オーストラリア・シドニーへの語学留学が丸わかり!

ラテン語で「知られざる南の大陸」という語源を持つオーストラリア。その国土は日本の約20倍もあり、地域によって気候が異なるばかりか、国内でも時差があります。その広大な国土には手つかずの大自然が残り、グレートバリアリーフやエアーズロックなどの世界自然遺産が存在するだけでなく、多くの野生動物も暮らしています。そんな自然豊かなオーストラリアへ語学留学を検討されている方に、それぞれの人気都市について詳しくご紹介します。

今回は、オーストラリア留学で最も人気が高いシドニーについてのご紹介です。

シドニーの特徴

世界三大美港の一つとして知られるシドニー。港からは、折り紙で作られた帆船のような形をしたオペラハウスとシドニー湾にかかるハーバグリッジを一望できます。イギリス植民地時代を彷彿とさせる歴史的な建造物とモダンなビル群が共存し、青い海と緑豊かな自然を肌で感じることができる魅力的な街です。近くにはいくつもの美しいビーチがあり、都会とオアシスの両方を楽しめるのが最大の特徴といえるでしょう。

シドニーの概要

タスマン海に面したオーストラリア大陸の南東部に位置するシドニーは、国内最大の都市であり、ニューサウスウェールズ州の州都です。オセアニア地域で最も首都圏人口が多く、活気に満ちています。英国人が最初に入植した地でもあり、現在でも多くの移民が暮らすエリアです。街には民族別のエリアがあり、それぞれのエリアでその国由来の料理や物品を調達できます。また、観光地としても人気が高く、街中では多様な言語を耳にする国際都市でもあります。国内では最も交通機関が発達し、利便性の高さは国内一といえるでしょう。

シドニーの気候について

温帯気候の一つである温暖湿潤気候に属するシドニーは、年平均気温が17.8℃と一年を通して過ごしやすい気候です。冬は朝晩の気温が5℃前後まで下がりますが、日中は15℃前後まで上がり、凍えるような寒さではありません。夏は朝晩の気温が18℃前後、日中でも26℃前後と温和ですが、内陸部は砂漠地帯からのフェーン現象で酷暑になる日もあります。近年では酷暑となる日が増え、山火事も頻繁に発生しています。オーストラリアで最も多い自然災害が山火事だということは覚えておいた方がいいでしょう。日本と同様に四季がありますが、南半球に位置しているため、日本とは季節が逆になります。

シドニーの治安について

イギリスの経済誌「エコノミスト」が発表した「2017年世界の安全な都市」で、シドニーは7番目に安全な都市にランクインしました。このレポートは60の都市を対象に、49の指標を「サイバーセキュリティ」「医療・健康環境の安全性」「インフラの安全性」「個人の安全性」の4つのカテゴリーに分けて分析し、数値化したものです。結果からも分かるように、数字の上でも治安のよさが証明されています。とはいえ、どんな地でも危険を伴うエリアはあるもの。シドニーも例外ではありません。州政府は公式サイトで犯罪率を区分けして掲載しているので、犯罪率が高い西部エリアなどへはなるべく近づかない方がいいでしょう。特に、夜間の一人歩きには注意が必要です。どうしても行かなければならない場合は、一人ではなく誰かに付き添ってもらうなどの対策をとるのがベターです。

【参考ページ】Safe Cities Index 2017: Security in a rapidly urbanising world
【参考ページ】NSW Bureau of Crime Statistics and Research

シドニーのここがおすすめ

観光都市でもあるシドニーには、オペラハウスやサーキュラーキー、ボンダイビーチなどのおすすめスポットがたくさんありますが、その中でも特におすすめしたいポイントをご紹介します。

  1. マンリービーチ
  2. カトゥーンバ
  3. フェザーデール・ワイルドライフ・パーク
  4. ロイヤル・ボタニック・ガーデン

1. マンリービーチ

「マンリービーチ」は、ハーバーブリッジとオペラハウスの間にあるサーキュラーキーから、フェリーで30分程度のシドニー北部に位置する人気スポットです。ビーチの美しさと穏やかさは、街の喧騒を忘れさせてくれます。1.5kmにわたるビーチの片側は波が穏やかですが、北側は波がありサーフィンを楽しむ人であふれています。ビーチ沿いにはカフェやレストランが並び、遊歩道では犬の散歩やサイクリングをする地元住民を目にすることができるでしょう。また、水族館や美術館などもあるので、一日ゆっくりオーストラリア文化を体験してみてもいいかもしれません。

2. カトゥーンバ

ブルーマウンテンズ観光の玄関口となる「カトゥーンバ」。シドニーから約110kmと距離はありますが、奇岩スリーシスターズや大自然を満喫できるブルーマウンテンズの景観は、足を伸ばす価値があります。名物のトロッコ列車、ロープウェイ、ゴンドラの3つのアトラクションは迫力満点!日帰りのツアーもあるので、利用してみるのもいいかもしれません。ホテルもあるので、週末旅行としてのんびり行くのもおすすめです。トレッキングをしながら、壮大な自然を楽しんでみてはどうでしょう。

3. フェザーデール・ワイルドライフ・パーク

オーストラリアに来たら、シンボルともいえるコアラとカンガルーを目にすることなく帰国するわけにはいきません。シドニーの動物園といえば、タロンガ・ズーやワイルドライフ・シドニー・ズーが有名ですが、おすすめしたいのは「フェザーデール・ワイルドライフ・パーク」です。その理由は、動物が本来の棲息環境で暮らし、シドニーで野生動物の観察が体験できる唯一の施設だからです。ダーリングハーバーにあるワイルドライフ・シドニー・ズーはアクセスがよく、コアラと一緒に写真も撮れますが、屋内動物園です。せっかくオーストラリアにいるのですから、動物本来の暮らしを観察してみてください。フェザーデール・ワイルドライフ・パークでも、コアラとの写真撮影が可能です。車がないと行きにくいのでツアーがおすすめです。ちなみに、ニューサウスウェールズ州では、コアラを抱くことは禁じられています。

4. ロイヤル・ボタニック・ガーデン

モダンなビル群が林立するシドニーの憩いの場ともいえる王立植物園「ロイヤル・ボタニック・ガーデン」。絶滅危惧種や珍しい種類の植物が集められ、その種類は1万7,000以上に上ります。ランドマークであるオペラハウスの横に位置し、周辺は広大な公園になっていることもあり、ピクニックやサイクリングなどを楽しむ人で賑わっています。オペラハウスから海沿いの遊歩道を進むと、シドニーで最も美しいとされるビューポイント「ミセス・マッコーリーズ・チェア」に到着。青い海を挟んで、オペラハウスとハーバーブリッジが一望できます。散歩がてら、のんびりと散策してみてください。

まとめ

オーストラリア最大の都市シドニーについてご紹介しました。街中には日本食のレストランや日系企業も多くあり、アルバイトも比較的見つけやすいでしょう。もちろん、日本食や日系企業にこだわらなければ、選択肢はさらに広がります。長期休暇には、フルーツピッキングのアルバイトをする人も多く、オージー文化を満喫しながら語学を習得しています。語学学校では、金曜日の午後になると海が見えるエリアへ繰り出してバーベキューをしたり、街中にあるパブへ出かけたりすることもしばしば。楽しみながら生徒と教師がコミュニケーションを図っています。多民族が混在するシドニーで、楽しく語学習得をしてみませんか。

オーストラリア語学留学に関する記事の一覧を見る

おすすめの語学留学エージェント

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。