「英語力があると転職に有利だと思う」96%、ロバート・ウォルターズ調査

英語を使う求人を紹介する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(以下、ロバート・ウォルターズ・ジャパン)は2月19日、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキルを用いて働くグローバル人材を対象に実施した転職に関するアンケート調査の結果を発表しました。

この調査によると、回答した275人の会社員のうち「英語力が備わっていると転職に有利だと思うか」という質問に対して96%が「有利だと思う」と回答しました。

そして、ネイティブレベル、流暢レベル、ビジネスレベル、会話レベルに区分された英語レベル別に回答をみると、会話レベルでは「有利だと思う」と回答した割合が91%でしたが、より高い英語レベルになるにつれこの割合が増加し、ネイティブレベルでは全員が「有利だと思う」と回答しました。

さらに、年齢別にみると、25~34歳の回答者で91%、55~64歳の回答者で100%であり、年齢別の大きな乖離はみられず、業種別にみると、IT分野で働く回答者では全員が「有利だと思う」と回答しました。

このように、業種・年齢によらず、ほぼ全員が転職を有利に進めるうえで英語力があると役立つと考えていることがわかりました。

続いて「自身の英語力は十分だと思うか」という質問に対しては、バイリンガル人材の75%が「いいえ」と回答し、ネイティブレベルの回答者でも43%が自身の英語力は十分でないと感じていることが分かりました。

最後に「英語力を伸ばすために努力しているか」という質問に対しては、バイリンガル人材の83%が「はい」と回答しました。英語レベル別の回答をみると、会話レベルでは76%が、ネイティブレベルでは86%が英語力を伸ばす努力をしていることがわかり、英語力の高まりに比例してさらなる努力がみられることがわかりました。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、今回の調査結果からは「働き手側も日常業務での英語ニーズの高まりを察知し英語力強化に取り組んでいる」ことがうかがえるとしています。

英語が必要な業務に携わりながらも、実際の現場で思ったように伝えられず、はがゆい思いをしたことがある方も多くいると思いますが、英語がわかる、話すことができる状態になるには、日ごろから英語に触れ続けられる環境を構築し、新たな知識をインプットしてアウトプットする場を設けることが大切です。

日ごろから情報収集を英語で行う、知らない単語を調べる、発音するなどして英語に触れるほか、オンライン英会話や通学式、パーソナルコーチ式、短期集中型スクールなどの利用によりスキルアップし、ぜひキャリアアップにつなげてください!

【関連ページ】できるビジネスマンが大金を払ってでもパーソナルコーチ式スクールで英語を学ぶ5つの理由
【関連ページ】高まる日英バイリンガル人材需要。ロバート・ウォルターズ調査
【関連ページ】英語学習者なら知っておきたい、英語力と収入の密接な関係
【関連ページ】年収600万円以上の半分が転職時に英語を学習!英語で年収アップを実感

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。