「軸として」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は『軸として』です。

「〜を軸として」は、ビジネスの会議や大臣のスピーチなどのフォーマルな場だけではなく、「人生の軸」のように日常的な場面でも使われる便利な言葉です。用途が多い言葉ほど、一筋縄では訳せない時が多いのですが、さてあなたならどう訳す?

【訳す時のポイント】
「軸」を他の言葉に言い換えてみよう

「軸」のように、それ単体では意味を判断しづらく、文脈によって広義に解釈できる言葉は、より具体的な言葉に言い換えてみましょう。今回ご紹介する例文は、場合によっては「そこまでは言っていない」というような思い切った訳であることにご留意ください。

  1. 「日本と世界をつなぐ架け橋となれる仕事」を就活の軸としています。
    My ambition is to become a bridge between Japan and the rest of the world through work.

    「就活の軸」は「将来仕事を通じて成し遂げたい大きな夢や展望」と解釈することができます。そこで、「大きな夢や展望」という言葉に着目し、ここでは”ambition”と訳出しました。状況によっては”dream”や”mission”を使うこともできます。

  2. 世界的に有名な日本人の芸術家はオーストラリアを軸に活動している。
    The world-renowned Japanese artist is based in Australia.

    「(場所)~を軸に」は「~を拠点として」と言い換えると、based in~という訳が出てくるのではないでしょうか。

  3. このプロジェクトの軸となるのは、「80年代ファッションの再流行」だ。
    The goal of this project is to bring back 80’s fashion styles.

    この訳例では、「軸」を「目的」と言い換えました。他にも”purpose”や”focus”を使うことができます。

  4. 「素材をそのまま活かす」ことを軸に、料理を創作しています。
    When I cook, I put the most importance on using ingredients as they are.

    料理を創作するうえで「最も重要な点」=「軸」と解釈した訳例です。

    また、「軸」を日本語でも使われる「モットー」に言い換えて、
    My motto when I cook is “use ingredients as they are.”
    と訳出することもできます。

  5. 彼を軸に、このサッカーチームは成り立っている。
    He is the heart of the team.

    「チームの軸」は「チームになくてはならない存在」=「心臓部」と言い換えました。
    「軸」という元の言葉を活かし、”pivotal player”という表現も使えますが、”heart”は常にそのチームの中核となる選手であるのに対し、”pivotal player”は「その試合のMVP」のような、短期的なニュアンスがあります。

    The pivotal player in the game was one who made three goals all by himself.
    (たった一人で三得点挙げた選手が、その試合のヒーローだった。)

  6. 日本を軸に世界的な技術革新が進んでいる。
    Japan plays a key role in technological innovation throughout the world.

    ここでは、日本が技術革新の「重要な役割を担っている」と解釈し、”play a key role”という表現を使った訳出をしました。

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

通訳エージェントが開発した2つのプログラム

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」とTOEIC®特化型プログラム「One Month Program TOEIC®」を提供しています。

「One Month Program」では、「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そしてネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより短期間で効率的に英語力を磨きます。

「One Month Program TOEIC®」では、アウトプットを重視した通訳トレーニングメソッドを応用し、TOEIC®攻略の鍵となる「基礎知識」「語彙力」「スピード感」を1カ月の集中学習で養成します。経験豊富な専属トレーナーが「今年こそ、TOEIC®750点達成」を目指す受講生をサポートします。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!