『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』発売!おすすめ活用法を著者に聞く

TwitterやInstagramで、英単語のニュアンスや使い分けなどを解説している英語学習アカウント「こあらの学校」。発信者である「こあたん」さんの、英語学習者に寄り添ったわかりやすい説明が評判を呼び、Twitterのフォロワー数は約35万人(2022年2月現在)と、学習者から絶大な支持を集めています。

2020年11月に発売された、「こあらの学校」の初書籍『読まずにわかる こあら式英語のニュアンス図鑑』は、10万部を突破。2022年1月には、2冊目の著書となる『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』が発売されました。

『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』(こあらの学校 著)

今回は、著者「こあらの学校」校長のこあたんさんに、本書の内容やおすすめの活用方法などについてお話を伺いました!

著者:こあらの学校

オーストラリア在住のこあたんが校長の「世界中どこでも楽しく生きられる」を目指す学校。楽しく、わかりやすく英語を学べる情報をTwitterおよびInstagramで毎日発信。大人になるまで海外経験がなく、もともとは英語に苦手意識があったこあたんだからこそわかる、英語学習者が本当に知りたいポイントが大好評。特にTwitterは一目で内容がわかるかわいいイラストとシュールなおもしろさが支持され、フォロワー数は35万人を突破。
Twitter/Instagram:@KoalaEnglish180
YouTube:こあらの学校 英語の時間

『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』著者インタビュー

Q:『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』を書かれたきっかけとは?

20歳のときに初めて挑戦した海外留学で、自分が日常で使う単語をいかに知らなかったかを痛感したんです。友達とカフェに行って「このマフィン、しっとりしてるね」と言いたいのに、「しっとり」が言えないから仕方なく「このマフィン、美味しいね」と言ったり、今にも漏れそうな状態なのに「漏れそう」が浮かばなくて「トイレに行きたい」としか伝えられなかったり。

日常的な単語やフレーズって、意外と学校では教えてもらえないんですよね。そんな留学時代を思い出して、この本を作りました。教科書には載ってない、本当に日常で使いたい単語を2,000語以上掲載しています。

Q:本書は、特にどのような英語学習者におすすめですか?

日常で使える単語を楽しく学びたい方におすすめです。簡単な単語を使ってなんとか相手に意図は伝えられるものの、自分が本当に言いたいことを言えずにもどかしい思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。そんな方が本当に使いたい英単語が、この本できっと見つかると思います。

また、全ページにイラストをふんだんに使っているので、日本語を介さずにイラストから英単語を学ぶことができます。「コーヒーの種類」や「世界共通のインスタのハッシュタグ」など、普通の単語帳には載っていない豆知識もたくさん詰め込んだので、どんな人でも飽きずに楽しく学べる本になったと思います。

Q:本書のおすすめの活用方法はありますか?

この本は1項目1見開きの構成になっているので、最初から読み進める必要がなく、どのページからでも勉強を始められるようになっています。あまり英語の勉強だと思わずに、息抜きのつもりで1日1ページ眺めてみてください。

難しい説明は極力カットしてビジュアルで伝えることにこだわったので、子どもが図鑑を眺めるような感覚で、楽しく学べると思います。「キュンとくる」「猫のヒゲ」のような面白い表現もたくさん載っているので、友達と一緒にクイズを出し合ってみても楽しいかもしれませんね。

Q:英語学習者に向けてメッセージをお願いします

みなさんが英語を学ぶ目的は何ですか?もしそれが受験に合格することや、TOEIC・英検で高得点を取ることであれば、残念ながら私の本はお役に立てないと思います。

英語は本来、試験科目ではなく、コミュニケーションの手段です。世界中の人と話してみたい、海外の映画やドラマを楽しんでみたい、海外で働いてみたい。そんな想いで英語を勉強している方は、まずは英語の勉強そのものを楽しむことが一番です。これまで堅苦しい参考書で挫折してしまった方のために、できるだけ楽しく学んでもらいたいと思ってこの本を作りました。一緒に楽しく頑張っていきましょう!

インタビュー後記

身近なのに意外と知らない英単語や、気持ち・感覚を細かく伝える英語表現などを学べる、『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』。イラストが豊富で、単語や表現を視覚から覚えられるので、英語に苦手意識がある方にとって、英語を好きになるきっかけになるかもしれません。英語表現の幅を広げたい方や、ネイティブらしい英語フレーズを使えるようになりたい方にぜひおすすめしたい一冊です。


『これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑』概要

商品名:これを英語で言えるかな? こあら式 意外と知らない英単語図鑑
著者:こあらの学校
定価:1,650円(税込み)
発売日:2022年1月20日(木)
単行本(ソフトカバー):‎ 255ページ
出版社:マガジンハウス

【関連ページ】Twitterフォロワー22万人超!大人気の英語学習アカウント「こあらの学校」インタビュー
【関連ページ】本当におすすめできる人気のオンライン英会話31社を徹底比較!

The following two tabs change content below.
佐藤 千嘉

佐藤 千嘉

中学2年時にニュージーランドの現地校へ1年間留学。高校進学後、オーストラリアへ交換留学で再び1年間留学。高校在学中に英検1級、TOEIC965点、TOEFL iBT106点を取得。早稲田大学国際教養学部に現役合格。英会話講師やTOEICコーチの経験を経て、現在はフリーライターとして活動している。