オンライン英会話「スパトレ」で第二言語習得理論に基づくトレーニングを体験!

限られた学習時間を最大限活用して使える英語を効果的に身につけたいという想いから、第二言語習得理論に基づく学びを模索する英語学習者が増えています。

スパトレ」は、そんな第二言語習得理論や、認知心理学、脳科学の最新研究結果を活用した科学的な英語トレーニングがオンラインで受講できる、話題のサービスです。今回は、スパトレの初回実力診断テスト付き7日間無料トライアルを受講し、その様子を詳しくレポートします!

目次

スパトレとは?

数あるオンライン英会話サービスの中でも、他にはないスパトレの強みとして以下の3点が挙げられます。

  1. 定額料金で24時間いつでも、回数無制限でトレーニングが受けられる
  2. 第二言語習得理論に基づく学習体系で学べる
  3. トレーニング前の自主学習を徹底している

1. 24時間いつでも、無制限で好きなだけトレーニングが受けられる

スパトレのトレーニングは1コマ25分。4,980円/月の無制限プランで、24時間365日、何度でもトレーニングを受けることができます。なるべくたくさん英語を話して短期間で英語力を向上させたいという方にぴったりのサービスです。

2. 第二言語習得理論に基づく学習体系で学べる

スパトレでは、効率的に英語力を向上させるために、第二言語習得理論に基づいて学習します。ただやみくもに英語を話すのではなく、話せるようになるための必要なスキルを総合的に鍛えることができるので、より効果的に成果を上げることができます。

3. トレーニング前の自主学習を徹底している

スパトレでは、予約時に選んだ教材を予習してからトレーニングに臨むことが徹底され、場合によっては宿題をアップロードしての提出が必要になります。あらかじめ予習をしておくことで記憶に定着しやすく、苦手な部分の把握ができるようになります。

スパトレの実力診断テスト

初回実力診断テストを予約

スパトレでは、初回実力診断テスト付き無料トライアルを7日間利用できます。会員登録が完了すると、初回実力診断テストを予約できます。予約が完了すると、予約完了のお知らせメールが届きます。

なお、実力診断テストとトレーニングはいずれもSkypeを使用するため、会員情報登録の際にSkype IDの入力を求められます。開始時間になると講師がそのアカウント宛にコールしてくれるので、ビデオ通話で受信し、いよいよスタートです。

初回実力診断テストにトライ!

初回実力診断テストでは、「ディクテーション」「リスニング」「ボキャブラリー」「スピーキング」「インタラクション」「リーディング」の6項目のスキルを測るテストを行います。

スパトレ 実力テスト
講師が画面を共有しながらテスト問題を表示したり、オーディオを流しながらテストを進めていき、答え合わせは各項目の回答が終わるごとに行われます。

テストの診断結果は1営業日後にメールで届き、その後、結果に基づいて本格的にスパトレのトレーニングを受けられるようになります。

初回実力診断テストの結果

初回実力診断テスト結果のお知らせメール内に記載のURLからサイトに飛ぶと、テストの診断結果を見ることができます。自分は何が得意で、何が足りていないのかが一目でわかるグラフや、それぞれの項目の細かい分析のほか、今後のスパトレでの学習方法、おすすめのテキストなどについての日本人サポートからのコメントもあります。

講師によると、これらの情報は全て講師間で共有されており、それに基づいてトレーニングを行っているとのことで、レベルに合わせた無理のない学習がしっかりできるようなシステムになっていることがわかりました。

スパトレ レベルチェック スパトレ

スパトレのトレーニングを体験!

トレーニングを予約

実力診断テストの結果が届いたので、早速初回トレーニングの予約をしました。予約をする際、トレーニングで使用するテキストを自分で選びます。今回は初級用のディスカッション教材(ニュース記事)を選択しました。

予約画面では「学習目的」「レベル」「トレーニングの流れ」「予習内容」が記載されているため、自分の学習目的やレベルに合っているかどうかを確認することができるのもポイントです。

スパトレ トレーニング

予習に基づき、トレーニングを受講

今回のトレーニングでは、自分のスマートフォン上に教材を出しながらトレーニングを受けました。

まずは講師が1文章ずつ読み、生徒が真似して読んでいくリピートアフターミー形式、次に抑揚や止めるところなどに気をつけながら一人で通しで音読、というトレーニングから始まりました。もし誤った発音があった場合は、その場でアドバイスを受けながら練習し、正しく発音できるように指導してもらえます。

スパトレ

その後、記事の内容を要約して説明する練習、記事に関する質問に答える練習、そのニュースについて感じたことや意見を述べる練習をしていきます。回答した際の文法に誤りがあれば、正しい語順を講師がわかりやすく教えてくれます。

予約画面の指示通り、トレーニング前に選んだ教材の予習をし、全て内容を把握した状態で臨んだため、トレーニングの内容が頭に入りやすく、とてもスムーズに受講することができました。また、自習でカバーできない発音や文法などをしっかり学べるので、英語力向上の実感が得られました。

トレーニングの最後には講師から良かったポイント、改善すべきポイント、今後の学習法についてのアドバイスなどのフィードバックをもらい、トレーニングが終了となります。あっという間でしたが、楽しく、しっかり学べた満足の25分でした。

受講後は、「トレーニングノート」と呼ばれるフィードバックのお知らせがメールで届きます。後で見返すことでモチベーション向上にも繋がります。コメントは全て英語で書かれているのでリーディング練習や文法学習に使うこともできます。

スパトレ フィードバック

さらに、トレーニングはSkypeのレコーディング機能を使って講師側で録画してくれています。30日以内ならいつでも気軽に復習することができ、講師の英語を聴きながらのリスニング練習や、自分が話す時に詰まってしまう苦手ポイントを発見するのにも使えるので、受講後は最低1回は見直すとさらに英語力アップにつなげられるでしょう。

初回実力診断テストとトレーニングを体験して

今回、スパトレの初回実力診断テストとトレーニングを体験して一番良かったと感じたのは、「予習×トレーニング」の組み合わせによる学習スタイルです。トレーニング前の予習をある程度強制されることにより、何もわからない状態でトレーニングに臨むよりも遥かに頭に入りやすいということを体感することができました。また、予習によるベースがあるからこそ、一人での学習では難しい発音や文法、質疑応答などのスキルを、プロの指導によってより効果的に磨くことができると感じました。

また、生徒のレベルや、得意/苦手なポイント、学習目的などがしっかりと講師間で共有されているのもポイントです。ただやみくもに英語を話すのではなく、ポイントを押さえ、学習目標とズレのない内容のトレーニングを受けられるので、どのレベルの方でも着実にゴールに向かって前進するために取り組んでいるという感覚が掴めるでしょう。

今まで他のオンライン英会話を試したけれども、「トレーニングで学んだ内容が記憶に定着せずに忘れてしまう」という方や、「目標が曖昧なままただトレーニングを受けてる」という方には特におすすめです。

まとめ

オンライン英会話は一般的な英会話スクールとは異なり、パソコンやスマホがあれば好きな場所で気軽にトレーニングを受けることができます。スパトレは24時間いつでも受講することができるため、日々多忙なビジネスパーソンでも利用しやすいのがポイントです。また、無制限プランを利用すれば、好きなだけトレーニングを受講できるので、短間集中で英語力を磨くことができます。まずは初回実力診断テスト付き7日間無料トライアルを受けて、スパトレの効果を実感してみませんか?

会社概要 サービス名 スパトレ
URL https://sptr.jp/
運営会社名 スパトレ株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田美倉町9-1
設立 2016年8月
資本金 非公開
プランと料金 無料体験レッスン 7日間無料
プラン別料金

・スパトレプラン
特徴:96円/日、毎日トレーニング
月額:2,980 円(税抜)
最大受講回数:1日1回


・無制限プラン

特徴:いつでも、何度でも、好きなだけ
月額:4,980 円(税抜)
最大受講回数:制限なし

教材費用 基本無料
※必要に応じ、1,000円程度の市販教材を購入
最小レッスン単価 96円
授業について 授業時間単位 25分
対応時間帯 24時間
利用ツール スカイプ
レッスン形式 マンツーマン
講師について 講師の国籍 フィリピン人ほか
講師の勤務環境 在宅
講師の人数 100名
教材について オリジナル教材、体験レッスン用教材、日常英会話用教材、ビジネス英会話用教材、TOEIC用教材、TOEFL用教材、IELTS用教材、フリートーク用教材
サポート メール、スカイプ
特徴 ビジネスコースあり、試験対策コースあり、早朝レッスン可能、TOEIC対応、TOEFL対応、IELTS対応
The following two tabs change content below.
Bob

Bob

3ヶ月のロンドン滞在中に英会話にのめり込み、日本国内で自主学習×オンライン英会話にて英語を習得。英語対応コールセンター、外資系企業勤務などを経て、英会話スクールを運営。現在はフリーランスのオンライン英会話トレーナーとして活動中。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る