産経オンライン英会話、AIで発音を効果的に学習する「Aispeak」を無料公開

英語スキルの中でも日本人の多くが苦手としているのが「発音」です。英語学習に取り組んでいる皆さんの中には、ネイティブスピーカーの発音をマスターするため、単語の発音練習や長文の音読、さらにシャドーイングなどの反復練習に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか?

発音を磨くにあたっては書籍からアプリまで様々な教材を活用できますが、具体的なフィードバックが得られないと、なかなか上達するのは難しいものです。しかし、英会話スクールに通うだけでは効率的に発音を磨くことはできません。そこでおすすめなのが、産経ヒューマンラーニング株式会社が運営する「産経オンライン英会話」が5月27日から新たにスタートしたサービス「Aispeak(アイスピーク)」です。

Aispeakは、AI(人工知能)を活用した発音・会話力判定ができる効果的な英語学習ツールです。単語、センテンス、パラグラフの発音および流暢さまで詳しく判定する技術を活用しており、「日本人が苦手とし、かつ自習しづらい発音を効果的に学習し、ネイティブスピーカーに通用する英語の習得に役立てる」という頼もしいプログラムとなっています。

アイスピークに導入されているAIは、中国発の英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」。これまでに132の国および地域、1000社以上の企業で導入され、1億3000万人の利用実績があります。さらに1日あたりのアクティブユーザーは約3500万人を数え、蓄積される大量の学習データにより精度が日々改善されています。

チボックスでは発話内容を音素レベルで評価することが可能なため、発音の間違いや漏れを認識し、課題を学習者に適切にフィードバックすることができるのが特徴。評価対象も単語だけでなく、センテンス、パラグラフの単位で、抑揚や流暢さを含めた判定を行うこともできます。また、対話問題の中に組み込むことや、図示されたものを状況説明させるような問題、テーマに沿って口頭で作文させるような問題にも対応することも可能です。

産経ヒューマンラーニングはこの技術を生かして、大人から子どもまで幅広くレベルに合わせた発音練習ツールを提供するほか、今年中に英語スピーキング能力判定テストの実施も予定しています。27日に公開されたベータ版は単語、フレーズ、センテンスの発音評価サービスを無料で提供。その後パラグラフの単位での評価機能やディクテーション判定機能を追加し、英語での自由回答をAIが即時に判定できるサービスとし、今秋の有料化を目指すということです。

最初は無料で試せるとのことなので、発音を磨きたいという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

【参照サイト】産経オンライン英会話
【関連ページ】産経オンライン英会話の口コミを見る

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る