「取り組む」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は「取り組む」です。

普段の仕事や生活の中で、常に何かに取り組んでいますよね。「取り組む」を英語で、と言われるといくつかの表現が思い浮かぶ方がいらっしゃるかと思いますが、そのニュアンスの違いまでご存じでしょうか。

今回は、「取り組む」の3パターンの英語表現をご紹介します。

  1. 「彼女はクライアントからの緊急の用件に取り組んでいます。」
    She is working on an urgent request from the client.

    • work on = (仕事や作業に)取り組む

    work onはクレーム対応であればwork on handling the complaint、新システムの開発であれば、work on developing the new systemと、知っておくとビジネス上で何かに「取り組む」シチュエーションのほとんどを表現できる便利な単語です。

  2. 「皆様のこの数か月の取り組みに感謝しております。」
    I’m grateful for all your efforts over these last several months.

    • efforts = (時間や労力をかけて)取り組む

    effortsは、環境問題や職場環境改善、新規事業の立ち上げなど時間や労力をかけて何かに取り組むというニュアンスがあります。

  3. 「問題が発生したら、全員で一丸となって取り組みます。」
    If a problem arises, we all need to band together to tackle it.

    • tackle = (問題を解決すべく)取り組む

    tackleはissue、problem、difficult situationsなど、ネガティブな状況を解決すべく取り組む、というニュアンスがあります。似た表現にwrestleがありますね。tackleは単に「問題を解決する」というニュートラルなニュアンスである一方、wrestleにはこれまで経験したことがないような難題に頭をひねらせるような精神的な苦労も含まれます。

  4. 通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

    【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

    通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

    テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

    ※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

    The following two tabs change content below.
    株式会社テンナイン・コミュニケーション

    株式会社テンナイン・コミュニケーション

    7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!