「接客英語力」「おもてなし英語力」を測定!英語応対能力検定とは

年々増加する訪日外国人へ案内やサービスを提供する上で、英語は欠かせないコミュニケーションツールです。2020年の東京オリンピックではさらに多くの外国人観光客が見込まれる中、「おもてなし英語」や「接客英語」も注目されるようになってきました。

ここでは、海外からのお客様に応対するための基本的な英語力を評価する「英語応対能力検定」をご紹介します。旺文社、カシオ計算機、毎日新聞社の共同事業会社「株式会社学びUPコミュニケーションズ」が運営する「英語応対能力検定」は、接客英語力を重視する幅広い企業や団体に取り入れられています。最近では東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が駅係員・乗務員の英語で応対できる態勢の整備を目指して採用し、注目を集めました。

1.「英語応対能力検定」とは?

コミュニケーションに大切な「聞く」「話す」の2つに特化して英語の実践力を測る検定で、2017年3月に第1回目が実施されました。検定は6種類の科目に分かれており、「販売」「宿泊」「飲食」「鉄道」「タクシー」の業種別5種類と、街なかでの外国人への対応力を問う「一般試験」から選んで受験できます。

2. 受験対象者は?

訪日外国人客に対応する人のために開発された「英語応対能力検定」ですが、接客・応対の現場で働く人以外にも、学生や観光ボランティアなど、誰でも受験することができます。

3. どこで受けられる?

インターネットに接続して受験できるiBT(Internet-based Testing)方式をとっているので、パソコンやスマートフォン、そしてタブレットがあればどこでも受験できます。海外からの受験も可能です。ただし、受験の前に通信環境を確認する必要があります。

1回の検定がA日程とB日程に分けられ、それぞれの日程期間中に受講者の都合の良いタイミングで受講が可能です。試験内容が同じなので、AとBの両方の受験はできません。

【パソコンからの受験方法】https://otai-kentei.com/examination/operation-pc.html
【スマートフォン・タブレットからの受験方法】 https://otai-kentei.com/examination/operation-sp.html

4. どんな問題が出る?

検定には標準的なアメリカ英語が採用されています。リーディング(28問)、リスニング(31問)、スピーキング(8問)の全67問で構成された、全部で55分程度の試験です。リーディングとリスニングは全て選択式で、3択または4択から答えを選びます。スピーキングは問題文や画像が一定時間提示され、チャイムが鳴ったら解答します。解答した音声は録音されます。

「聞くこと」と「話すこと」に特化し、実践的な英語力を。業種別試験も一般試験も、今の現場に即した内容で作られており、問題は随時更新されています。リーディングとリスニングに関してはデモ試験があるので、事前に試してみるといいでしょう。

5. 受験に向けての対策に役立つ教材

公認学習書籍として旺文社から「とにかくひとこと英会話」シリーズが発売されています。

実際の現場での応対表現を学べる「とにかくひとこと英会話」は全部で5シリーズです。各シリーズで、応対フレーズが「とにかくひとこと」「これが目標」「自信がついたら」の3レベルにわけて紹介されているので、段階を踏んでステップアップを目指しましょう。フレーズや語句の音声は無料でダウンロードできます。検定対策にぴったりなだけでなく、すぐに使える外国人への応対表現を効率よく学べる書籍です。

このほかに、カシオ計算機からは英語応対能力検定公認モデルの学習機「joy study」も発売されています。

こうした教材を活用して効果的に学習に取り組むこともできます。また、「英語応対能力検定」は、他の資格試験と違い実践英語にフォーカスしているので、今の自分の実力を知りたい方は、まずは受験してみるというのも力試しにいいでしょう。

6. 試験結果を学習のモチベーションに!

受験後、結果は1ヵ月以内にマイページに「結果レポート」として配信されます。到達度を測るこの検定は、評価は合否ではなくAを最高評価とするA~Dの4段階で判定されます。総合評価以外に「知識」「理解」「応答」の3つの観点からも、それぞれA~Dで評価されます。「知識」は語彙や文法の知識の有無、「理解」は相手の話や書かれた内容を理解する力があるかどうか、そして「応答」は条件や場面に応じた応答ができるかどうかの英語応対能力を測ります。

結果レポートにはA~Dの評価以外にも今後の学習の課題をコメントしてもらえるので、受験後も学習のモチベーションが持続します。

まとめ

「英語応対能力検定」は、英語応対の実践力を試すのに適した検定試験です。なにより、スマートフォンやパソコンでの受験が可能で場所を選ばず、日程の幅も広く時間もフレキシブルで、気軽に受験しやすい点が魅力です。評価と共に、今後の学習の課題をアドバイスしてもらえるので、上達を目指して取り組むモチベーションにもつながります。自身のおもてなし英語力に自信がつく「英語応対能力検定」に1度チャレンジしてみませんか?

試験概要

運営法人 株式会社学びUPアップコミュニケーションズ」
※株式会社旺文社、カシオ計算機株式会社、株式会社毎日新聞社の3社により設立
試験日程・申込期間 検定スケジュール参照
試験方法 iBT方式
(インターネットに接続してパソコン・スマートフォン・タブレットのいずれかで受験)
試験会場 特定なし
(インターネット環境であれば受験場所は自由。ただし、スピーキング試験は録音するため、静かな環境)
試験の種類 業種別試験(販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシー)5種類・一般試験
試験内容 リーディング(28問)、リスニング(31問)、スピーキング(8問)の全67問で約55分
受験料 6,500円(税別)
申し込み方法 公式HPより

【参照サイト】接客英語力を磨く 「英語応対能力検定」
【関連ページ】接客英語を学べる英会話サービスの比較・ランキング
【関連ページ】観光・旅行・ホテル業界の英語を学べる英会話サービスの比較・ランキング

The following two tabs change content below.
Yoko

Yoko

海外留学や夫の赴任で海外在住経験あり。留学時代は住み込みのベビーシッターからホテルのレセプションまで様々なアルバイトも経験。海外で出産して現在は一児の母。子供が母国語以外の言語をいかに楽しく自然に身につけることができるか興味を持ち、ベビーシッター時代の経験をもとにいろいろと研究中。