2020年、親が子どもにさせたい習い事の1位は「英会話スクール」。教育改革の影響も

after-school-activities

eラーニングサービスの企画開発・運用などを手掛ける株式会社イー・ラーニング研究所が実施した「年末年始の子どもの習い事アンケート」で、2020年に親が子どもにさせたい習い事の1位は「英会話スクール」、2位は「プログラミング教室」となりました。

「年末年始の子どもの習い事アンケート」は2017年から実施されており、今年は全国の子どもを持つ親(20代から50代の男女)179人を対象にアンケート調査が行われました。

調査の結果、回答者の約6割が「2020年に新しい習い事をさせたい(させる予定がある)」と回答し、子どもにさせたい習い事の1位は「英会話スクール」、2位は僅差で「プログラミング教室」となりました。また、新しい習い事を検討していると答えたうちの約3割は、「英会話スクール」と「プログラミング教室」の両方を習わせたいと回答しています。

after-school-activities-2020

2020年度から全面実施される新学習指導要領では、小学校3・4年生での「外国語活動」の導入、小学校5・6年生での「英語」教科化、そして小学校での「プログラミング教育」の導入が行われます。今回の調査結果からは、こうした教育改革に向けて、英語やプログラミングの習い事の人気が高まっていることが伺えます。「なぜその習い事をさせたいか」という問いに対しては、「将来のためになると思ったから」~という回答が約8割と最も多く、親たちは教育改革に加え、子どもの将来を見据えた上で習い事を検討していることがわかります。

将来なってもらいたい職業には、昨年に引き続き「経営者」が1位、そして「プログラマー(SE)・ゲームクリエイター」が2位に選ばれました。英語力やプログラミング能力を身に付けて、子どもが将来グローバル社会やIT社会で活躍できるようにという、親の期待が見られます。

English Hubでは、子どもにおすすめの英語教室やオンライン英会話、英語教材をくわしくご紹介しています。2020年、子どもに英語を習わせたいと考えている方は、English Hubの記事も参考に、子ども向けの英語学習を検討してみてはいかがでしょうか?

※「年末年始の習い事アンケート」については、イー・ラーニング研究所調べ。

【関連ページ】子どもの英語教室を徹底比較!親たちに選ばれるスクールとその理由は?
【関連ページ】自宅で英語レッスン!子ども向けオンライン英会話を徹底比較

The following two tabs change content below.
Yoko

Yoko

海外留学や夫の赴任で海外在住経験あり。留学時代は住み込みのベビーシッターからホテルのレセプションまで様々なアルバイトも経験。海外で出産して現在は一児の母。子供が母国語以外の言語をいかに楽しく自然に身につけることができるか興味を持ち、ベビーシッター時代の経験をもとにいろいろと研究中。
after-school-activities