ネイティブキャンプ「おもてなし100プロジェクト」6月中旬開始

オンライン英会話サービスのネイティブキャンプは5月30日、「おもてなし100プロジェクト」を6月中旬より開始することを公表した

「おもてなし100プロジェクト」では、日本人が自分の出身地以外の都道府県も英語で紹介できるよう、日本各地の特色やアピールポイントを1つの県につき1つ以上用意する教材を作成する。これは全てオリジナル教材として作成される。利用料金はネイティブキャンプの月額料金のみで、教材利用料は無料だ。多くの訪日外国人が見込める2020年の東京オリンピックまでに100か所分に該当する100種類の教材の作成を予定しているという。

ネイティブキャンプは「世界73億人を繋ぐ」サービスを目指すオンライン英会話サービスであり、月額4,950円で、24時間、回数無制限でいつでもレッスンを受けることが可能だ。予約してレッスンを受けることも、予約なしでレッスンを受けることもでき、アプリ配信によりパソコンだけではなくスマートフォンからも利用可能だ。

【参照リリ―ス】すべての都道府県にスポットライトを!ネイティブキャンプ英会話、「おもてなし100プロジェクト」開始
【サービス紹介ページ】ネイティブキャンプのおすすめポイント・口コミ・評判

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る