リンカーンのポジティブ名言に学ぶ人生のヒントと英語表現

心に響く言葉を聞き、そこから前向きなパワーをもらったり、人生のヒントを得た経験はありませんか?

株式会社世界文化社より、「偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現」(小池直己著)が刊行されました。文豪、政治家、哲学者、科学者など、様々なジャンルで名を残した人物の言葉から、ポジティブなメッセージと洗練された英語表現が学べる一冊です。

今回は本書より、エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)による名言をピックアップ。英語表現の解説と、心理学にも精通する著者、小池直己氏の考察「think more」を併せて抜粋し、ご紹介します。

英語で読むエイブラハム・リンカーンの名言

Character is like a tree and reputation like its shadow.
The shadow is what we think of it; the tree is the real thing.

人格は木のようなもので、評判はその影のようなものである。
影は私たちがどう思っているかであって、木が本当の姿なのである。

Abraham Lincoln (1809-65)
アメリカ合衆国の政治家、弁護士である。1862年、南北戦争の最中に奴隷解放
を成し遂げ、アメリカでは最も偉大な大統領といわれている。

【表現解説】like a tree(木のようなもの)

likeには、動詞のほかに前置詞もあります。
前置詞のlikeは「~に似た、~のような」という意味です。

  • She looks like an angel to me.
    (彼女はぼくには天使のように見える)
  • Love is like the measles; we all have to go through it.(Jerome K. Jerome)
    (恋は、はしかのようなもの。誰でも一度はかかる[ジェローム・K・ジェローム:イギリスの作家])

notes

  • character(名詞)人格、性質
  • reputation(名詞)評判、世評
  • shadow(名詞)影、影法師
  • real(形容詞)本当の、真の

Think more

この場合の影とは「世評」のことです。イギリスの哲学者ラッセルは『幸福論』の中で「世評」について、人の意見を尊重しすぎると幸福になれないと言っています。

「犯罪にならない範囲であれば、世評など尊重しなくてもいい。世評に本当に無関心であることは、一つの力であり、同時に幸福の源泉でもある」と断言しています。

これはまさに、SNSが普及した現在のネット社会の恐怖そのものではないでしょうか。

著者紹介:小池直己 (こいけ・なおみ)

広島大学大学院修了。カルフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究 員を経て、大東文化大学准教授、相模女子大学教授、就実大学教授・ 大学院教授を歴任。その間、NHK教育の英語番組の講師も務める。 英語教育学、心理学を専門とする。主な著書に『スヌーピーで学ぶ すぐに使える英語表現105 』(祥伝社)、『ポジティブになれる英語名言 101』(岩波書店)、『中学・高校英語を10時間でやり直す本』、『英語で たのしむ「アドラー心理学」』(いずれもPHP研究所)など、380冊以上、累計500万部以上。

『偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現』書籍概要

タイトル 偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現
著者 小池直己
価格 1,540円(税込)
発行・発売 株式会社世界文化社
The following two tabs change content below.

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや学習ノウハウ、インタビュー記事、キャリアアップに役立つ情報などをご紹介しています。TOEIC 990/990/925のEnglish Hub編集部スタッフ3名が運営中。
TwitternoteFacebook