IIBC、2017年度新入社員のTOEIC平均スコア最新データを公表

一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(以下、IIBC)は7月11日、2017年度のTOEIC(R) L&R団体特別受験制度(以下、IPテスト)を実施している企業・団体における、2017年度新入社員のTOEIC(R) Listening & Reading(以下、TOEIC(R) L&R)最新データを公表した。

同データは、2017年4月から5月末日までにIPテストを受験した新入社員のTOEIC(R) L&Rのスコアを集計したものだ。発表によると、IPテストを実施した企業・団体数は770社、受験した新入社員は35,540人で、平均スコアは485点であった。年度別の平均スコアの推移は、2015年で494点、2016年で497点となり、2017年は微減したかたちとなる。

TOEIC(R) L&Rでは、2016年5月から新しい出題形式を採用している。IIBCは、出題形式の変更によるスコアへの影響はないとしているが、出題形式の変更やパート別問題数の変更が受験者にもたらす影響はゼロではない。

TOEIC(R) L&Rの受験者は、新形式の出題形式に慣れるためにも、TOEIC対策に特化したレッスンプログラムを提供する英語スクールやオンライン英会話での学習も検討してみることがおすすめだ。

【参照リリース】TOEIC(R) Listening & Reading団体特別受験制度 2017年度新入社員の平均スコアは485点

(English Hubニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井 真理

平井 真理

英語堪能な二人の姉とアメリカ人の義兄に囲まれながらマイペースに英語学習に取り組んでおり、最近は会話より英語読書にハマっています。英会話・英語業界をはじめとして幅広い業界にて商品紹介記事やノウハウ記事、ニュース記事のライティングを手がけています。

TOEICに関する記事の一覧を見る

TOEICのパート別対策に関する記事の一覧を見る

TOEIC対策ランキングの一覧を見る

TOEIC対策におすすめの英語学習サービス

TOEIC対策に強い英会話スクール

TOEIC対策に強い英会話スクールの一覧をまとめています。

TOEIC対策に強いオンライン英会話

TOEIC対策に強いオンライン英会話の一覧をまとめています。