【採用情報】ENGLISH COMPANY(恵学社)のパーソナルトレーナー求人の魅力とは?

第二言語習得研究の知見に基づく科学的なトレーニングが人気の短期集中型英語パーソナルジム、「ENGLISH COMPANY」。英語を学ぶ社会人の間で高い人気を誇り、常に数百名以上の入会待ちが発生しているENGLISH COMPANYでは、受講生からの期待に応えるためにパーソナルトレーナーの採用活動も積極的に行っています。

今回は、ENGLISH COPMANYのパーソナルトレーナーとして働くことに興味を持っている方向けにEnglish Hub編集部が独自の視点でおすすめのポイントをご紹介したいと思います。

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーの仕事内容とは?

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーの役割は、シンプルに言うと第二言語習得研究の専門家として受講生ひとりひとりの学習をサポートし、短期間で英語力の大幅アップを実現するということです。

しかし、ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーに求められる仕事内容が他の英会話スクールの講師とは大きく異なる点をEnglish Hub編集部独自の視点から説明すると、下記の3つが挙げられます。

  1. 第二言語習得研究に基づく正確な課題発見
  2. 課題の移り変わりの把握
  3. 理論を実践に落とし込んだトレーニング

それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

1. 第二言語習得研究に基づく正確な課題発見

一つ目のポイントは、パーソナルトレーナーとして最も大事な役割となります。それは、第二言語習得研究の専門的な知見に基づいて、受講生が抱えている課題を「正確に」発見するという点です。

パーソナルトレーナーと受講生は、言ってみれば医者と患者のような関係です。医者は患者の診療をする際、医療に関する高度な専門知識がなければ患者の病気を正しく診断することはできません。そして、正しい診断ができなければ正しい処方をすることができず、結果として病気を治すことはできません。ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーには、この医者と同様の能力が求められます。

例えば受講生がリーディングに課題を抱えている場合、第二言語習得研究におけるリーディングのプロセスである「眼球停留(目で見て単語を認知する)」→「認知した単語を音韻符号化(頭の中で音声化)する」→「メンタルレキシコン(心内辞書)を参照・照合する」→「意味処理する」という一連の流れのうち、その受講生が具体的にどのプロセスで詰まっているのかを見抜くことができなければいけません。なぜなら、どのプロセスに課題を抱えているかによって、必要なトレーニングが変わってくるからです。

音韻符号化を高速化・自動化するためには正しい発音の習得も含めた音読トレーニングが有効ですし、メンタルレキシコンの参照に時間がかかる場合、そもそも脳内に入っている単語や文法のデータベースが少ない可能性があるため、単語や文法の習得に時間をかける必要があります。

このように、一言で「リーディングが苦手」と言っても、その原因や効果的なトレーニングは人によって異なるため、パーソナルトレーナーは正確な課題を発見することがとても重要な仕事となるのです。

そして正確な課題発見のためには、第二言語習得研究に関する専門的な知見が欠かせません。だからこそ、ENGLISH COMPANYはパーソナルトレーナーの研修にも非常に力を入れています。(参考:【ENGLISH COMPANY特集・第2回】パーソナルトレーナー研修に参加して分かった、ENGLISH COMPANYが成果を出せる3つの理由

ENGLISH COMPANYの研修風景。教え方を習得する研修が最低2週間用意されている。

2. 課題の移り変わりの把握

正確な課題発見さえできれば、あとはその課題に合ったトレーニングメソッドを実行すれば着実に英語力を伸ばすことができます。ただし、ここで大事になるポイントは「受講生の課題は常に移り変わる」という点です。

受講生の英語力はトレーニングを重ねるにつれてどんどんと向上していくため、必然的に課題もどんどんと移り変わっていきます。パーソナルトレーナーは、この受講生の課題の移り変わりをしっかりと把握し続け、そのときどきで最適なトレーニングを提供することが求められます。

通常、英会話スクールでは最初の体験レッスンで受講生の英語力を診断し、その結果に基づいて半年から一年程度のカリキュラムを立てるという形が一般的ですが、こうしたやり方では、カリキュラムに「受講生の課題の移り変わり」を反映させることはできないため、真の意味で効率的な英語学習プログラムを設計することはできません。

ENGLISH COMPANYでは、トレーナーが週2回のパーソナルトレーニングに加えてチャットを通じて毎日受講生とコミュニケーションを密にとることで、受講生の英語力や課題のかすかな変化にも気づくことができる仕組みを作っています。

3. 理論を実践に落とし込んだトレーニング

また、ENGLISH COMPANYの大きな特徴は、第二言語習得研究の理論が実際のトレーニング内容にしっかりと落とし込まれているという点です。ウェブサイトなどで表面的に第二言語習得について謳っているスクールはありますが、それを実際のトレーニングの細部にまでしっかりと落とし込めているスクールはほとんどありません。

第二言語習得研究はあくまで人が母国語以外の第二言語を習得するまでのメカニズムを科学的に研究している学問であり、それ自体が英語学習に効果的なメソッドを提案してくれているわけではありません。

しかし、ENGLISH COMPANYではこの理論から得られる知見を「音読」や「シャドーイング」といった一つ一つのトレーニングにきめ細かく反映しています。例えば、「音読」練習をするときはクラッシェンが唱えた「インプット仮説」に基づく「i+1」、つまり自分のレベルよりも少しだけ高い教材を使うのがベストであり、単語の意味や発音、文法の不明点がたくさんある教材をいくら使っても効果はありません。一言で「音読」といっても、効果を最大化するためには音読のスピードや発音といった問題以前に、受講生のレベルに応じた教材選びの時点で成果の可否が決まってしまうわけです。

トレーニングを行うときは、こうした細かい点も踏まえたうえで使用する教材や学習内容を設計することが求められます。この理論と実践の紐づけができているのはENGLISH COMPANYの強みだと言えます。

ENGLISH COMPANYで働く魅力とは?

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーとして働く魅力をまとめると、大きく下記の3つが挙げられます。

  1. 第二言語習得研究に関する専門的な知見を活かした仕事ができる
  2. 本気で英語教育のことを考えている仲間と働ける
  3. ダイレクトに成果とやりがいを感じられる環境がある

1. 第二言語習得研究に関する専門的な知見を活かした仕事ができる

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーとして働くうえでの一番大きな魅力は、第二言語習得研究に関する専門的な知見を活かして働けるという点です。大学や大学院などで専門的に言語学について学んだとしても、現状はそれらの知識を直接的に活かせる仕事はそれほど多くありません。しかし、ENGLISH COMPANYであれば、自身が学んできたことを日々の仕事なでそのまま活かすことができるので、大きなやりがいを感じられると言えます。

2. 本気で英語教育のことを考えている仲間と働ける

英会話スクールの中には、あくまでビジネスの手段として英語教育事業を展開しているというスタンスのところもありますが、ENGLISH COMPANYの場合は本気で日本の英語教育を変えることを目指しており、そのビジョンに共感したトレーナーが集まっています。そのため、「ビジネス」ではなく「教育」に興味があるという人にとってはストレスなく働ける環境だと言えます。どのようなトレーナーがいるかについては「【ENGLISH COMPANY特集・第3回】新人パーソナルトレーナーに訊いた、ENGLISH COMPANYの凄さとは?」を参考にしてください。

3. ダイレクトに成果とやりがいを感じられる環境がある

パーソナルトレーナーは受講生一人一人と毎日のようにコミュニケーションをとり、お互いに信頼関係を築きながら英語学習をサポートしていきます。自分の頑張りは最終的に受講生の英語力アップやTOEICスコアアップといった具体的な結果として直接自分に跳ね返ってくるため、ダイレクトにやりがいを感じられます。

ENGLISH COMPANYはこんな人におすすめ

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーは、下記に当てはまる方にはとてもおすすめの仕事だと言えます。

  • 大学や大学院で第二言語習得や英語教育について専門的に学んできた方
  • 既存の英会話スクールや学校での授業内容に疑問や限界を感じている方
  • 本当に効果が出ると信じられる英語学習法を伝えたいと考えている方

ENGLISH COMPANYは第二言語習得のプロフェッショナルとしての専門性やスタンスが求められるという厳しさはありますが、「本物」の英語教育に携わりたいと考えている方にとってはとても気持ちよく働ける職場だと言えます。

ENGLISH COMPANYの求人に興味がある方へ

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーの詳しい募集要項に興味がある方は、下記より詳細を確認してください。実際のトレーナーのインタビューなども見ることができます。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る