コスパ、ブラッシュアップなど「ビジネス和製英語」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今週の日本語表現のテーマは、「ビジネス和製英語」です。

サラリーマンやノルマなど、普段何気なく使っているカタカナ英語が実は和製英語だった、ということがよくあります。(ちなみにサラリーマンはoffice worker、ノルマはquotaです。)

今回は、ビジネスの場でよく耳にする和製英語の英訳3例をご紹介します。

  1. 「彼は先月入社したフレッシュマンだ。」
    He is a new employee who joined our company last month.

    • フレッシュマン(新人)= a new employee

    freshmanとそのまま言ってしまうと、英語では「高校/大学1年生」という意味になってしまうので注意しましょう!ちなみに、「入社」もenter a companyではなく、join a companyです。

  2. 「営業資料をブラッシュアップする必要があると思います。」
    I think we need to refine the sales materials.

    • ブラッシュアップ = refine

    brush upは「(錆びついたもの、忘れかけたスキルなど)を磨く」という意味になります。
    日本語の「ブラッシュアップ=~を洗練する、向上させる」というニュアンスの場合はrefineを使います。

  3. 「消費者はコストパフォーマンスの良い商品を購入したい。」
    Consumers want to purchase products that are good value.

    • コストパフォーマンスが良い = good value

    「安い値段で良いものを手に入れる」というニュアンスを言いたいとき、英語ではgood valueやgood dealといいます。英語でcost performanceやcost effectiveというと、経済や工学分野における高度な専門用語がイメージされてしまいます。

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!