「DMM英会話」5周年記念イベントを開催!英語を楽しく続ける新機能「メダルコレクション」も初披露

DMM英会話5周年記者発表会

オンライン英会話の「DMM英会話」が5周年を記念し、2月22日(木)に六本木オフィスにて記者発表会を行いました。今回はEnglish Hub編集部より会場の様子をお届けします!

当日は、DMM英会話の上澤代表、CTOのL.McCrohon氏、一般財団法人英語教育推進機構の安河内理事が一人ずつ登壇し、DMM英会話のサービスやそれぞれが考える英語学習に関してのお話しを聞くことができました。

まず上澤氏は、英語力習得において大切なことや、DMM英会話が提供するサービス内容についてお話しくださいました。

DMM英会話5周年記者発表会

DMM英会話 上澤代表

上澤氏は5年間の運営をとおして「英会話学習のゴール設定の難しさ」が一番の課題だと感じていたといいます。生徒や目的、レベルに応じて目的は異なりますが、ゴールがあやふやなままだと学習の方向性も定まりません。そこでDMM英会話は、生徒一人ひとりが「私は英語を話せる」というマインドセットを身につけることをゴールに設定しました。

上澤氏によると、英語を話せるようになるには「約3,000時間」が必要であり、話せるようになってからも定期的に英語に触れることが大切だといいます。3,000時間は米国国務省の機関・FSIの調査結果で明らかになったもので、インプット・アウトプットに関しての考え方は東京大学の中原淳准教授が述べている「バスタブ理論」を参考にしているそうです。

3,000時間の学習を積み重ねながら効率よく学習するために、DMM英会話では、すきま時間にアウトプットするオンライン英会話「DMM英会話」、こまぎれ時間にインプットする英語学習アプリ「iKnow!」、困ったときのオンライン英語Q&Aサービス「なんてuKnow?」、そして2017年2月にはまとまった学習時間が確保できる、世界12か国に対応した留学エージェント「DMM留学」をスタートしました。このようにDMM英会話では、設定したゴールへ向けて、英語学習者の方が効率よく英語に触れることのできるサービスをトータルで提供しています。

dmm-english-5th-3

DMM英会話CTO L.McCrohon氏

続いて登壇したのは、研究開発を行っているMcCrohon氏です。DMM英会話では4,661種類のオリジナル教材を提供しており、昨年はオリジナル教材の開発チームに言語学の学者をふくむ6名を増員し、リニューアルを行いました。McCrohon氏は、教材選びの方法について、今の自分に合ったレベルやまったく理解できないレベルではなく、現在の自分より少し高いレベル、ギリギリわからないレベルの教材を選ぶのがおすすめだと話していました。

一番人気のオリジナル教材「デイリーニュース」もリニューアルされた教材のひとつです。現在は生徒の半数以上がこのデイリーニュースを使って学習しており、記事内の「ボキャブラリー」を講師が読み上げ、生徒が続いて復唱します。毎日新しい英文記事を更新し、記事が出るスピードが早いことと、興味がもてるように個人の趣味に合った記事が表示されることが特徴です。

そしてMcCrohon氏は、新たなサービス「メダルコレクション機能」を開始すると発表しました。メダルコレクションは、レッスンを受講すると、オンライン上で講師の国の国旗のメダルがもらえるというもので、1レッスンで銅メダル、3レッスンで銀メダル、10レッスンで金メダルへと色が変化します。講師が113か国に約6,500人いることを強みとしているDMM英会話だからこそできる遊び心のある新しいサービスで、受講回数を重ねる楽しみを感じながらオンライン英会話を受講することができます。

dmm-english-5th-4

新サービス「メダルコレクション機能」

McCrohon氏によると「やる気をだすと勉強を続けやすくなり、英語力が向上する。また同じ時間勉強しても、モチベーションが高い状態で取りくんだ方が効率がよく、成長が早い」との考えから、言語習得にゲーミフィケーションをかけあわせたメダルコレクション機能を開発したということです。

dmm-english-5th-5

一般財団法人英語教育推進機構 安河内理事

最後に登壇した安河内理事は、2020年に大学入試の内容が変わることから「4技能試験がもたらす英語教育大革命」をテーマに、講義形式で話しを展開しました。今まで入試問題の半分以上は読解や和訳がメインでしたが、今後は日本語を使う問題はなく、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングがそれぞれ4分の1ずつの割合で出題されます。

安河内理事は「今後は英語を話せる後輩がどんどん入ってくるでしょう。そんな時に『先輩、学校で英語習わなかったんですか?』と言われないようにしたいですね」といい、さらに自身もオンライン英会話のファンだと話したうえで、実践を積むために「オンライン英会話」がもっとも良い方法だとすすめました。

DMM英会話の提供するサービスは、生徒が毎日英語学習を続けられることを重視し、さまざまな方向から英語学習のアプローチを行っています。英語学習が続けられない方やゴール設定に悩んでいる方は「私は英語を話せる」という状態を実現できるDMM英会話で、英語学習の一歩を踏みだしてみてはいかがでしょうか。

dmm-english-5th-7

【関連ページ】DMM英会話、会員対象に「5周年記念キャンペーン」実施中!
【関連ページ】サービス開始1周年のDMM留学がこの1年間で人気の留学先ランキングとユーザー動向を発表
【関連ページ】DMM英会話の口コミ・評判を見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

English Hub 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

English Hub 編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞


DMM英会話5周年記者発表会