YouTube動画を英語学習に活用するには?利用のポイントと機能を徹底解説!

Wi-Fiや5Gが普及し、より気軽に動画の視聴を英語学習に取り入れられるようになりました。世界中の人々が利用するYouTubeには、英語を学ぶのに役立つ無料の動画が数多くアップロードされています。

そこで今回は、YouTubeを効果的に英語学習に活用する上でのポイントや注意点を紹介したいと思います。「どのようにYouTube動画で英語を学べばよいかわからない」「見たい動画がなかなか見つからない」という方は、ぜひ参考にしてください。

目次

YouTubeを英語学習に活用する上で大事なこと

YouTube動画で英語学習をする上で、当たり前のようで大切なポイントが、「見ていて楽しいと思える動画」を選ぶことです。好みではない動画を視聴し続けるのは楽なことではありません。無理なく学習を継続するためには、楽しく視聴できる動画との出会いが欠かせません。人それぞれ動画との相性が異なるため、以下のような項目を踏まえて、自分に合った動画を探しましょう。

  • 興味のある分野
  • 文法や語彙のレベル
  • 話すスピード/進むテンポ感
  • 声質
  • 演者のテンション
  • 動画の長さ
  • 編集エフェクトの多さ

学習目的に合わせて動画を選ぶ

「動画で英語学習」と一口に言っても、人によって学びたい内容は様々。ここでは、目的別にどのような動画がぴったりなのかをご説明します。

文法や表現を学びたい

英語を使う上での実用的な文法や表現といった知識をつけたい方には、「英語学習系チャンネル」の動画がおすすめです。英語学習者がわかりやすいよう、丁寧に説明されている動画が多いのが特徴です。

日本人・ネイティブによる解説動画が数多くアップロードされており、初級〜中級レベルの方であれば日本人が日本語で説明しているもの、上級レベルの方であればネイティブが全て英語で説明しているものなど、英語レベルに合わせた選び方ができるのもメリットです。

英文法が学べるYouTubeチャンネルは「英文法が無料動画で学べる!おすすめYouTubeチャンネル4選!」で紹介しています。特定のジャンルでよく使われる英語表現を習得したい場合は、ビジネス英語おもてなし英語など、学びたいジャンルで絞り込んで英語学習動画を探してみるのもおすすめです。

トレーニングをしたい

スピーキングやリスニングといった英会話スキルに直結するトレーニングに活用できるYouTube動画もたくさんあります。TOEICのリスニング練習問題やIELTSの面接練習、シャドーイング向けなど様々なトレーニング用動画がアップされており、動画を視聴しながらいつでも気軽に練習できるのがポイントです。

特定の分野を英語で学びたい

英語を学ぶだけでなく、「英語で何かを学ぶ」ことも英語力アップにつながります。キャンプやハンドメイドなどの趣味から、政治・経済といった教養まで、幅広いジャンルの動画がアップロードされているのがYouTubeの魅力。ある程度ネイティブの英語が聞き取れるようになった方は、興味のある分野についての英語圏発の動画にトライしてみましょう。

視聴したい動画を検索するコツ

YouTubeはGoogleの運営する動画プラットフォームです。Google検索同様、検索バーにキーワードを複数入力すれば、探している情報により近い動画コンテンツを見つけることができます。

例えば、「hear」と「listen」の違いを調べたいときは「hear listen 違い」「hear listen difference」と入力してみましょう。TOEICリスニングテスト対策用の動画を探しているなら、「TOEIC リスニング 練習問題」や「TOEIC listening practice」といったキーワードで複数の動画が見つかります。たとえば「iPhone12 new features」というように、英語のキーワードのみで検索し、知りたい情報が英語で解説されている動画を視聴するのもおすすめです。

検索バーにキーワードを1つ入力するだけで自動的に関連するキーワードとの組み合わせが複数表示されるので、大抵の場合は迷わずスムーズに動画を探すことができるでしょう。

英語学習に便利なYouTubeの機能


YouTubeには、英語学習に使える便利な機能が満載です。ここからは、ぜひ使ってみてほしいおすすめの機能と、その効果的な利用法を解説します。

字幕機能

全て英語の動画を見るのは少しハードルが高いと感じる方は、字幕機能を利用してみましょう。字幕機能は、スマホアプリであれば画面上部のボタン、PCブラウザであれば画面下部の歯車アイコンもしくはその左隣のアイコンでON/OFFの切り替えができます。

なお、YouTubeの字幕にはスクリプトがそのまま表示されているものと、その場で自動生成されるものがあります。自動生成のものは精度の問題で、実際の音声とは異なる単語が表示されることも多々あります。文章の正確さを重視するのであれば、制作側で字幕をしっかり設定している動画を選びましょう。

速度調整

ネイティブの話す英語は、速さに慣れていないと聞き取るのが難しいと感じることがあるでしょう。そんなときは、ぜひYouTubeの速度調整機能を試してみてください。スピードを落としたい場合は、0.75・0.5・0.25倍の3段階で調整できます。しかし、遅すぎると声が変わりすぎて聞き取りにくくなるため、0.5倍もしくは0.75倍で見るのがおすすめです。

また、逆にスピードが遅いと感じるときや時短で見たいときは、1.25・1.5・1.75・2倍速に変更することも可能です。重いバットを振った後に普通のバットを振ると軽いように、倍速再生した英語を聞いた後に通常スピードに戻すとゆっくりに聞こえるので、ぜひ試してみてください。

再生リスト

気に入った動画だけを集めてまとめておける、プレイリストも活用したい機能です。プレイリストを作っておくことで再検索する手間が省け、自分だけの動画教材セットを作れるのがメリットです。

作成したプレイリストに任意のタイトルを付けたり、リスト内の動画の順番も変えたりできるなど、管理のしやすさも抜群。「文法」「ボキャブラリー 」「リスニング」など、カテゴリーごとにタイトルを付けて動画をまとめておくと便利です。

チャンネル登録

YouTubeにログインした状態であれば、お気に入りのチャンネルを登録することができます。登録したチャンネルの最新動画が一覧で表示されるので、見逃すのが心配な方におすすめです。

ただし、あまり登録しすぎると見るペースが追いつかなくて意欲を失う、というケースもよく聞かれます。YouTubeのアルゴリズムはとても優れており、チャンネル登録をしなくてもよく見ているチャンネルの動画や関連性の高い動画がトップ画面に表示されるので、最新の投稿を絶対に見逃したくないチャンネルのみ登録しておくことをおすすめします。

コメント機能

YouTubeにはコメント機能があり、アカウントを持っていれば動画に対してコメントを残すことができます。投稿者がコメント欄を閉じている場合もありますが、大抵の動画はコメントを受け付けています。

英語の動画には主に英語のコメントが寄せられるため、コメント欄を読むことでリーディング力が鍛えられ、ネイティブの書く英語表現なども学べます。

まとめ

YouTubeの動画や機能を上手に活用すれば、無料で目的に適った英語学習が実現します。また、月額会員「YouTubeプレミアム」に加入すれば、広告なしでの動画再生やオフライン再生なども可能になります。今回の記事を参考に色々試し、自分だけのYouTube英語学習法をカスタマイズしてみませんか?

【関連ページ】英会話の学習に効果的なおすすめYouTubeチャンネル4選
【関連ページ】初級英語リスニング学習におすすめのYouTubeチャンネル3選!
【関連ページ】中・上級者の英語リスニング学習におすすめのYouTubeチャンネル4選!

The following two tabs change content below.
Bob

Bob

3ヶ月のロンドン滞在中に英会話にのめり込み、日本国内で自主学習×オンライン英会話にて英語を習得。英語対応コールセンター、外資系企業勤務などを経て、英会話スクールを運営。現在はフリーランスのオンライン英会話トレーナーとして活動中。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数90万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数90万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム