レアジョブ英会話「スマートメソッド®コース」1週間体験レポート!【前編】

英語学習者にとって、場所を選ばず受講できるオンライン英会話は、スキマ時間を使って学習を継続できる効果的な学習サービスです。気軽にレッスンを受講できる反面、「オンラインレッスンの効果的な活用方法がわからない」「長い期間学習しているのに成果を感じない」など、学習方法やモチベーションの維持に悩む方も多いのではないでしょうか。

16週間という短期集中で学ぶ「レアジョブ英会話」の「スマートメソッド®コース」は、英語学習経験の豊富な日本人コンサルタントのサポートのもと、ビジネスシーンで使える実践的な英会話力を磨く、オンライン完結型の英語学習プログラムです。

スマートメソッドロゴ

コースを検討する際、無料のレベルチェックテストとWeb面談を受けられるので、学習内容や進め方、学習成果について納得してコースを受講できます。「スマートメソッド®コース」の概要説明と、レベルチェックの様子はレアジョブ英会話の短期集中プログラム『スマートメソッド®』とは?レベルチェックを体験!をご覧ください。

今回は、「スマートメソッド®コース」のレッスンを1週間体験しました。週末のホームワークや初回レッスンの内容を【前編】に、2回目以降のレッスンとウィークリーテスト、コンサルティングの様子を【後編】に分けてレポートします。コースの受講を検討中の方はぜひ参考にしてください。

目次

1.レアジョブ「スマートメソッド®コース」とは

「スマートメソッド®コース」は、大手オンライン英会話サービスのレアジョブが提供する16週間のオンライン完結型のビジネス英会話プログラムです。ビジネス英語に特化した教材を使い、短期間で実践的な英語力の習得を目指します。オンラインレッスン以外にも、スピーキングテストやコンサルタントによる学習サポートを受けられるので、目標や課題を意識しながら効率的に英語を学ぶことが可能です。

また、通常の英会話コースとは異なり、受講基準を満たしていたにもかかわらず、受講によりレベルアップが見られなかった場合は、目標達成に必要な学習プログラムを無料で受講できる、成果保証制度があるのも特徴の一つです。

受講期間中は、カリキュラムで定められた1週間のサイクルに沿って学習を進めます。週末のホームワークで予習し、週に5回ある平日のオンラインレッスンを受けます。週末には復習テストを受け1週間の学習内容の定着を確認。このサイクルを16週間続けます。さらに、受講前・受講中・受講後にレベルチェックテストを受け、定期的に学習成果を測定するなど、常にベストな方法を探りながら学習を進めます。

スマートメソッドカリキュラム

2.体験スケジュール

今回は、以下のスケジュールでスマートメソッドのサービスを1週間体験しました。

  1. レベルチェックテスト
  2. 受講前オリエンテーション
  3. ホームワーク
  4. 5回レッスン体験(50分×5レッスン)
  5. ウィークリーテスト
  6. コンサルティング

スマートメソッドの学習内容は、週末のホームワーク・平日レッスン(5回)・ウィークリーテストで構成されています。1週間を1タームとし、それを16週間続けます。今回は初回の1タームの学習に、事前のレベルチェックテスト、受講前オリエンテーション、コンサルティングを含め、1週間でコースの内容をひととおり体験しました。

3.体験レポート:レッスンまでの準備

レベルチェックテスト

レアジョブ「スマートメソッド®コース」は、事前にレベルチェックテストとWeb面談を無料で受けられます。テストの診断結果で、レアジョブのスピーキングレベル4~7に該当する方が、スマートメソッド®コースの受講対象者です。

約20分間のレベルチェックテストは、5つのパートで構成されています。穴埋め形式ではなく、すべて発話が求められるスピーキングテスト形式です。テストの会話は録音されていて、結果は数日後にメールで通知されます。

スマートメソッドレベルチェック

レベルチェックテストとWeb面談はすでに受けていたので(※レアジョブ英会話の短期集中プログラム『スマートメソッド®』とは?レベルチェックを体験!を参照)、今回は受講前オリエンテーションから参加しました。

受講前オリエンテーション

受講前オリエンテーションでは、担当コンサルタントとマンツーマンで、事前に配布された資料や動画を確認しながら、1週間の学習の流れや宿題の進め方、eBookの使い方などの説明を受けます。こちらからも現在の学習状況やプログラムを通して伸ばしたいスキルを伝え、コンサルタントと一緒に16週間後のゴールを設定。どのような点に気を付けて学習を進めるとよいかなど、具体的なアドバイスを受けました。

受講を始めるにあたっての不安は、この受講前オリエンテーションで相談し、事前にクリアにしておくと、レッスンが始まってからの学習がスムーズです。この時間を使って、ホームワークの内容や進め方をクリアにしておいたので、量が多い週末課題をどうにか終わらせ、レッスンに活かすことができました。

週末ホームワーク【準備・インプット】

レッスンの準備は、週末のホームワークから始まります。メイン教材は、ビジネス英語に特化した『In company3.0』(マクミラン社)のeBookを使用。テキストの画面から直接オンラインでリスニング音声を聞けるので、とても便利です。

レッスンは1週間に1ユニット(約7ページ)進むので、週末にユニット内の問題をすべて解き、eBookについている解答で答え合わせまで済ませておきます。解答はテキストまたはノートに書いておき、疑問点があればレッスンで質問できるようにしておきます。

スマートメソッドレッスン① 

ホームワーク課題の「Work with a partner」では、英文を作る作業を通して、単語や表現が身に付くことを実感できます。テキストに解答が付いていないので、実際に使える言い回しは、講師との会話練習で学んでいきます。限りあるレッスン時間を有効活用するために、事前に英文を準備し何度も声に出して読んでおくとよいでしょう。

ホームワークの所要時間は平均2~4時間で設定されています。忙しく時間がなかなか取れない方は、課題に優先順位をつけ、効率よく進めるよう工夫が必要です。

週末のホームワークはスクリーンショットなど写真を撮り、日曜日の23時59分までに、メールでコンサルタントに提出します。成果保証の関係もあるので、ホームワークは日曜日中の提出が必須となります。

4.体験レポート:レッスン受講

平日のレッスンは「ホームワークレッスン」「レベルアップレッスン」「ブラッシュアップレッスン」の3種類のレッスンで構成されています。週の最初のレッスンは、週末のホームワークをベースとした「ホームワークレッスン」です。

レッスンレポート① ホームワークレッスン

ホームワークレッスンは週末のホームワークの学習内容を補完するためのレッスンです。語彙・表現の確認や、ホームワークで「理解」したことを「使える」ようにするために、実践的な会話トレーニングを行います。

まずはクイックレビューとしてホームワークで学んだ単語やフレーズを確認します。次にテキストの「Work with a partner」の会話文を使って、講師と会話を練習します。英文をそのまま読み上げるのではなく、講師の設定したシチュエーションに合わせて言葉を入れ替えながら、何度もロールプレイを行います。講師からの指示に柔軟に対応するためにも、事前に英文を何度も読み込んでおくことが大切です。

スマートメソッドレッスン②

ホームワークレッスンのレッスンルーム

会話練習では、常に講師から簡単なフィードバックがあります。受講生のVocabulary(単語)・Grammar(文法)・Pronunciation(発音)をチェックして、適切な語彙・表現の選択や文の正確さ、正しい発音など、会話の実践に必要な知識やスキルをさまざまな角度から指導してくれます。

【例】
・語彙・表現の誤り(国名の名詞と形容詞の違い)

(誤)It’s a Finland brand.
(正)It’s a Finnish brand.

・レセプションで予約を確認する場面で使う表現

I’m from ●●● Company. Can I confirm my reservation?
(●●●会社の者です。予約を確認できますか?)

より簡潔な言い回しを紹介
Is there a reservation from ●●●?
(●●●会社の予約はありますか?)

レッスンの最後には振り返りの時間があります。レッスン中に指摘された点を復習し、学習内容の定着をめざします。また、この時間を使い講師に自由に質問することも可能です。時間内に解説が終わらなかったものについては、受講者専用のダッシュボードにある「レッスンレポート」に講師より回答が届いていました。

レッスン終了後、ダッシュボードで確認できる、レッスンレポートとチャットのログで、フィードバックの内容をしっかり復習し、次回の「レベルアップレッスン」につなげようと思いました。

5.ホームワークレッスンまでの感想

初回レッスンは、ホームワークでしっかり予習を行っていたため、レッスンは比較的スムーズにこなせるだろうと思っていました。しかしながら実際のレッスンでは、ホームワークの答え合わせではなく、実際の会話場面を想定したやり取りなどの応用練習を取り入れながら進行するトレーニングでした。言いよどんでしまい会話につまる場面も多く、講師の一語一句を聞き逃さないようにと必死でした。1回50分のレッスンですが、初回だけでも多くの表現を学び、スピーキングとリスニングが相当鍛えられたのでは、と感じました。

また、事前のホームワークで予習をして、講師とのレッスンの場で学びを深めていくスタイルは、とても効果的だと感じました。受講生自身が、予習は大切だと気づくので、ホームワークにも自ずと真剣に向き合うような姿勢が身に付き、学習サイクルの好循環を生み出していると感じました。

体験レポートの【後編】では、残り4回のレッスンとウィークリーテスト、そしてコンサルティングの様子をお届けします。

【関連ページ】レアジョブ英会話の口コミ・評判
【関連ページ】レアジョブ英会話の短期集中プログラム「スマートメソッド®」とは?レベルチェックを体験!

The following two tabs change content below.
Yoko

Yoko

海外留学や夫の赴任で海外在住経験あり。留学時代は住み込みのベビーシッターからホテルのレセプションまで様々なアルバイトも経験。海外で出産して現在は一児の母。子供が母国語以外の言語をいかに楽しく自然に身につけることができるか興味を持ち、ベビーシッター時代の経験をもとにいろいろと研究中。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る