「〜に向けて」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は『〜に向けて』です。

「〜に向けて」と聞くとまず思い浮かぶ単語は”toward”ではないでしょうか?しかし、”toward”を使って「〜に向けて」を訳すことができる場面は意外と少ないことをご存知でしたでしょうか?

訳す時のポイント

towardは主に「地理的な方向」や「大きなもの」に対して使われる。
  • 「大型台風は日本に向けて進んでいます。」
    The huge typhoon is moving toward Japan.
  • 「世界平和に向けて常に努力し続けなければならない。」
    We need to make consistent efforts toward world peace.
「〜に向けて」が使われる文章は、「対象」「準備」「目標」の3つに大別できる。

例外はあるものの、大抵の場合はこの3つに分類できます。今回はそれぞれパターンで使える便利な表現をご紹介します。

  1. 対象 = face
    「先生は卒業生に向けて最後の言葉を贈った。」
    The teacher faced his students and gave a farewell speech to them.
  2. 準備 = in preparation for
    東京オリンピックに向けて英語版のメニューを作りました。」
    We made an English menu in preparation for the Tokyo Olympics.
  3. 目標 = in order to や working toward
    大学受験合格に向けて、毎日10時間勉強しています。」
    I am working toward passing the university entrance exam, studying 10 hours a day.
    I am studying 10 hours a day in order to pass the university entrance exam.

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

通訳エージェントが開発した2つのプログラム

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」とTOEIC®特化型プログラム「One Month Program TOEIC®」を提供しています。

「One Month Program」では、「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そしてネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより短期間で効率的に英語力を磨きます。

「One Month Program TOEIC®」では、アウトプットを重視した通訳トレーニングメソッドを応用し、TOEIC®攻略の鍵となる「基礎知識」「語彙力」「スピード感」を1カ月の集中学習で養成します。経験豊富な専属トレーナーが「今年こそ、TOEIC®750点達成」を目指す受講生をサポートします。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!