「先輩/後輩」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は『先輩/後輩』です。

日本では、学校でも職場でも「先輩/後輩」という言葉が日常的に使われています。しかし、ご存知の通り、英語圏ではこの「先輩/後輩」という考え方がないので、訳すときも工夫が必要です。

  1. 「田中さんは私より3年あとに入社した後輩です。」
    Tanaka-san is my co-worker who joined the company three years after me.

    • co-worker = 先輩/後輩

    英語では、年齢や年次の違いで呼び方を変えることはありませんので、先輩/後輩に関わらずco-workerという表現を使って問題ありません。

  2. 「運動部では、先輩(上級生)の言うことは絶対だ。」
    On a sports team, you must follow what the upperclassmen tell you.

    • upperclassman / underclassman = 上級生/下級生

    学校での先輩/後輩ということは、つまり上級生/下級生という意味になります。この場合は、英語にもupperclassman/underclassmanという表現がありますので、こちらを使うことができます。

  3. 「彼は、困ったときにいつも手を差し伸べてくれる大先輩です。」
    He is my mentor and always helps me out when I’m having a hard time.

    • mentor = 良いアドバイスを与えてくれる人、恩師

    mentorとは、自分のことをよく理解し、仕事やプライベートなど様々なことに対して、アドバイスを与えてくれる人生の指導者のような人のことを指します。

senior/juniorという表現

先輩/後輩の訳としてsenior/juniorがあげられますが、日本語のような意味合いでは用いられず、単に「年が上か下か」ということを表現します。

例)私(28歳)、弟(25歳)の場合

  • I’m three years his senior. (私は弟より3歳年上です。)
  • He is three years my junior. (弟は私より3歳年下です。)

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!