留学・就職のIELTS目標スコア目安は?対策で身につく英語力も解説

※ この記事には広告・PRが含まれています

英語を勉強している方の中には、実践的な英語力を身につけようと、IELTSの活用を検討している方もいるのではないでしょうか。初受験に臨むステップでは、「そもそも、何点くらいを目指すべきなのだろうか」「どれくらいの学習時間が必要なのだろう」など、様々な疑問も浮かぶでしょう。

そこで今回は、英語コーチング・プログラム「トライズ(TORAIZ)」で「IELTS対策コース」を担当する、コンサルタントの今野氏にインタビューを実施。英語を使うビジネスパーソンが目標としたいスコアの目安や、IELTS対策を通して身につく英語力、同社のプログラムの特徴などを伺いました。

インタビュー目次

英語テストのIELTSとは?対策を通して身につく英語力も

Q:IELTSは、どのようなテストですか?

英語の4技能全てを測るテストで、海外では1、2を争うほどメジャーな英語力測定テストです。イギリスやオーストラリアなどの海外の大学や大学院に留学する際には、IELTSスコアが必要となる場合が多いです。

留学に必要となるIELTSスコア目安

留学する場合、大学にもよりますが、IELTSスコア6.0〜7.5(※)が求められます。

※編集部注:IELTSでは、受験者の英語力は1.0~9.0までの0.5刻みのスコア(バンドスコア)で評価されます。

Q:IELTS対策を通して、どのような英語力が身につきますか?

たとえば、IELTSスピーキングテストの評価基準には、「語彙力」「文法知識の幅と正確さ」 「発音」に加え、「流暢さと一貫性」という項目があります。そのため、テスト対策を通して、単に英語で受け答えができるだけではなく、自分の意見を論理的に述べる力が身につきます。

社会人の方の場合、英語での会議やミーティングにおいて、「YES」「NO」に加えて、なぜそう考えるのかという理由や、具体的背景についてまで話せるようになるでしょう。

ある程度まとまった意見を相手に返すことができるようになるので、留学のためにスコアが必要な方だけでなく、英語力が伸び悩んでいる方にも、IELTS対策はおすすめです。

ビジネスパーソンのIELTS目標スコア目安

外資系企業への転職を考えている方など、英語を使って働きたいと考えている方の場合、IELTSでまずは6.0を取れると、英語力に自信を持てると思います。

Q:IELTSのスコアアップには、どれくらいの学習が必要ですか?

一般的に、IELTSスコアを0.5アップさせるのには300時間程度が必要とされています。小手先のテクニックでは、点数アップにはつながりません。

3ヶ月で英語4技能を伸ばす、トライズの「IELTS対策コース」

Q:トライズ「IELTS対策コース」の内容・特徴を教えてください

本コースは、3ヶ月間の短期集中で、IELTS対策を徹底的に行う学習プログラムです。英語4技能を網羅しており、中でもスピーキング対策には特に力を入れています。

ネイティブコーチとの週3回のマンツーマンレッスンは、実際のIELTSスピーキングテストと同様の形式で行います。実戦さながらのレッスンで問題に慣れながら、ネイティブから英語表現の訂正を受けられるので、最短で着実にレベルアップを目指せます。

また、ライティング対策では、9回分の添削サービスがあるのも特徴です。実際に英文を書いていただき、それを専門家が添削するので、英語力や論文構成力など、IELTSで求められる高度なライティング力が身につきます。

Q:IELTSに向けて学習中の方や、受験を検討中の方に、アドバイス・メッセージをお願いします

独学でIELTS対策を行う場合には、学習の継続や適切な教材選択の難しさ、スピーキングの場数不足などが、しばしば課題となります。

トライズでは、ネイティブコーチとのレッスンに加え、専属コンサルタントがあなたの学習成果を常に把握し、日々の学習管理や定期的なマンツーマンの面談で学習プランを調整・改善します。このPDCAサイクルにより、非効率的な学習に陥ることなく、3ヶ月という短期間でのIELTSスコアアップを目指せます(※)。

IELTSのスコアアップが必要な方や、スコアは必要でなくても英語力を更に向上させたい方は、ぜひ英語コーチング・トライズで一緒に学習してまいりましょう!

※編集部注:提供するプログラム内容に自信を持つトライズでは、「無料延長保証制度」も用意されています。万が一、所定の条件を満たした方のIELTSスコアが0.5点アップしなかった場合、無料で、受講期間の1ヶ月延長が可能です。

編集後記

リスニングやリーディングにはそれほど抵抗がないものの、自分の考えを英語で論理的に話す、書くというアウトプットにはまだ自信がない方もいるのではないでしょうか。

自分自身では客観的に把握することが難しい、スピーキングをはじめとする英語4技能も、テストを活用すると、目標と現状のレベルの差を数値で認識できます。専属コンサルタントによる毎日の学習管理とサポートのもと、ネイティブコーチとの実戦練習が週3回設定されているトライズのプログラムでなら、学習に挫折する心配も少ないでしょう。実際にトライズでは、受講生の学習継続率が91%を超えています。(※2018年7月~2021年1月に受講開始した方が途中退会しなかった率)

今回お話を伺ったトライズでは、英語学習のプロによる無料カウンセリングも、オンラインと校舎の両方で提供されています。「自分に合った学習方法が知りたい」という方は、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

<<受講料最大34万円割引!6月30日まで>>

【参照サイト】トライズ(TORAIZ)の公式サイト
【関連記事】トライズ(TORAIZ)の評判・口コミを見る
【関連記事】英語コーチング「トライズ」、IELTS対策コース受付開始 – スコアアップに必要な4技能を3ヶ月で習得 –

The following two tabs change content below.

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事、転職や海外就職に役立つ情報などをご紹介しています。
TwitternoteFacebook

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

ハツオン

TESOL(英語教授法)を修了した講師による2ヶ月の短期集中プログラムで発音スキルを鍛える!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数90万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム