“many” “much” “a lot of” の違いをおさらい【英語ネイティブの使い分けを解説】

数の多さや量を表す “many” “much” “a lot of” の使い分けについては、誰もが英語を勉強し始めた頃に学んだはず。今回は基本的な用法をおさらいするだけでなく、学校の授業では教えてくれないネイティブならではの感覚までおさえておきましょう!

“many” “much” “a lot of”の使い分け

  • “many” は数えられるもの、“much” は数えられないもの
  • 肯定文での “many” “much” は改まった表現になり、日常会話では不自然
  • “many” か “much” か、迷ったら “a lot of” を

“I have many bags.” はどこが不自然?

“many” と “much” については、“many” は数えられるもの(可算名詞)、“much” は数えられないもの(不可算名詞)に使うと習いましたね。

A: I’m supposed to go to my friend’s wedding next week, but I can’t find my favorite bag. What am I going to do?
B: Oh, I have many bags. Do you want to borrow one of them?

A: 来週結婚式なのに、お気に入りのバックが見つからないの。
B: あら、バッグならたくさん持ってるわよ、私。どれか貸してあげようか?

しかし上の例文、ネイティブスピーカーには違和感を与えてしまいます。

実は “many” も “much” も、肯定文で使う場合は改まったフォーマルな表現になるため、日常会話では不自然になります。この場合は “I have a lot of bags.” と言うのがナチュラルです。

なお以下の場合の肯定文は、日常会話であっても不自然にはなりません。

  1. 主語を修飾する場合
    Many people live in this part of the city.
    市内のこの地区には多くの人が住んでいる。
  2. as, so, too, how の直後
    I have too much work to do.
    やらなきゃならない仕事が多すぎる。

迷ったら “a lot of” を

“many” と “much”、どちらを使えば良いか迷ったら、“a lot of” を使えば安心。可算名詞、不可算名詞のどちらにも使え、肯定文、否定文、疑問文に限らず自然に使うことができます。
日常会話においても、前述した「改まった言い方」になってしまう心配もありませんね。

ちなみに “a lot of” の代わりに “lots of” という、さらにくだけた表現もあります。

and more …

ほかにも様々な表現が

“a lot of” のほかにも、様々な表現を用いて、数の多さや量を表すことができます。

  • many, much = plenty of
  • many = a large [good, great] number of(※), numerous
  • much = a great [good] deal of, a great [large] amount of

※“a number of” だけでも「多くの」という意味になりますが、「いくつかの、若干の」という意味で用いられることが多いので、「多数」を表す場合には、“large, good, great” などをつけるのが一般的です。

フォーマルな文章での “a lot of” は避けるべし

万能選手にみえる “a lot of/lots of” ですが、特にイギリス英語ではカジュアルな表現とされているため、ビジネスにおける文書や論文など、フォーマルな文章では “many”(または “a large number of” など) や “much”(または “a great deal of” など)を用いるようにしましょう。

「たくさんの情報」は複数形?

“a lot of” や “ a great deal of” などを使って「多くの」という意味になると、日本語訳に引っ張られて複数扱いしてしまいがちですが、名詞が単数の場合には単数扱いになります。

  • A lot of information was printed on the flyer.
    そのチラシにはたくさんの情報が印刷されていた。
  • A great deal of research was done for this project.
    このプロジェクトのためにたくさんのリサーチが行われた。

「Gaba Style」より「英単語の正しい使い分け」シリーズをお届け!

Gabaマンツーマン英会話が運営する「Gaba Style」より、人気の英語学習コラム記事をピックアップ。【英語ネイティブの使い分け】シリーズとしてお届けします。Gabaマンツーマン英会話のカリキュラム担当スタッフが手掛けるコンテンツを通して、英語から見える新たな世界や発見をお楽しみください。

※当コンテンツの著作権は、提供元である Gabaマンツーマン英会話に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
Gaba Style

Gaba Style

Gaba Styleは「English」「Lifestyle」「Communication」の3つをキーワードに、「英語を使ったコミュニケーションの楽しさ」と、「英語のあるライフスタイルの豊かさ」を発信する英語学習コラム。英会話教室「Gabaマンツーマン英会話」が運営しています。