ビズメイツ、エグゼクティブ・ベンチャー経営陣のための英語力向上プログラム開始

ビジネス特化型のオンライン英会話学習サービス「Bizmates」を展開するビズメイツ株式会社(以下、ビズメイツ)は7月10日、ビジネススキルに特化した英会話プログラム「Other Programs」の新たなサービスとして、企業の社長・役員などエグゼクティブを対象とした英会話レッスン「Executive Basics」と「Executive」を提供開始しました。

教材イメージ

今回ビズメイツが始める「Executive Basics」と「Executive」は、エグゼクティブが海外のステークホルダーに対して行うコミュニケーションを想定した実践的な内容をテーマとして、英語での効果的なコミュニケーション方法を学ぶことができるプログラムです。受講することで、自社サービスや業界、ビジョン、競合などについて英語を使って明確に話すことができるようになります。また中級以上のレベルでは、メディアからインタビューを受けた際の効果的な対応についても学ぶことができるなど、エグゼクティブのコミュニケーションシーンを幅広く網羅しています。

レッスン項目

特に現在注目されている「ユニコーン企業」の創出にもビズメイツのプログラムが功を奏することが期待されます。政府は「未来投資戦略2018」の中で、2023年までに「企業価値又は時価総額が10億ドル以上となる、未上場ベンチャー企業(ユニコーン)又は上場ベンチャー企業」を20社創出するという目標を掲げており、アメリカ、中国と比較して圧倒的に少ない「ユニコーン企業」の創出に向けて取り組んでいます。今年6月11日には経済産業省発のベンチャー企業支援プログラム「J-Startup」が始まるなど、大きく成長を遂げる企業の可能性に注目が高まっています。

このように高く注目されるベンチャー経営陣や大手企業のエグゼクティブがグローバルに事業を展開するにあたり、一通り想定される海外取引や海外投資家などの対応を自ら英語で行うことができるようになることは、ビジネスシーンで大きなチャンスを獲得することに直結します。そして、今回のビズメイツのプログラムの成果が、世界と取引する日本企業の増加に貢献することにも期待です。

【関連ページ】Bizmates(ビズメイツ)の口コミ・評判
【参照ページ】未来投資戦略2018

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

English Hub 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

English Hub 編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞