“big” と “large” の違いは?【英語ネイティブの使い分けを解説】

大きさは “big” や “large” で表現できますが、その違いについて考えたことはありますか?

使い分けについて神経質になりすぎる必要はありませんが、それぞれが持つ意味や用法を改めて見直してみると面白いものです。ユニークな表現もご紹介するので、ぜひ憶えてみてください!

“big”と“large”の使い分け

  • 「大きい」という意味では、多くの場合ほぼ同義で使える
  • “large” の方がややフォーマルな表現

“big” と “large” の違い

「大きい」という意味での “big” と “large” は多くの場合ほぼ同義で使えますが、“large” の方がややフォーマルな表現であることに加え、以下のような違いがあります。

【“big” を用いるケース】

物理的な大きさや広さではなく、重要性や深刻さ、影響力、程度などについて比喩的な意味で用いる場合は “big” を用います。

  • a big decision
    重大な決断
  • a big mistake
    深刻なミス
  • a big fan of ~
    ~の大ファン
  • a big name
    有名人

また、“brother” や “sister” を修飾して「兄」や「姉」と言う場合も “big” を用います。

  • my big brother / my big sister
    私の兄/姉

【 “large” を用いるケース】

洋服や飲み物などのサイズにS、M、Lなどとあるように、物理的な大きさを比較する場合は “large” を用います。

  • This is a large shirt.
    これはLサイズのシャツです。
  • A large cup of coffee, please.
    ラージ(サイズ)のコーヒーをください。

また、金額や量、数などを表す “amount” や “number” などを修飾する際にも “large” を用います。

  • a large amount of tax
    多額の税金
  • a large number of volunteers
    大勢のボランティア

※この場合 “large” の代わりに “great” を用いることもできますが、やや仰々しい表現になるため、感情のこもったスピーチや演説などで使われることが多いです。ビジネスなどで事実を客観的に伝える場面では “large” を使う傾向にあります。

「大きい」のニュアンスの違い

次のような例文の場合、“big” と “large” のどちらも使えますが、どのようなニュアンスの違いが出るのでしょう?

  • It was a big event!
  • It was a large event!

 大きなイベントだったよ!

前項の説明にあるとおり、“big” は物理的な大きさだけでなく、重要性や深刻さなどについて比喩的な意味で用いることもできるため、“big event” は「(話者の心理的に)大きかった」というニュアンスになります。例えば参加者が10人のイベントでも、話者にとって大きいと感じたり、意義のあるものなどと感じれば、“big event” と言えるでしょう。

一方「規模」を表す “large” は、相対的な大きさを表します。大きさの定義は状況や前提条件などによって異なりますが、客観的にみても「大きい」と言えるような規模に対して使われることが多いです。

and more …

“big” を使った表現

  • a big cheese / a big shot
    大物、お偉いさん
  • a big fish
    重要人物、有力者
    ※“in a small pond” を伴うと、「井の中の蛙」や「お山の大将」といったニュアンスを含みます。
  • no big deal
    大したことではない、大きな問題ではない
  • Big deal!
    (そんなの)大したことないよ!
  • big shoes to fill
    (優れた前任者の後を継いで)重責を担う
    例:The next CEO of the company will have big shoes to fill.(その会社の次のCEOは前任者がよかっただけに重責を担うことになる。)

“large” を使った表現

  • by and large
    概して、全体的に見て
    例:By and large, the company is doing well.(全体的に見て、その会社の業績は順調だ。)
  • live large
    贅沢な暮らしをする
    例:They won the lottery and now they’re living large in Beverly Hills.(宝くじが当たったので、彼らは今、ビバリー・ヒルズで豪勢な暮らしをしている。)

「Gaba Style」より「英単語の正しい使い分け」シリーズをお届け!

Gabaマンツーマン英会話が運営する「Gaba Style」より、人気の英語学習コラム記事をピックアップ。【英語ネイティブの使い分け】シリーズとしてお届けします。Gabaマンツーマン英会話のカリキュラム担当スタッフが手掛けるコンテンツを通して、英語から見える新たな世界や発見をお楽しみください。

※当コンテンツの著作権は、提供元である Gabaマンツーマン英会話に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
Gaba Style

Gaba Style

Gaba Styleは「English」「Lifestyle」「Communication」の3つをキーワードに、「英語を使ったコミュニケーションの楽しさ」と、「英語のあるライフスタイルの豊かさ」を発信する英語学習コラム。英会話教室「Gabaマンツーマン英会話」が運営しています。