【1/16東京】基礎から学ぶ英文財務諸表の読み方入門

グローバルビジネスにおける海外販路の拡大、海外工場の建設や現地企業への生産委託、あるいは現地での人材採用など、あらゆる判断を下す上で、必ず問われるのは採算です。採算を計算するモノサシは会計です。会計力がなければ、海外でのビジネス・コミュニケーションは容易ではありません。日本人と比べても、最初からストレートに数値について持ち出す傾向が海外では見られます。

セミナー概要

開催日 2018年1月16日
イベント名 基礎から学ぶ英文財務諸表の読み方入門
詳細URL https://school.nikkei.co.jp/seminar/article.aspx?sid=P1801346
主催者・団体 日経ビジネススクール
都道府県 東京都
開催地住所 千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
対象者
イベント概要 ▼1 損益計算書(I/S)のしくみと読み方を理解する
(1)企業活動をビデオ撮影するフロー情報
(2)損益計算書はマトリクスで読む
(3)クイズ:5つの企業を比較する
(4)利益率の業界平均値
(5)損益計算書の必須勘定科目 ~英語の方が勘定科目は覚えやすい~
(6)ケーススタディ:A社


▼2 貸借対照表(B/S)のしくみと読み方を理解する
(1)企業活動を写真撮影するストック情報
(2)B/Sを読むための3つの基本原則:大局観、優先順位、仮説思考
(3)売掛金、棚卸資産、有形固定資産、買掛金の分析の切り口
(4)資本構成を評価する
(5)資産効率性の業界平均値
(6) 貸借対照表の必須勘定科目 ~英語の方が勘定科目は覚えやすい~
(7)ケーススタディ:B社
開催時間 10:00~17:00
費用 35,640円(税抜き33,000円)
定員数 64名
The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。