TOEIC問題集はどれがおすすめ?英語学習ライター兼講師が目標スコア別に厳選!

沢山のTOEIC対策問題集がある中で「どの問題集を使ったらいいのか」と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

TOEICの問題集を選ぶ際には、自分自身の目標スコアに合ったものを選ぶことをおすすめします。目標スコアによって、集中して対策するべき問題のタイプが異なるためです。自分の目標スコアに合った問題集を解くことで、効率よく目標スコアの達成を目指せます。今回は、TOEIC965点でTOEICコーチの経験も持つ筆者が、目標スコアごとにおすすめのTOEIC問題集を紹介していきます。

目次

※記事内の情報は2021年7月23日時点のものです

TOEIC全受験者におすすめの問題集

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』

TOEICを受験する全ての方におすすめの問題集は、『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集(以下、『公式問題集』)』です。1冊の公式問題集に、テスト2回分の問題(計400問)が収録されています。

公式問題集の問題は、TOEIC Program を開発しているETSが、本番のテストと同じプロセスで制作しています。レイアウトも本番試験そのものなので、演習に最適です。さらに、スコア換算表が付属しているので、自分の予想スコアを把握できます。

2016年5月より導入された新形式問題に対応した公式問題集には、『TOEIC テスト公式問題集 新形式問題対応編』と、『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』1~7までの計8冊があります。『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』は、数字が大きいものほど新しく出版されたものです。最新の試験傾向が反映されている『公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7』から、降順で取り組むことをおすすめします。

TOEIC600点以上を目指す人におすすめの問題集

『公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リスニング編』

TOEICスコア350〜700点レベルの方を対象とした、リスニングに特化した公式教材です。

前述の公式問題集シリーズと同様に、TOEIC Programを開発しているETSが制作した公式教材で、本番のテストと同じ「公式スピーカー」がリスニング音声を担当しています。本番と同じスピーカーの音声を使ってリスニング対策に取り組めるのは、大きなメリットです。

また、本シリーズは書き込みながら学習を進めていくワークブック形式になっています。きちんと聞き取れていない部分を曖昧なままにせず、苦手箇所をしっかり把握できるのが特徴です。リスニングが苦手なTOEIC初心者の方におすすめです。

『公式TOEIC Listening & Reading プラクティス リーディング編』

TOEICスコア350〜700点レベルの方を対象とした公式教材のリーディング編です。前述のリスニング編と同じく、書き込みながら学習を進めていくワークブック形式になっています。ガイドに沿ってロジカルに考えながら解き進めていくことにより、一つ一つの問題の解き方やポイントを深く理解できます。

TOEICのリーディング問題を「感覚や勘に頼ってなんとなく解いている」という方は、ぜひ本書を通して、問題を解く際の思考の流れを理解してみてください。また、TOEIC初心者で「リーディングセクションに特化してじっくり対策したい」という方にもとてもおすすめです。

TOEIC700点以上を目指す人におすすめの問題集

『TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問』

本書の問題は、本番試験に近いレベルでありながら、公式問題集シリーズと比べるとやや難しめの問題も含まれています。また、本書にも公式問題集と同様に、スコア換算表が付いています。

700点以上を目指すためには、多くの問題を解き、TOEICの問題パターンを掴むことも大切です。本書には、試験3回分の問題(計600問)が収録されているので、TOEICの問題を沢山解いて問題慣れをしたい方におすすめです。

『TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 730点突破』

「東進ブックス レベル別問題集」シリーズの本書は、730点突破を目指す方向けの教材です。レベルに応じた無理・無駄のない学習で、目標突破に必要な力が身につきます。

本書には、1回10分で行える、本試験と同じ問題形式のミニテスト24回分が収録されています。少しずつ学習を進められるので、忙しい社会人・学生の方でも気軽に取り組めて継続しやすいでしょう。

TOEIC800点以上を目指す人におすすめの問題集

『世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2 [800点突破レベル] 』

本書は、分かりやすさを追求して制作された、800点突破を目指す方向けの問題集です。本番と同じ形式の模試2回分が収録されています。

著者は、カリスマ英語講師として著名な関正生先生。本書はそのタイトル通り、関先生による解説が非常に分かりやすいのが特徴です。学習者がつまずきやすいポイントの数々を、関先生が噛み砕いて解説してくれています。

TOEIC900点以上を目指す人におすすめの問題集

『TOEIC(R)テスト新形式精選模試リスニング』

本書には、模試5回分ものリスニング問題(計500問)が収録されています。問題の難易度は、公式問題集などと比べて高めに作られているので、900点の壁突破を目指している方にとてもおすすめです。

TOEICでは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの4ヶ国の話者がスピーカーとして登場します。本書では、本番の試験と同様に、4ヶ国のスピーカーによる音声を使ってリスニング学習に取り組めます。様々な発音に慣れておくことで、本番でも戸惑うことなく問題を解き進められるでしょう。

『TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング』

上記のリスニング編と同様、模試5回分のリーディング問題(計500問)が収録されています。リーディング編もやはり問題の難易度が高めなので、すでに基礎力を持っていてTOEICハイスコアを目指している方にぴったりの問題集です。

全ての設問に対して、正解するための手順や考え方の説明が丁寧にされているので、解答までのプロセスをきちんと理解できます。スコアアップに直結する問題集として、自信を持っておすすめできるシリーズです。

まとめ

今回は、TOEIC965点でTOEICコーチの経験も持つ筆者が、目標スコアごとにおすすめのTOEIC問題集をご紹介しました。

TOEICはスコアが5点〜990点と幅広いので、目標スコアに合った問題集を選んで学習することで、無駄なく目標達成を目指せます。今回ご紹介した内容を参考にしながら、ぜひ自分にぴったりの問題集を見つけてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
佐藤 千嘉

佐藤 千嘉

中学2年時にニュージーランドの現地校へ1年間留学。高校進学後、オーストラリアへ交換留学で再び1年間留学。高校在学中に英検1級、TOEIC965点、TOEFL iBT106点を取得。早稲田大学国際教養学部に現役合格。英会話講師やTOEICコーチの経験を経て、現在はフリーライターとして活動している。

TOEICに関する記事の一覧を見る

TOEICのパート別対策に関する記事の一覧を見る

TOEIC対策ランキングの一覧を見る

TOEIC対策におすすめの英語学習サービス

TOEIC対策に強い英会話スクール

TOEIC対策に強い英会話スクールの一覧をまとめています。

TOEIC対策に強いオンライン英会話

TOEIC対策に強いオンライン英会話の一覧をまとめています。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数90万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム