直近3ヶ月の英語学習「特になし」が47.5% ― 英語コーチング「PROGRIT」調査

英語学習コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」を展開する株式会社プログリットが、同社のプログラム受講検討者6,037名を対象に、学習法に関するヒアリング調査を実施しました。「過去に経験した英語学習法」を尋ねた項目では、「参考書を用いた学習(60.7%)」などが回答の上位に挙がったものの、「現在(3ヶ月以内)の学習法」という質問には、およそ半数にのぼる47.5%が「特に何もしていない」と回答。英語の必要性が高まる中、英語学習の継続の難しさが浮き彫りとなりました。

調査概要

今回の調査は、「PROGRIT(プログリット)」の受講検討者6,037名(男性:3,684名、女性2,352名)を対象に、2017年11月11日~2019年7月8日に実施。現在の学習法のトレンドが調査されました。

英語コーチング「PROGRIT(プログリット)」は、マッキンゼー出身コンサルタントが設立した短期集中プログラム。専属コンサルタントが受講生の学習を徹底管理することで、月80時間の英語学習時間を確保することで知られています。ビジネスの現場で通用する英語力を最短2ヶ月で身につけることを目指すコーチングは、多忙なビジネスパーソンを中心に支持を集めています。

過去に経験した英語学習法

「これまでに経験した英語学習法」について尋ねた項目で、最も多かった回答は「参考書を用いた学習(60.7%)」でした。2位が「英会話スクール(46.3%)」、3位は「オンライン英会話(31.7%)」という結果になりました。

同社は、参考書を用いた学習が最も多い理由の1つは、書店で入手できるという「手軽さ」にあるとみています。また、「英会話スクール」や「オンライン英会話」が2位、3位に入っていることから、英語学習者の「スピーキング対策」への需要を読み取ることができます。

現在(3ヶ月以内)の英語学習法

「過去に経験した英語学習法」では様々な回答が挙がった一方、「現在(3ヶ月以内)の英語学習法」に関しては、およそ半数にのぼる47.5%が「特に何もしていない」と回答しました。

「参考書を使っての学習」は、6割以上の人が「過去に学習経験がある」と回答していましたが、直近3ヶ月では22.1%に留まりました。同様に「英会話スクール」は7.5%、「オンライン英会話」も12.9%と、過去の経験割合からの大きな乖離がみられます。

「学習経験はあるものの、直近では行っていない」という人が半数近くに上ることが明らかになった今回の調査結果から、株式会社プログリットは、「英語学習を継続することが、日本人の英語学習における課題」と指摘しています。


ビジネスのグローバル化に伴い、英語力アップを迫られる人はますます増加しています。しかし、日々の仕事に追われ、なかなか学習時間が捻出できないことに悩む人は少なくありません。今回の調査結果からも、英語学習者のおよそ半数が、英語を身につけたい思いはあるものの行動には結びついていないことが分かりました。

今回調査を行った英語コーチング「PROGRIT」では、短期間で効率的に英語力を上げるために、一人ひとりの受講生に適切な方法をカスタマイズして提案しています。さらに、「どうやって継続するか」「学習時間を割くか」といったコーチングにより、受講生の英語学習を徹底的にサポートしてくれます。

プログリットのプログラムは、最短2ヶ月から受講が可能。また、第二言語習得研究の知見に基づいた英語力診断が受けられる無料カウンセリングも行っています。「勉強の課題」や「これからやるべきこと」が分かるので、現在の学習法に迷いがある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参照サイト】【公式】PROGRIT(プログリット)- 短期で伸びる英語コーチング
【関連ページ】行くだけで価値がある!PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリングを体験取材!
【関連ページ】PROGRIT(プログリット)の口コミ・評判

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。