”Anyway”はNG【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】

○月○日、家具メーカーに勤める社員Nさんは冬の新商品の販促会議を出席していました。2つのプランについて議論が行われた後、Nさんは自分の支持するプランを再度明確にするために発言しました。

しかしその時、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

【NG文】
Anyway, I think we should go with Plan B.
(やはり、私はプランBでいくべきだと思います。)

anywayには「やはり」の意味もありますが、多くの場面で「そういうこともあるが、とにかく」というニュアンスになり、相手の話をぞんざいに片付けて自分の話に切替えているように聞こえてしまい、失礼になってしまいます。

【オススメ英語】
As I was saying earlier, I think we should go with Plan B.
(やはり、私はプランBでいくべきだと思います。)

ポイント解説

「やはり」や「先ほど申し上げたように」など自分の意見を再度強調したい際には、以下の様な表現が使えます。

  • As I was saying earlier, ~
  • As I mentioned earlier, ~
  • Going back to my original point,~

また、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を主張したい場合には、以下のような表現が使えます。

  • I appreciate what you are saying, but~
  • I hear/understand what you are saying, but~

通訳エージェントよる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。グローバル企業のオフィスを舞台に活躍する通訳者たちの体験をベースに、英語学習中のビジネスパーソンに役立つコンテンツをお届けします。

通訳エージェントが開発した2つのプログラム

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」とTOEIC®特化型プログラム「One Month Program TOEIC®」を提供しています。

「One Month Program」では、「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そしてネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより短期間で効率的に英語力を磨きます。

「One Month Program TOEIC®」では、アウトプットを重視した通訳トレーニングメソッドを応用し、TOEIC®攻略の鍵となる「基礎知識」「語彙力」「スピード感」を1カ月の集中学習で養成します。経験豊富な専属トレーナーが「今年こそ、TOEIC®750点達成」を目指す受講生をサポートします。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!