もう間違えない!冠詞の「the」と「a」は『核心のイメージ』で迷わず使い分け!

英文法には自信があるという人でも、冠詞の「a」と「the」の使い分けに絶対の自信がある、と言い切れる人は少ないのではないでしょうか?

今回は、アプリで受けられるオンライン講義「スタディサプリ」で「神授業」を展開する関正生先生の著書『核心のイメージがわかる!英文法キャラ図鑑』から、「キャラ化」された英文法像を通じて、定冠詞theと不定冠詞aの正しい使い方をインプットする方法を抜粋してお伝えします。

関先生の明快な解説で、「今までモノクロであった英文法の世界が、とても色鮮やかな世界に見えてくる」感覚をぜひ体験してください!

「核心のイメージ」で明確になるtheとaの使い分けとは?

日本人にとって、冠詞をマスターするのは難しく、英語教育の世界には「前置詞3年、冠詞8年」という言葉があるほどです。ここではまず、定冠詞のthe と、不定冠詞のaの核心のイメージを押さえ、さらに使い分けをマスターしていきましょう。学校ではよく「最初に出てきた単語にはaを付け、2回目からはtheを付ける」と習いますが、そのルールはいったん忘れて読み進めてください。

「核心のイメージが分かる!英文法キャラ図鑑」 theとa

「核心のイメージが分かる!英文法キャラ図鑑」(関正生著)より

1. 定冠詞 the

theの核心のイメージは「共通認識」。 あなたと私、そこに居合わせた人みんなで「共通に認識できる」 ものにtheを使います。つまり、「せ~の…」で皆が一斉に指をさせるものにthe を使うのです。

  • The sun rises in the east.
    太陽は東から昇る。

sun「太陽」は「共通認識」できるので、必ずtheが付きます。 太陽は、「せ~の…」で一斉に指をさせますね。

同様に、「月」や「地球」にもtheが付きます(the moon / the earth)。これらは「天体のthe」などと呼ばれていますが、「共通認識」という発想から考えれば、問題ないでしょう。

east「東」にもtheが付きます。「東ってどっち?」 と言う人はいても、「どの東?」と言う人はいませんよね。つまり、「方角」も必ず共通認識できるのでtheが付くのです(=「方角のthe)。

また、「最上級」にもtheが付きます。

  • Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.
    富士山は日本でー番高い

「一番~だ」と言われたら、みんなで一斉に指をさせますね。だからtheが付くのです。

核心のイメージが分かる!英文法キャラ図鑑

「核心のイメージが分かる!英文法キャラ図鑑」(関正生著)より

2. 不定冠詞 a

一方、aは共通認識できない、「たくさんある中の1つ」を表すときに使います。以下は『シンデレラ』に出てくるセリフで、 a pumpkin は 「どれでもいいから1つのかぼちゃ」を表しています。

  • Bring me a pumpkin.
    かぼちゃを1つ持っておいで。

さらにaは、①「ある1つ」、②「同じ」、③「~につき」の3つをチェックしておけば万全です。

①「ある1つ」

  • That is true in a sense.
    それはある意味では本当です。

「たくさんある中の1つ」→「ある1つ」となりました。 in a senseは、 「たくさんある意味の中の1つの意味で言うと」から「ある意味」 になります。

②「同じ」

  • Birds of a feather flock together.
    類は友を呼ぶ。
    ※ flock=群れを成す

「1つ」→「種類が1つ」→ 「同じ」 となりました。

birds of a feather は「同じ羽の鳥(同じ種類の鳥)」という意味で、直訳は「同じ種類の羽をもつ鳥は、群れを成す」となります。そこから「類は友を呼ぶ」ということわざになりました。

③「~につき」

  • I practice tennis twice a month.
    私は1か月に2回テニスを練習する。

「1つの」→「1つにつき」となりました。twice a monthで、 「1か月につき2回」を表します。

冠詞を使ってみよう

【定冠詞 the

Open the door.
ドアを開けて。

※このセリフを言った、あるいは言われた人の間で、「ドアが共通認識できる」 状況下で使われます。部屋のドアの数は問いません。

【定冠詞 the

Do you have the time?
今何時かわかりますか?

theは「共通認識」なので、the timeは「その場にいるみんなで共通認識できる時間(共有している時間)」 → 「現時刻」を表します。 よって、Do you have the time? で、「現時刻を何らかの手段でもっていますか (もっていたら教えて)」→「今何時かわかりますか?」となるわけです。

【不定冠詞 a

I go to a restaurant about once a week.
私は大体週1回レストランに行く。

aは「~につき」を表しています。Once a weekで「1週間に1回」という意味です。

「キャラーニング」ですっと頭に入る英文法のイメージ!

キャラ化した冠詞の世界はいかがでしたか?『核心のイメージがわかる!英文法キャラ図鑑』には、全部で22の英文法キャラたちが登場します。今回の記事で、英文法の本質がすっと頭に入る感覚が気に入ったら、ぜひ関先生による姉妹編の『核心のイメージがわかる!前置詞キャラ図鑑』や『核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑』も手に取ってみてください。今日から文法書や単語帳の丸暗記はやめて、イメージで捉える英語学習を始めませんか?

書籍概要

タイトル 核心のイメージがわかる!英文法キャラ図鑑
著者 関正生
価格 本体1,200円(税別)
出版社 新星出版社

【関連ページ】see、look、watchちゃんと使い分けてる?英単語は『核心のイメージ』で正しくインプット

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数80万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数80万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム