LA在住者が教える!アメリカ生活で本当に使えるアプリ7選

2018年も残すところあと少し。年末年始を海外で過ごす方もいらっしゃるかもしれません。海外滞在時の快適さは、携帯のアプリを活用することで格段に上がります。しかし、たくさんのアプリがある中で、どれが良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、旅行や留学など、アメリカに滞在する際に役立つアプリを厳選してご紹介します。

旅行や留学におすすめのアプリ

まずは、数日間の旅行から長期の留学まで、幅広く使えるアプリ5つをご紹介いたします。

Yelp

yelp
人気口コミサイトのアプリで、アメリカではほぼ誰もが使っていると言っても過言ではないほど。レストランだけでなく、おすすめのネイルサロンや観光地なども調べることができます。現在地から目的地までの行き方や、現在地周辺のおすすめの場所、写真付きのレビューなどを確認できるので、自分が行きたい場所を簡単に見つけられます。また、アプリから直接レストランや美容院の予約ができるので、電話番号やアドレスをコピーして連絡する手間も省けます。

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版

TipCal

TipCal
アメリカはチップ文化が浸透しており、レストランでは料金の15%以上のチップを支払うのが一般的です。レストランによっては、レシートに「15%」「20%」「25%」などチップの金額を示してくれているところもありますが、記載がない場合は自分で計算しなければいけません。そんな時に便利なのが、「TipCal」です。このアプリを使えば、面倒なチップの計算も簡単に済ますことができます。

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
※Android版アプリは未リリースです。

Transit

Transit
電車やバスなどの公共交通機関を利用する際に便利なアプリです。到着予定時刻や、終電・始発の時刻、目的地までのルートを確認することができます。アメリカの電車やバスは、日本のように時刻表通りに来ることは滅多にありません。電車の場合、遅延があっても特にアナウンスはされないことも多いため、待っていても一向に電車が来ないということがよくあります。バスの場合も、アナウンス無しで突然ルート変更をするなど、日本では考えられないようなことがしばしば起こります。予定通りに目的地に着くためには、必ず余裕を持って出発しなければいけません。車社会のアメリカでは渋滞は日常茶飯事であるため、アプリでチェックをしても時間通りには来ないこともありますが、大体の時間を把握したいときに「Transit」は非常に便利です。

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版

Best Parking

Best Parking
車社会のアメリカでは、一家に複数台の車があることも珍しくありません。一方、それに対する駐車スペースが足りないために、目的地に到着しているにも関わらず駐車スペースを求めて周辺をグルグルすることもしばしば。行き当たりばったりで駐車場を探して時間を浪費するよりも、アプリを使って探した方が簡単かつ時短。このアプリでは駐車場料金も表示されるので、目的地付近にある料金の安い駐車場を見つけることが可能です。

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版
※Android版アプリは、日本未リリースです。

Vivid Seats

VIvid Seats
ミュージカルやコンサート、スポーツ観戦のチケットを簡単に購入できるアプリです。このアプリでは、当日券を購入することも可能です。使い方は、行きたいイベントを選択し、座席選択ページで好きなシートのボタンを押すのみ。誰でも簡単にチケットを購入することができます。英語にまだ自信がなく、現地窓口での購入は少し不安という方にもおすすめです。また、アプリ画面でチケットを提示できるようになっているので、紙のチケットをプリントアウトする必要もありません。(イベントによってはプリントアウトが必要となる場合もありますが、その場合はきちんとその旨が表示がされます。)

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版
※Android版アプリは、日本未リリースです。

長期滞在時におすすめのアプリ

以下でご紹介する2つのアプリは日本では未リリースですが、長期で留学をされる方などアメリカで携帯を契約する方には非常におすすめのアプリです。

Venmo

Venmo
カード社会のアメリカでは、クレジットカードやデビットカードが広く普及しているため、現金を持ち歩かない人も少なくありません。そこで便利なのが、個人間の送金ができるアプリ「Venmo(ベンモ)」です。たとえば、何名かで一緒に食事をした際、お店によっては会計を別々にできないことがあります。その場合、1人が代表して先に支払い、残りの人たちは支払った人にVenmoを使って送金することができます。カード社会ならではのアイデアですね。デビットカードやVenmoアプリ内残高からの利用であれば手数料はかからず、クレジットカードを利用した場合のみ、1回につき3%の手数料が発生します。

Ibotta

Ibotta
「Ibotta(アイボッタ)」は、少しでも節約をしたい留学生におすすめのキャッシュバックアプリです。1つの商品につき大体20セントから、多いものでは5ドル程のキャッシュバックがあります。使い方はとても簡単で、買い物の前に、購入したい商品をアプリ内の一覧から選択しておきます。あとは、店舗で実際に購入した商品のレシートをアプリ内のカメラでスキャンするのみ。ネットショッピングの場合はさらに簡単で、アプリを経由して買い物をしたいウェブサイトへ行くだけでOK。レシートをスキャンする必要はありません。キャッシュバックの金額が20ドル分以上貯まると、「Venmo」か「PayPal」への送金や、ギフトカードへの交換ができます。ギフトカードの種類も豊富で、「Amazon」や「iTunes」、「Whole Foods Market」などで使えるものや、アメリカの人気レストランのものなどがあります。

まとめ

いかがでしたか。どれも、誰でも簡単に操作できる非常に便利なアプリばかりです。旅行や留学でアメリカを訪れる際には、ぜひダウンロードしてみてください。

The following two tabs change content below.
りみ

りみ

アメリカ留学3年目。短期ダンス留学をきっかけに英語に興味を持ち、長期留学を決意。英語力ゼロからのスタート。自分なりに勉強法を考え、英検2級を取得。現在はロサンゼルスにある専門学校でエンターテイメントマネジメントを学ぶために、語学学校に通いながら、スコアを取得するために勉強している。