いくらかかるの?オーストラリア語学留学の費用・料金相場

留学先を決める重要な要素となる「費用」。やる気があってもコスト的に無理があれば、語学留学も夢だけで終わってしまいます。まずは、何にどれくらいの費用が必要になるのかを把握し、留学計画を立てるようにしましょう。ここでは、近年人気が高まっているオーストラリア留学にかかる実際の費用相場について詳しくご紹介します。

オーストラリア留学にかかる費用内訳

一口に「留学費用」といっても、渡航前の費用としてビザ申請料、航空券代、学費などがあり、渡航後の費用として滞在費、交通費、食費などがあります。実際にどれくらいの費用が必要になるのかが分からなければ、準備のしようがありません。以下で留学全体にかかる費用の内訳を詳しく解説していきますので、オーストラリア留学を検討されている方はぜひ参考にしてください。

往復の航空券代

日本からオーストラリアへの航空券代は、航空会社や渡航シーズン、渡航先の都市により異なりますが、期間限定のプロモーションやセールを除けば、直行便で片道7万円程度、経由便ならもう少し値段を抑えられるでしょう。往復航空券の場合は、有効期間や予約変更の有無等で代金が異なりますが、留学期間が長くなれば航空券代も高くなります。

オーストラリア留学の場合、片道航空券で渡航し、留学が終わるときに現地で帰りの航空券を購入するのが一般的です。最近ではLCCを利用する人も多く、片道3~6万円で航空券を購入することも可能です。航空券代を抑えたい方は、早めに予約する、あるいはローシーズンを狙って留学をスタートさせるといいでしょう。

ビザ申請料

オーストラリアで語学留学する場合、「学生ビザ」「ワーキングホリデービザ」「ETA(Electronic Travel Authority)」のいずれかを取得しなければなりません。ビザ申請はすべてオンラインで行い、支払いはクレジットカードになります。

  • 学生ビザ:575ドル
  • ワーキングホリデービザ:450ドル
  • ETA(電子入国許可):20ドル

3ヶ月までの留学なら、格安のETAのみでOK!1年間有効で、1回の渡航で3ヶ月まで滞在できます。

【参考ページ】Fees and charges for visas(visit)
【参考ページ】Fees and charges for visas(study)
【参考ページ】ETA(Electronic Travel Authority)

学費

留学では、語学学校にかかる費用が大きなウエートを占めます。語学学校にかかる費用を「入学金」「授業料」「教材費」の順にみていきましょう。

入学金

留学期間にかかわらず、語学学校に入学する際に必要になります。平均すると200ドル程度で、ビザにより安くなる学校もあります。

授業料

留学する都市により差はありますが、語学学校の授業料は平均すると週300~400ドルが相場です。この金額に留学する週数をかけた分が授業料の総額になります。オーストラリアの授業料はアメリカやイギリスよりも安く、コスト面で留学しやすいのが特徴です。語学学校によっては長期割引サービスなどを設けている学校もあるので、上手に活用することで授業料を抑えることができます。

教材費

教材費は、「授業料に含まれている」「週単位で支払う」「修了時に教材を返却して一律の料金が払い戻される」など、学校により複数のケースがあります。週単位で支払う場合は、10~20ドル程度と考えておけばいいでしょう。

滞在費

学費とともに留学費用で大きなウエートを占める滞在費ですが、滞在先の選択肢として「学生寮」「ホームステイ」「シェアハウス」などが挙げられます。最も費用が高いのは学生寮、次いでホームステイ、シェアハウスの順となります。

学生寮はホームステイより費用が高めで、週320~400ドルが相場です。街の中心部や近郊にあることが多く、利便性の高さがメリットでしょう。食事付きや光熱費込の場合もあるので、事前によく確認することをおすすめします。

ホームステイは週250~300ドルが相場で、1ヶ月(4週間)で10万円程度です。通常、個室・3食付き・光熱費込みとなっているため、必ずしも割高というわけではありません。また、ホストファミリーとは英語でコミュニケーションをとることになるので、習った英語を実際の生活のなかで活かせるメリットもあります。渡航前に日本で滞在先の確保ができるため、留学当初はホームステイがおすすめです。ただし、多民族国家のオーストラリアでは、宗教や文化的な違いにより食事が合わないということもあるので、その点では不便を感じる方もいるかもしれません。長期滞在する場合は、1~2ヶ月後にシェアハウスへ移れば、滞在費を抑えられるでしょう。

シェアハウスは週100~200ドルが相場で、都心ほど高くなります。留学生の友達ができたり格安で滞在できたりするメリットがある反面、国や文化が異なる人との暮らしに不安を感じる人も少なくないでしょう。また、食費がかかることも忘れないようにしましょう。

光熱費

電気代、水道代、インターネット代は、ホームステイや学生寮では滞在費に含まれますが、シェアハウスの場合は家賃に含まれていない場合もあります。家賃に含まれていない場合は、一緒に住んでいるメンバーで等分したり定額で支払ったりすることもあるので、事前の確認が必要です。

生活費(食事・雑費)

日本ではコンビニでも満足のいく格安のお弁当などを購入できますが、オーストラリアのコンビニは日本ほど充実していません。また、都市部であればランチに15ドル、ディナーなら30ドルはかかり、外食は少々高めとなっています。食事が付かない学生寮やシェアハウスで暮らす場合は、自炊したりランチを持参したりして節約するのが費用を抑えるポイントです。食費は週120ドル程度、交際費は月200ドル程度、携帯電話は月30ドル程度見積もっておきましょう。

交通費

都市により交通機関の種類や費用、利便性に差はありますが、月120~150ドルが相場です。学生割引を利用できますが、日本のように定期券はありません。州によって利用できるサービスが異なり、オーストラリアの留学先のなかで最も人気が高いシドニーではチャージ式ICカードの「オーパルカード(Opal Card)」が主流です。電車・バス・路面電車・フェリーなどの公共交通機関で利用できます。また、ブリスベンやゴールドコーストがあるクイーンズランド州にも「ゴーカード(Go Card)」と呼ばれるチャージ式ICカードがあります。それぞれに決まりがあるので、留学先が決まったらチェックするようにしましょう。

OSHC(Overseas Student Health Cover)留学生健康保険

オーストラリアの学生ビザ申請には、OSHC留学生健康保険への加入が義務付けられています。これは滞在中にかかる医療費をカバーするもので、留学の期間を問わず、加入しなければなりません。通常は学費とともに支払い、学校が手続きを行います。費用は月50~55ドル程度です。ちなみに、オーストラリアでは救急車の要請は有料で非常に高額なため、気軽な要請は避けた方がいいでしょう。州により費用形態は異なりますが、ニューサウスウェールズ州では基本料金が350ドル以上で、走行距離により料金が加算されます。ETAで入国する短期留学は旅行者扱いとなり、費用が倍になるので注意が必要です。なお、OSHC留学生健康保険では救急車要請はカバーされます。

海外旅行保険

学生ビザを必要としない短期留学の場合、OSHC留学生健康保険へ加入する義務がないので、海外旅行保険への加入をおすすめします。また、OSHC留学生健康保険では盗難や窃盗までカバーされないので、海外旅行保険に加入した方が安心して過ごせるでしょう。日本で加入すると月1.2~2.3万円が相場ですが、現地で加入すれば月5,000円程度ですので割安です。ただし、日本の保険では個人賠償責任や生活動産損害などもカバーされるので、万が一のことを考えて選ぶようにしましょう。

オーストラリア留学の費用を抑えるポイントはこれ!

オーストラリア留学の費用を抑えるポイントは、空き時間に働いて費用を稼ぐことです。オーストラリア政府が発給する学生ビザは、「2週間で最長40時間まで」という条件があるものの、ビザの申請をすることなく就労が可能です。決して物価が安い国ではありませんが、その分アルバイトの時給が高く、効率よく稼ぐことがきでます。滞在費を賄うのは困難かもしれませんが、食費や交際費などを稼ぐことは可能です。接客業なら英語を使う機会が増えるので、上達も早まるでしょう。

また、「ダイソー」などで日用品を手に入れるのも1つの方法です。そのほかにも、リーズナブルな価格で日用品が入手できる「K-mart」「BigW」などのお店を活用してもいいでしょう。

先にも述べたように、自炊やランチを持参するなどして徹底的に食費を抑えるのも重要なポイントです。パンは冷凍すれば長期保存が可能なので、サンドイッチをランチとして持参すればかなり費用を抑えられるでしょう。

まとめ

オーストラリアは日本同様に先進国であるため、物価の高さは留学生にとって痛手ではありますが、学生ビザで就労が可能なことは大きな助けになります。留学先でのアルバイトは学校で習った英語を使えるだけでなく、多くの人と出会う素晴らしい機会にもなることでしょう。そのような経験ができるのもオーストラリアだからこそ。実践的に英語を学びたい方には、理想的な国といえるでしょう。

オーストラリア語学留学に関する記事の一覧を見る

おすすめの語学留学エージェント

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。