英語学習コーチングサービス「THE CONSULTANT」、AI技術を活⽤したスピーキング能⼒評価ツールを提供開始

自習型の英語学習コーチングサービス「THE CONSULTANT(ザ・コンサルタント)」を運営する株式会社スタディーハッカーが、最先端AI技術を活用したスピーキング能力評価ツールを開発し、2019年12月17日(火)より同サービスにおいて提供を開始することを発表しました。

「THE CONSULTANT」では、今回の評価ツールリリースにより、今後は受講生自身でもスピーキングの内容や発音の正確性を確認することが可能となります。

THE CONSULTANT(ザ・コンサルタント)について

「THE CONSULTANT」は、英語学習を専⾨家がコンサルティングすることによって、受講生の学習⽣産性を最⼤化させる⾃習型英語学習コーチングサービスです。2018年に東京・新宿でサービスを開始以来、コンサルタントの的確な課題発見により、短期間で大幅に英語力が伸びると話題に。2019年10月には銀座、11月には埼玉県・大宮、12月には大阪・北浜にスタジオをオープンするなど、展開を拡大しています。

「THE CONSULTANT」では、第二言語習得研究をはじめ、言語に関する学問を大学や大学院で学んだコンサルタントが、受講生の学習計画を週単位でプランニング。学習内容は、受講生の現状の課題解決にフォーカスしたものであるため、無駄なく効率的に英語力を伸ばすことができます。さらにコンサルタントは、毎週の面談に加えて日々の学習までを遠隔でサポートしてくれるので、安心して自習を進めることができます。

スピーキング評価ツールについて

今回リリースされた評価ツールは、「総合評価」「発⾳」「完全性」「流暢さ」などの項目から、英語学習者のスピーキング力を評価するものです。ツールには、アイード株式会社の多次元スピーキング評価AI技術「CHIVOXセンテンスカーネル」および「CHIVOXパラグラフカーネル」が活用されています。

「CHIVOX」は、現在132の国と地域で利用され、毎⽉6億回以上のスピーキング能⼒評価が⾏われている英語スピーキング評価AI技術です。その優れた技術とユーザーの⾼い評価から、1000社以上もの製品に採用されています。

THE CONSULTANTでのスピーキング評価ツール活用方法

「THE CONSULTANT」では今回、第二言語習得研究で効果的とされる「パターンプラクティス」と「⾳読」という2つのトレーニングにおいて、スピーキング能力評価ツールを活用します。

「パターンプラクティス」とは、基本文法を使った文を繰り返し声に出して練習することで、英語を瞬間的に使えるようにするトレーニングです。また、「音読」は、英⽂を⽬で追いながら、実際に英文を声に出して読むトレーニングです。語彙力や文法力、正しい発音などが身につくため、リスニング力とリーディング力両方の向上に効果があります。

スピーキング評価ツールイメージ画像

これまでにも、受講生がTOEIC900点を突破したり、たった2ヶ月の自習でTOEICスコアを200点アップしたりと、数々の実績を上げている「THE CONSULTANT」のサービス。スピーキング評価ツールを活用し、受講生が自身でスピーキング力を確認できるようになる今後は、その学習成果がさらに期待されます。


現在、「THE CONSULTANT」の各スタジオでは、コンサルティングサービスを体験できる説明会を実施しています。

60分間の説明会では、英語のプロフェッショナルが、参加者の現状の英語学習における課題を学問的見地から分析。さらに学習習慣を身につけるための方法についても科学的に説明してくれます。今後の英語学習にすぐに活かせるヒントを多く得られるので、今、学習の方向性に迷いがあるという方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参照サイト】ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT公式サイト
【関連記事】THE CONSULTANT(ザ・コンサルタント)の口コミ・評判を見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る