オーストラリア・アデレードへの語学留学が丸わかり!

英国の植民地となったオーストラリアで初めて「自由移民」のために建設されたアデレード(Adelaide)。流刑地として入植が進んだシドニーなどの他都市とは異なる歴史を歩んでいます。入植が始まった当初から多くの移民が入り、特に、ドイツ人、イタリア人、ギリシャ人などのヨーロッパの人々が、新たなスタートを切るために集結。そのため、街中にはヨーロッパ調の建造物が今でも多く残り、中世の雰囲気が感じられます。そんな魅力あふれるアデレードを留学先の候補のひとつと考えている人のために、特徴や気候などの情報に加え、おすすめポイントも併せてご紹介します。

アデレードの特徴

ヨーロッパの人々が移住してきた当時、多くの教会が建設されたことから「教会の街」と呼ばれるアデレード。四方を緑が生い茂る公園に囲まれ、自然と歴史的建造物が融合する美しい街です。特に、州立図書館やアデレード大学などが並ぶノース・テラス(North Terrace)は、歴史的建造物と並木道がヨーロッパのような雰囲気を醸し出しています。オーストラリア東海岸にあるシドニーやブリスベン、ゴールドコーストなどに比べると、アデレードを留学先として選ぶ日本人は少なめですが、実際には国際的にも評価される教育機関が集まる「学園都市」。日本人在住者が少ないので、英語環境にどっぷりと浸かりたい留学生におすすめです。

アデレードの概要

オーストラリア大陸の中央南部に位置する南オーストラリア州の州都で、国内5番目に大きい都市であるアデレード。シティ内は約15分おきに無料循環バスが通っている上、バス、電車、トラムといった全ての交通手段が学割により運賃が半額に。学生は、距離に関係なく28日間乗り放題の「28-day pass」を、50ドル(※2020年1月現在。豪ドル)で購入可能です。家賃も他都市に比べて安い上、アデレードはオーストラリアで唯一、街全体で無料Wi-Fiが繋げられているため、至るところでインターネットの利用が可能。経済的な負担が少なく、日本の家族や友人とも連絡が取りやすいアデレードは、あらゆる面で留学生に優しい街と言えます。また、アデレードがある南オーストラリア州は「Festival State」の異名を持ち、毎週のように様々なイベントが開かれています。2月の中旬から 1ヶ月間行われるフリンジ・フェスティバル(Fringe Festival)は特に盛大で、世界各国から音楽やダンスのパフォーマーが集結!興味深い異文化を体験できるしょう。

アデレードの気候

アデレードは、四季の変化が明瞭な温帯性気候に属しています。冬が温暖かつ湿潤であるのに対し、夏は暑い上に乾燥しているのが特徴です。年間の平均最高気温は21.8℃、平均最低気温は12.0℃。夏の平均最高気温は28℃前後ですが、2019年2月には、観測史上最高の46.6℃を記録した日がありました。ときとして猛烈な熱波に覆われることがあるので注意しましょう。冬の平均最低気温は8℃前後で、日中は15~16℃まで上がります。

アデレードの治安

英国のエコノミスト誌が世界163ヶ国を対象に平和の度合いを相対的に数値化した「世界平和度指数」で、オーストラリアは13位にランクイン。そんな平和な国・オーストラリアの中でも、アデレードは凶悪犯罪の発生が少なく、治安は安定しています。ただ、それでも泥棒、スリ、空き巣、ひったくりなどは発生しているため、注意は必要です。外務省の海外安全ホームページによると、留学生が巻き込まれた強盗事件なども報告されています。人通りが少ない場所はもちろん、繁華街でも夜間の一人歩きは危険です。特に、繁華街では飲酒や薬物のトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

アデレードのここがおすすめ

日本人にはあまり知られていないアデレードですが、街がコンパクトでありながらも楽しめるスポットは豊富です。数多くある魅力的な場所の中から、今回はアデレードの文化を満喫できるスポットをご紹介します。

  1. 音楽やアートのフェスティバル
  2. 中央市場散策
  3. アデレード・ヒル
  4. フルリオ半島

1. 音楽やアートのフェスティバル

アデレードに語学留学するなら、絶対に外せないのが音楽やアートのフェスティバル。毎年3月に4日間開催される「WOMADelaide」には、ワールドクラスのアーティスト約500人が集まり、観光客も地元の人たちと一緒になって盛り上がります。フェスティバルの中心となるのはシティ内の植物園で、期間中はエンターテインメントのショーケースに!トークショーや料理のデモンストレーションなど、様々な催しが行われます。留学の時期にもよりますが、ぜひ何らかのフェスティバルに参加して、コミュニティの一員になってみましょう。

2. 中央市場散策

約80の店舗が軒を連ねるアデレード中央市場(Adelaide Central Market)。140年以上もの長い間、アデレードの食の中心として地元の人々に親しまれています。産地直送の果物や野菜だけでなく、手作りチーズや燻製肉など、地元の豊かな味覚が楽しめる市場です。語学学校に行く前や休日の朝、散策を兼ねてお気に入りの食べ物やお店を見つけてみてはどうでしょう。おすすめは、コーヒーと焼きたてのペイストリー!アデレードの食の宝庫を楽しんでみてください。

3. アデレード・ヒル

アデレードから車で20分ほどのところにあるアデレード・ヒル(Adelaide Hills)は、ロフティ山の麓に広がる丘陵地帯。カンガルーやワラビーなど、様々な動物がいるクリーランド自然保護公園(Cleland Conservation Park)では、コアラを抱いて写真撮影をすることもできます。また、マウント・ロフティ植物園(Mount Lofty Botanic Garden)では美しい花々を堪能できるでしょう。オーストラリアで最も古いドイツ人居留地のハーンドルフ(Hahndorf)には、ユニークなワイナリーやレストランが多くあるので、ランチを楽しむのもおすすめです。

4. フルリオ半島

雄大な自然に小さな村々が点在するフルリオ半島は、アデレードの南南西に位置しています。美しいビーチでのんびりと過ごせるだけでなく、シュノーケリングや釣り、4WD(四輪駆動車)でビーチ沿いを走り抜けるツアーなどアクティビティも充実。また、フルリオ半島はオーストラリアでも指折りのホエールウォッチングポイントなので、ツアーに参加してみてもよいでしょう。日帰りでも行ける距離ですが、週末などを利用してゆっくり行くのがおすすめ。オーストラリアの田舎を満喫してみましょう。

まとめ

今回は、オーストラリア第5の都市アデレードについてご紹介しました。オーストラリアで初めて「自由移民」のために建設されたアデレードは、今ではワールドクラスのアーティストが集まるフェスティバルのメッカとなりつつあります。日本人にはとって馴染みの少ない都市ですが、国際的な教育機関が集まる「学園都市」で、留学生にとって住みやすい街。留学先として人気のオーストラリアの中でも日本人が少ない都市なので、英語環境に浸りたいという人に最適です!

【参照サイト】Adelaide Metro(28-Day Pass)
【参照サイト】アデレードガイド(オーストラリア政府観光局)
【参照サイト】アデレードの移動手段(オーストラリア政府観光局)
【参照サイト】豪州は異常な猛暑、南部で46度超 魚や動物が大量死(CNN)
【参照サイト】オーストラリアの気候(オーストラリア政府観光局)
【参照サイト】海外安全ホームページ: 安全対策基礎データ
【参照サイト】WOMADelaide(オーストラリア政府観光局)
【参照サイト】アデレードで過ごす3日間(オーストラリア政府観光局)

オーストラリア語学留学に関する記事の一覧を見る

オーストラリア留学におすすめの語学留学プログラム

オーストラリアに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

ブリスベン、パース、シドニーの直営校で学ぶ「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

オーストラリア主要5都市で学べる「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

オーストラリア語学留学におすすめの留学エージェント

オーストラリア留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてオーストラリア留学を検討されている方、オーストラリア留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。新宿サロンとオンラインにて無料個別カウンセリングを開催しており、留学の相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。