“tell” と “say” の違いは?【英語ネイティブの使い分けを解説】

“tell” も “say” も、日常生活でよく使う表現ですよね。「話す、伝える」といった意味で何気なく使っているものの、それぞれが持つニュアンスについては明確に理解できていますか?

今回は、この2つの表現について学んでみましょう!

“tell”と“say”の使い分け

  • “tell” は「誰に伝えるか」にフォーカス
  • “say” は「発言内容」にフォーカス

“tell”:誰に伝えるか

“tell” は「誰かに情報を伝える」というニュアンス。“tell + 人 + 伝える内容” のように、基本的には「伝える相手」までがセットになる表現です。

  • Could you tell us your first name?
    下の名前も教えていただけますか?
  • My father told me that it was important to be true to yourself.
    自分を偽らないことが大切だと父は私に言った。

人に指示や命令をする場合も、“tell” を用います。

  • The police officer told him to get out of the car.
    警官は車から出るよう彼に言った。

※アメリカ英語のカジュアルな話し言葉では、“Mom said to tidy up my room.”(母さんが部屋を片付けるように言った。)のように、“say” が用いられることもあります。ただし、“tell” のように動詞の直後に「人」を置くことはできません。

なお、「伝える相手」がセットにならない例外として、以下のような慣用表現があります。

  • tell the truth(真実を伝える、本当のことを言う)
  • tell a lie(嘘をつく)
  • tell a story(話をする)

基本的には「誰かに何かを伝える」場合には “tell” と憶えておくのがよいでしょう。

“say”:発言の内容、言葉

“say” は、「口から言葉を発する」というニュアンス。発言の内容や言葉にフォーカスが置かれます。セリフや詩などを引用する場合も “say” を用います。

  • I proposed to my girlfriend during our trip and she said ‘yes’.
    旅行中、彼女にプロポーズして、「いいわ」と言ってもらえた。
  • She was so shocked that she didn’t say a word.
    彼女はとてもショックを受けて、声も出せなかった。

“say” を用いた有名な表現として “Say hi to him.”(彼によろしく伝えてね)がありますが、「誰に」を含める場合は前置詞 “to” をお忘れなく。

  • Say hello to your wife for me.
    奥さんによろしく伝えてね。

and more …

“say” を使った慣用表現

“say” を使った色んな慣用表現があります。以下は、ネイティブスピーカーの会話でよく使われるものです。

  • You can say that again!
    まったくその通りだ。
  • I can’t say for sure.
    何とも言えないよ
  • You don’t say?
    本当なの?
  • That’s easy for you to say!
    口で言うのは簡単だよ!
  • Never say never.
    絶対なんてものはない。 / 何が起こるかわからない。

“tell” のフォーマルな表現

“tell” のフォーマルな表現として、ビジネスメールになどでもよく使われる “inform” という動詞があります。

  • I am pleased to inform you that your application has been accepted.
    ご応募を受け付けたことをお知らせいたします。

主語と動詞がある節が続く場合は “tell” と同じように “inform + 人 + that ~” という形で使えますが、伝える内容が名詞(句)の場合は “inform + 人 + of/about ~” のように前置詞が必要になるためご注意を。

以下の例文のように「~」が伝える情報そのものである場合は “of”、「~」についての詳細な情報を伝える場合は“about” といった使い分けをします。

  • The police officer informed the press of the car accident.
    警察官は自動車事故のことを報道陣に伝えた。
    (事故が起こったという事実を伝えた)
  • The police officer informed the press about the car accident.
    警察官は自動車事故について報道陣に伝えた。
    (発生場所、時刻、死傷者の有無などの詳細も含めて伝えた)

「Gaba Style」より「英単語の正しい使い分け」シリーズをお届け!

Gabaマンツーマン英会話が運営する「Gaba Style」より、人気の英語学習コラム記事をピックアップ。【英語ネイティブの使い分け】シリーズとしてお届けします。Gabaマンツーマン英会話のカリキュラム担当スタッフが手掛けるコンテンツを通して、英語から見える新たな世界や発見をお楽しみください。

※当コンテンツの著作権は、提供元である Gabaマンツーマン英会話に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
Gaba Style

Gaba Style

Gaba Styleは「English」「Lifestyle」「Communication」の3つをキーワードに、「英語を使ったコミュニケーションの楽しさ」と、「英語のあるライフスタイルの豊かさ」を発信する英語学習コラム。英会話教室「Gabaマンツーマン英会話」が運営しています。