英語Skype面接に挑む前に、知っておきたい6つのポイント【外資系就職志望者必見】

Skype(スカイプ)を使って自宅で採用面接を受けたことがありますか?外資系企業への就職希望者がSkype面接を課されるケースは増えているようです。

企業のオフィスまで足を運ぶことなく自宅で面接官と対話できる便利なSkype面接ですが、その気軽さから、つい何の準備もないまま当日を迎えてしまったという失敗談も耳にします。企業に出向いて採用担当者と向き合う面接同様、Skype面接でも事前の準備と心構えは欠かせません。特に、得意ではない英語で海外拠点の担当者とやりとりすることを求められるような場合には、緊張感の中でも落ち着いて自己アピールができるように、万全の準備で臨みたいものです。

そこで今回は、スクリーンを通して自分の魅力やスキルを上手く相手に伝えるために、知っておきたいいくつかのポイントを「Skype面接の極意6選」としてご紹介します。

Skype面接の極意6選

1.事前にPC環境をくまなくチェックする

先ず初めに、企業に送っても恥ずかしくないSkypeIDとプロフィール画像を選んでください。次にネット環境が安定していること、ウェブカメラ、マイクが機能していること、パソコンのバッテリーが十分に充電されていることを確認しましょう。小さめのヘッドフォンを使うと、ハウリング防止になります。万が一、面接中に接続が切れてしまっても落ち着いていられるように、どんな対応ができるか考えておきましょう。

2. リハーサルをしよう

Skype面接が初めての方は友だちと練習をしましょう。画面を通して、背景の部屋の様子、照明をチェックしてもらいましょう。練習時は快適に座れて、上半身が画面に映るくらいの高さのイスを選んでください。Skype上でのファイルの送受信、スピーカーのミュート設定、通話の保留などの方法も練習しましょう。水を用意し、面接で想定される内容を印刷したカンペを用意してください。そして最も重要な、カバーレターと履歴書も印刷し、机の上に用意しましょう。

3. 面接に適した室内環境をセッティングする

Skype面接には必ず、静かな場所を選びましょう。窓を全て閉め、携帯電話をミュートにし、家族やペットは部屋から出てもらいます。自分で思う以上に画面は鮮明に映ります。面接前に必ず自分の部屋を掃除し、ウェブカメラを調整してください。逆光にならないよう、照明は自分の前に置くようにし、顔がはっきりと映るように整えましょう。

4. 服装はビジネスカジュアルがおすすめ

Skype面接だからと言って、服装に気を抜くのは間違いです。胸から下は画面に映りませんが、急に席を離れる必要があるかもしれません。派手な柄や色は画面映りが悪いので避けましょう。お勧めは打ち合わせに出掛けるようなビジネスカジュアルです。

5. カメラへのアイコンタクトを忘れずに

Skype面接中はウェブカメラを見るようにしましょう。これがSkypeでのアイコンタクトです。つい、画面上の面接官へ目線が行ってしまいますが、これではウェブカメラを見ていることにはならずアイコンタクトが取れません。メモを取る際はメモ帳に書きとめ、パソコンでのタイピングは避けましょう。Skype会話では自分の写っている画面を隠すことができますが、これはあえて表示しておくことをお勧めします(自分の姿勢や背景の確認のため)。

6. 完全に面接が終了するまで気を抜かない

Skype面接の終わり方は、対面での面接と変わりありません。時間を割いてくれたことに感謝し、相手がSkypeを閉じたら自分のSkypeを閉じましょう。通話とウェブカメラが切れたことを確認するまでは面接は終わりませんので、余計なコメントをしないよう注意しましょう。

準備万端で自信を持って挑もう!

自宅で気軽に受けられるSkype面接だからこそ、見落としがちな準備項目をピックアップしてお伝えしました。画面越しの対話は対面でのコミュニケーションよりも苦手という人も、準備を整えて臆せず挑めば、きっとSkype面接で意欲を伝えられるはずです。自信を持ってカメラに向かいましょう!

「EFブログ」より世界各地の情報をお届け

EFブログ」は、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁し、語学留学プログラムなど多数の教育プログラムを展開する国際教育機関EFによるコラムです。旅行、海外の文化、言語などについての、世界中から集めたアイデアやアドバイス、最新情報をお届けします。

※当コンテンツの著作権は、提供元であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
イー・エフ・エデュケーション・ファースト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト

1965年にスウェーデンで設立され、現在、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁する国際教育事業のリーディングカンパニー。留学プログラムなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)。