“visit there”はNG!【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】

○月○日、とあるプロジェクトチームのミーティングの前にメンバー同士が歓談していました。Aさんが週末に行っていた伊豆旅行に関して話していた時に、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

【NG文】

  • Izu is amazing. You should visit there someday.
    (伊豆は素晴らしいです。ぜひいつか行ってみて下さい。)

visitの意味は「~を訪問する」で、後ろに名詞を置く「他動詞」として使われることが一般的です。また、there=in/at/to that place「その場所で・に」を表します。「(ある場所の範囲内、圏内、内側、中)で~をする(行動をする)」イメージがあり、「訪れる場所の対象」としては使わない単語なのです。

【正しい英語】

  • Izu is amazing. You should go there someday.
    (伊豆は素晴らしいです。ぜひいつか行ってみて下さい。)
  • Izu is amazing. You should visit someday.
    (伊豆は素晴らしいです。ぜひいつか行ってみて下さい。)
    ※visitを自動詞として使う。

その他の「そこに行く」の、ありえるパターンは以下の通りとなります。

(〇)go there
(〇)go to that place
(✕)go that place
(✕)visit there
(〇)visit that place
(〇)visit it
(〇)visit

実は相性の悪い単語の組合せがありますので、気をつけていきたいですね。

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。グローバル企業のオフィスを舞台に活躍する通訳者たちの体験をベースに、英語学習中のビジネスパーソンに役立つコンテンツをお届けします。

通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!