発音改善に効果的?英語の早口言葉「tongue twister」に挑戦しよう!

日本語の早口言葉にあたるのが、英語の「tongue twister」です。ひとつひとつのワードを早く正確に発することを意識させられるtongue twisterは、英語発音の良い練習になります。

そこで今回は、EFブログ編集チームにより選出された「tongue twister」を5点、ご紹介します。まずは動画でネイティブの舌をももつれさせる「tongue twister」の見た目以上の手強さをチェックしてから、自分の実力も試してみませんか?

おすすめtongue twister 5選

  1. Black background, brown background
  2. How much wood would a woodchuck chuck if a woodchuck could chuck wood?
  3. Which witch switched the Swiss wristwatches?
  4. She sells seashells by the seashore
  5. Can you can a can as a canner can can a can?

まとめ

⑤のセンテンスの意味がわからないという人は、どの「can」が動詞でどの「can」が名詞や助動詞なのかを意識しながら分解してみましょう。

英語学習仲間とのアクティビティに取り入れても盛り上がりそうなtongue twister。インターネットで検索してみると、このほかにもたくさんのバリエーションがあることがわかります。英語の早口言葉を楽しみながら、発音スキルを鍛えてみませんか?

「EFブログ」より世界各地の情報をお届け

EFブログ」は、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁し、語学留学プログラムなど多数の教育プログラムを展開する国際教育機関EFによるコラムです。旅行、海外の文化、言語などについての、世界中から集めたアイデアやアドバイス、最新情報をお届けします。

※当コンテンツの著作権は、提供元であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
イー・エフ・エデュケーション・ファースト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト

1965年にスウェーデンで設立され、現在、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁する国際教育事業のリーディングカンパニー。留学プログラムなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)。