

英語初心者で、英語での質問が難しいという方は、日本語で文法事項などを説明できる日本人講師か、あるいは日本語のできる外国人講師を選ぶと、よりリラックスして臨めるでしょう。

3. 英語の文法用語を覚える


3つ目は、「ネイティブ講師を相手に英語のみでレッスンにチャレンジしたいが、少し不安」という人に向けたアドバイスです。

英語だけでレッスンを受ける場合に、多くの方がぶつかる壁は、英語で説明される文法が理解できないというものです。講師が文法を説明する際には、英語の文法用語を使います。テキストに掲載されている英文なら、読んで辞書を引けばわかりますが、講師が説明に使う語彙、特に文法用語については、テキストには通常書いてありません。

日本の学校で英語を習う際には、日本語の文法用語が用いられるため、英語の中・上級者でも英語の文法用語を知らない人は意外と多いのです。筆者自身も、ロンドンで初めてネイティブ講師による英語の授業を受けたときに、文法用語の知識が不足していることに気づきました。「説明自体は簡単なのに、文法用語がわからないために話についていけなくなる」ということが頻繁に起こったことを覚えています。

そこで、英語でのレッスン受講を始める前には、以下のような基本的な文法用語を学んでおくことをおすすめします。

英語の主な文法用語

  • 名詞:noun
  • 代名詞:pronoun
  • 動詞:verb
  • 形容詞:adjective
  • 前置詞:preposition
  • 副詞:adverb
  • 肯定形:affirmative
  • 否定形:negative
  • 疑問形:interrogative
  • 目的語:object
  • 補語:complement
  • 関係代名詞:relative pronoun
  • 文節:clause
  • 現在形:present
  • 過去形:past
  • 未来形:future
  • 不定詞:infinitive
  • 現在分詞:present participle
  • 過去分詞:past participle
  • 命令形:imperative
  • 条件法:conditional

これらの基本的な文法用語を知っておけば、講師の文法説明の際に用語が登場しても慌てないですみますし、これらを使って講師に質問することもできます。初心者の方は、分からないことがたくさんあるもの。受け身にならず、ぜひ積極的に講師に質問してみましょう。

まとめ

オンライン英会話にチャレンジするコツ、いかがでしたか?

「ネットへの接続環境さえあれば、場所を選ぶことなく自宅からでも気軽に始められる」「出張や旅行先からでもレッスンが可能」「常時カメラに向かって講師と一対一で行うので、よそ見する暇もないほど時間のロスが無く、短時間でも集中したレッスンが可能」など、オンライン英会話の利点は沢山あります。環境にさえ慣れれば緊張も無くなるので、まずはカメラに慣れて、ぜひチャレンジしてみてください。

【関連ページ】日本人講師と話せるオンライン英会話の比較・ランキング

The following two tabs change content below.
Yukari

Yukari

オーストリア、ウィーン在住。日本の大学ではフランス語を専攻、卒業後は英国の大学院で国際政治を学ぶ。これまでロンドン、ニューヨーク、トロント、モントリオール、パリ、シンガポールに在住。各英語圏における英語の違いに興味を持つ一方、イギリス英語に魅せられる。現在はリサーチャーとして主に欧州における英語・フランス語圏の政策調査に携わる傍、執筆活動も行う。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る